テニス 準備

シングルス

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

少し、イメージしてみて下さい。

勝てばアナタは優勝、シングルスチャンピオンとなる試合。

ゲームカウントは4-4 ポイントは30-30。

どんな形でも良いから、絶対ポイントが欲しい場面ですよね。

それまで戦ってきて、ある程度相手の手の内は分かっていて、実力もほぼ互角。

このポイントをどう戦うか・・・、実際のそのときになるまで考えないでおくと、いざ本番となったときに落ち着いてプレーできないかも知れません。

少し頭が疲れる話かも知れませんが、一緒に考えてみませんか?

 

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

 


 

■大切なポイントは、「アドバンテージサイド」のときだけではない

テニスの試合では「アドバンテージ」のサイドで、重要なポイントが回ってくると言われます。

確かに競ったゲームポイントで回ってくることは多いですが、イーブンのポイントはデュースサイドのみ。

それでもこのイーブンのポイントを先行できるかどうかで、次のポイントでのプレッシャーも大きく変わってきます。

強いプレイヤーは、相手に簡単にリードは奪わせません。

だからこそ、このデュースサイドでの大事なポイントに対して、しっかりとした準備を行っているのです。

 

■試合の終盤では「今までの自分」から、違いを見せて相手を慌てさせたい

1セットマッチの試合では、4-4ともなれば終盤戦。

ここまでをどういう戦い方でポイントを獲ってきているか、が重要になってきます。

厳しい場面ですが、ここで万策尽きているようでは勝つことは難しいでしょう。

だからこそ、テニスで「違い」を見せて相手を惑わしプレッシャーをかけていく。

ネットに出る、セカンドサーブを積極的にリターンから攻めていく・・・など、アナタ自身で考えてみて下さい。

そして試合の序盤から、この競った終盤をイメージして戦うようにしましょう。

 

■それでも、「このポイントを獲られることも有り得る」と想定しておく

そしてどんなに良いプレーをしても、ポイントを獲られてしまうかも知れない、という覚悟はしておきましょう。

4-4 30-40、または40-30で先行されたとしても、慌てる必要はありません。

やるべきことをやって、それで相手のテニスが一枚上であれば、納得して次のポイントにいけるはず。

「切り替えをしっかり!」という言葉では簡単ですが、切り替えるには根拠が必要。

自分が納得しているかどうか、が重要です。

 

■普段の練習から、そしてテニススクールの2ポイント先取の練習でも・・・

普段の練習から、試合に対する意識を高めるにはちょっとしたコツがあります。

常に、「これは実際の試合では、こういうシチュエーションかな」と、頭の中で想定することです。

テニスの試合では、ポイントが発生しないシチュエーションは有り得ません。

だからこそ、2ポイント先取のような短い練習でも、4-4 30-30 をイメージすれば練習の質から変わってきます。

 

試合で強くなるには、今の練習環境をどう活かすか・・・アナタ次第です。

今回は、4-4 30-30 のポイントを例に挙げましたが、試合のターニングポイントは序盤にも隠れています。

それを見つけられるかどうか、それは普段の練習から「試合」を意識した緊張感のあるテニスができているかどうか、がとても重要です。

全ての試合は、準備で決まる。

シングルスの試合では、誰も助けてはくれません。

試合中にメンタルが弱いと自分で感じている人は、大事なポイントのイメージを準備しておくだけで変わるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

    シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。特にフォアハ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰…
  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  3. リターン

    リターンのストレートアタック、アウトはOK
  4. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  5. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら
PAGE TOP