テニス ストローク

シングルス

シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど無い。

特に女子選手は、ストローク力が勝ってしまうという現実もあり、あまり積極的に実践する人は少ないように思います。

ですが・・・だからこそ、チャンスだと思いませんか?

私のお勧めは、あえてアプローチをゆっくり打って前に出る。

そしてフェイントを入れて相手を揺さぶってみる、という作戦。

失敗しても、相手は仕掛けられたという印象が残る。

騙されたと思って、ぜひやってみて下さい!

 

シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

 


 

■アプローチが深くゆっくりなら、相手の攻撃に無理が出る

パッシングショットは、深い位置からならそんなに怖くない。

しっかり踏み込まれるとしんどいですが、そうさせなければボレー側が優位だと私は思っています。

それが例え、シングルスの試合であっても、です。

ゆっくり深いアプローチ、に加えてアナタ自身が少し左右にステップを踏む、フェイントを入れることをお勧めします。

 

■相手に無理をさせる、というネットプレーの基本に立ち返る

何度もこのサイトでお伝えしてきましたが、華麗に決めるボレー、だけがネットプレーではありません。

相手に強引なショットを打たせ、しっかりミスを誘う。

そのためには、相手の視界に自分が入り、「安全なコースをふさいで、難しいコースに打たせる」ことが大前提。

フェイントを入れるときには、あえて難しいコースに寄っておいて安全なコースを空けておく。

そこに打たせて、自分がしっかりコースをふさぐ、というようなイメージで、シナリオを描いてみましょう!

 

■相手にミスさせた1ポイントは、ただの1ポイントにあらず

相手にミスをさせる、しかもアナタがネットに出て積極的なプレーをして誘う。

この1ポイントは、ただの1ポイント以上の価値があります。

相手はショックを引きずり、サービスゲームにも影響が出るでしょう。

アナタが前に出ることが脅威、に感じてくれるかも知れません。

こういった印象付けはぜひ、試合の序盤に行うようにしましょう!

 

ネットプレーも、考え方次第です。

ボレーだけがネットプレー?

違います。

その前のアプローチとポジショニング、フェイント、全てを含めてのネットプレーです。

ボレーだけの技術があっても、試合で使えない。

試合で使えるボレーは、前後のショットや動きとセットで考えましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで試合を優位に進められ…

    最近、プロ選手のシングルスの試合を観ていると、特に女子選手でもこういっ…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?

    シングルスとダブルスとどっちが難しい?人それぞれだと思うんだけ…

  5. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通すること5つ

    シングルスの試合で、「この人テニスの技術は上手いのに、何で勝てないんだ…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝ち続けるダブルスペアが、試合中に考えている5つのこと
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない
  4. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値
  5. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
PAGE TOP