テニス 準備

シングルス

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

少し、イメージしてみて下さい。

勝てばアナタは優勝、シングルスチャンピオンとなる試合。

ゲームカウントは4-4 ポイントは30-30。

どんな形でも良いから、絶対ポイントが欲しい場面ですよね。

それまで戦ってきて、ある程度相手の手の内は分かっていて、実力もほぼ互角。

このポイントをどう戦うか・・・、実際のそのときになるまで考えないでおくと、いざ本番となったときに落ち着いてプレーできないかも知れません。

少し頭が疲れる話かも知れませんが、一緒に考えてみませんか?

 

シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

 


 

■大切なポイントは、「アドバンテージサイド」のときだけではない

テニスの試合では「アドバンテージ」のサイドで、重要なポイントが回ってくると言われます。

確かに競ったゲームポイントで回ってくることは多いですが、イーブンのポイントはデュースサイドのみ。

それでもこのイーブンのポイントを先行できるかどうかで、次のポイントでのプレッシャーも大きく変わってきます。

強いプレイヤーは、相手に簡単にリードは奪わせません。

だからこそ、このデュースサイドでの大事なポイントに対して、しっかりとした準備を行っているのです。

 

■試合の終盤では「今までの自分」から、違いを見せて相手を慌てさせたい

1セットマッチの試合では、4-4ともなれば終盤戦。

ここまでをどういう戦い方でポイントを獲ってきているか、が重要になってきます。

厳しい場面ですが、ここで万策尽きているようでは勝つことは難しいでしょう。

だからこそ、テニスで「違い」を見せて相手を惑わしプレッシャーをかけていく。

ネットに出る、セカンドサーブを積極的にリターンから攻めていく・・・など、アナタ自身で考えてみて下さい。

そして試合の序盤から、この競った終盤をイメージして戦うようにしましょう。

 

■それでも、「このポイントを獲られることも有り得る」と想定しておく

そしてどんなに良いプレーをしても、ポイントを獲られてしまうかも知れない、という覚悟はしておきましょう。

4-4 30-40、または40-30で先行されたとしても、慌てる必要はありません。

やるべきことをやって、それで相手のテニスが一枚上であれば、納得して次のポイントにいけるはず。

「切り替えをしっかり!」という言葉では簡単ですが、切り替えるには根拠が必要。

自分が納得しているかどうか、が重要です。

 

■普段の練習から、そしてテニススクールの2ポイント先取の練習でも・・・

普段の練習から、試合に対する意識を高めるにはちょっとしたコツがあります。

常に、「これは実際の試合では、こういうシチュエーションかな」と、頭の中で想定することです。

テニスの試合では、ポイントが発生しないシチュエーションは有り得ません。

だからこそ、2ポイント先取のような短い練習でも、4-4 30-30 をイメージすれば練習の質から変わってきます。

 

試合で強くなるには、今の練習環境をどう活かすか・・・アナタ次第です。

今回は、4-4 30-30 のポイントを例に挙げましたが、試合のターニングポイントは序盤にも隠れています。

それを見つけられるかどうか、それは普段の練習から「試合」を意識した緊張感のあるテニスができているかどうか、がとても重要です。

全ての試合は、準備で決まる。

シングルスの試合では、誰も助けてはくれません。

試合中にメンタルが弱いと自分で感じている人は、大事なポイントのイメージを準備しておくだけで変わるかも知れません。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識

    シングルスの試合でも、ネットプレーが必要なのは分かった・・・けど・・・…

  2. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  3. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスには、前衛がいないという事実

    シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。どこかで、ダブル…

  5. テニス 準備

    シングルス

    浅いボールで崩されていること、に気付けない人に上達は無い

    「いやー、チャンスを決められなかったな・・・」と、自分では思っているの…

  6. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

特集記事

  1. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!
  2. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか
  4. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
PAGE TOP