テニス 準備

シングルス

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

少し、イメージしてみて下さい。

勝てばアナタは優勝、シングルスチャンピオンとなる試合。

ゲームカウントは4-4 ポイントは30-30。

どんな形でも良いから、絶対ポイントが欲しい場面ですよね。

それまで戦ってきて、ある程度相手の手の内は分かっていて、実力もほぼ互角。

このポイントをどう戦うか・・・、実際のそのときになるまで考えないでおくと、いざ本番となったときに落ち着いてプレーできないかも知れません。

少し頭が疲れる話かも知れませんが、一緒に考えてみませんか?

 

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

 


 

■大切なポイントは、「アドバンテージサイド」のときだけではない

テニスの試合では「アドバンテージ」のサイドで、重要なポイントが回ってくると言われます。

確かに競ったゲームポイントで回ってくることは多いですが、イーブンのポイントはデュースサイドのみ。

それでもこのイーブンのポイントを先行できるかどうかで、次のポイントでのプレッシャーも大きく変わってきます。

強いプレイヤーは、相手に簡単にリードは奪わせません。

だからこそ、このデュースサイドでの大事なポイントに対して、しっかりとした準備を行っているのです。

 

■試合の終盤では「今までの自分」から、違いを見せて相手を慌てさせたい

1セットマッチの試合では、4-4ともなれば終盤戦。

ここまでをどういう戦い方でポイントを獲ってきているか、が重要になってきます。

厳しい場面ですが、ここで万策尽きているようでは勝つことは難しいでしょう。

だからこそ、テニスで「違い」を見せて相手を惑わしプレッシャーをかけていく。

ネットに出る、セカンドサーブを積極的にリターンから攻めていく・・・など、アナタ自身で考えてみて下さい。

そして試合の序盤から、この競った終盤をイメージして戦うようにしましょう。

 

■それでも、「このポイントを獲られることも有り得る」と想定しておく

そしてどんなに良いプレーをしても、ポイントを獲られてしまうかも知れない、という覚悟はしておきましょう。

4-4 30-40、または40-30で先行されたとしても、慌てる必要はありません。

やるべきことをやって、それで相手のテニスが一枚上であれば、納得して次のポイントにいけるはず。

「切り替えをしっかり!」という言葉では簡単ですが、切り替えるには根拠が必要。

自分が納得しているかどうか、が重要です。

 

■普段の練習から、そしてテニススクールの2ポイント先取の練習でも・・・

普段の練習から、試合に対する意識を高めるにはちょっとしたコツがあります。

常に、「これは実際の試合では、こういうシチュエーションかな」と、頭の中で想定することです。

テニスの試合では、ポイントが発生しないシチュエーションは有り得ません。

だからこそ、2ポイント先取のような短い練習でも、4-4 30-30 をイメージすれば練習の質から変わってきます。

 

試合で強くなるには、今の練習環境をどう活かすか・・・アナタ次第です。

今回は、4-4 30-30 のポイントを例に挙げましたが、試合のターニングポイントは序盤にも隠れています。

それを見つけられるかどうか、それは普段の練習から「試合」を意識した緊張感のあるテニスができているかどうか、がとても重要です。

全ての試合は、準備で決まる。

シングルスの試合では、誰も助けてはくれません。

試合中にメンタルが弱いと自分で感じている人は、大事なポイントのイメージを準備しておくだけで変わるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、ドロップショットの使い方5つ

    シングルスの試合を進めていくうえで、ぜひ使って欲しいのがドロップショッ…

  5. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  6. シングルス

    試合に強いシコラーは、カウンターに要注意

    特にシングルスの試合で、みなさんも苦戦している相手。粘り強く…

特集記事

  1. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  2. メンタル

    何が好きなのか?より、何をしてきたのか?
  3. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  4. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
PAGE TOP