ボレー

ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

みなさんは試合の中で、ドライブボレーを使う機会はありますか?

私は結構、あります。

ネットから通り距離のところからは、スライスボレーより攻撃的にプレー出来ますからね。

でも、この打った後が本当の勝負。

ドライブボレーで決まること、目指すと危険です。

 

ドライブボレーを打ったら、すぐにグリップチェンジを!

 


 

1.あくまで相手を崩すショット

として、私はドライブボレーを使います。

エースになる必要はなくて、相手を大きく下げる、追い出すことが目的。

ですから、次の備えが大事になるんですよね。

ドライブボレーのグリップはみなさんもストロークと同じか、それよりも厚いグリップでしょう。

打った後、そのままのグリップで待っているとどうなりますか?

ネットにいる、ボレーやスマッシュが主体なのにグリップが厚いと、おかしなことになりますよ。

 

2.2回も3回も、続けて打つショットではない

ドライブボレーは、そんなに連続で打つショットではありません。

打った後に前に詰める、しっかりとポジションを変えていくショットなはず。

だからこそ、必要なのはグリップチェンジ、なんです。

つまりは、ポジションチェンジですね。

次に来るボールは、詰めてボレーやスマッシュ、なはず。

そうしていかないと、ずっとネットから遠い位置でラケットを振り続けることになりますよ。

 

3.グリップチェンジと前への移動は、セットで!

これが出来る人が、テニスも上手くなる、強くなる。

打って終わりじゃなくて、グリップを変えて前に出る、詰める。

ドライブボレーにパワーを使い過ぎている人が、かなり多いように感じます。

ダイナミックなショットではありますが、あくまでサクッと打って次、グリップチェンジして待つことが大事。

そうすれば、ドロップボレーのように柔らかいショットも使えます。

厚いグリップのまま待っていると・・・何も出来ないですよ。

 



 

4.優しく、緩く握るのが基本

グリップは、優しく緩く、握り込まない。

これでいきましょう。

ドライブボレーって、つい力が入るショットじゃないですか。

相当意識しておかないと、打った後に握り続けてしまう癖が付いてしまいます。

そうなると、薄いグリップにチェンジ出来ない。

打ったら脱力、ニュートラルに戻して握力を解いておく。

そうすれば、自然と打った後の構え直し、ポジションチェンジも上手くいくでしょう。

 

5.お勧めの練習法

アプローチショットを、ドライブボレーで打って前に出る。

いつものメニューに、一工夫を入れましょう。

普通は、ワンバウンドのボールをアプローチしていく形、だと思います。

これでは、普通過ぎて相手へのプレッシャーにならないんですよね。

ドライブボレーを打って、素早く前に出る、その際のグリップチェンジを意識する。

これだけで、かなり実戦的な練習になりますよ。

 

結構意識しないと、変わらないです。

ドライブボレーを使えない人って、柔軟性が無い人が多い。

グリップが厚い、薄いを繰り返すのがテニス、ですから。

みなさんも、いつでもこれをチェンジ出来るようにしっかり意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合の中で、「ネットプレーを磨きたいけど、ポジションがよく分からない…」人は、はっきりメリハ…

    テニスの試合、特に学生の大会ではストローク技術が主体となる傾向が強い。…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  3. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  4. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、難し…

  6. ボレー

    シングルスの試合でのネットプレーは、逆を突かれて全然OK

    シングルスの試合で、ネットに出る。これはもう、大変ですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事
  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと…
  3. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕…
  4. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
  5. テニス 部活

    その他

    「トップダウン型ではなく、ボトムアップ型へ」テニス部の部活動は、今まさに変革期で…
PAGE TOP