テニス メンタル

リターン

「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

テニスの試合で厄介なモノ・・・たくさんありますが、右利きの方で左利きのサーブを苦手にしている方、多いんじゃないでしょうか。

スライスでバックハンド側に逃げていくサーブは、誰しも試合で苦戦した記憶があると思います。

そこで今回は、少し思い切った作戦でこのサーブを崩しにかかってみたいと思います。

今回は右利きのリターンを想定してますが、左利きの方も右利きのサーバーに対しては同じことが言えます。

ぜひ、リターンゲームの参考にしてみて下さい!

 

「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ

 


 

1.立ち位置はワイドを警戒して「左寄り」に、ただし相手のトスアップ後に動く

ワイドのコースのスライスサーブを警戒すれば、当然立ち位置はコート端になります。

しかし最初から寄り過ぎるとセンターを狙われますし、レベルの高い試合ではこのセンターのサーブも非常にやっかいです。

とは言え、まずはワイドのコースを潰しておきたいところ。

そこで相手のサーバーがトスアップしたのを見計らって、スススとワイド寄りにリターンのポジションを移動させるようにしましょう。

 

2.「隣のコート、壁」との距離確認して、どこまで走れるかを覚えておく

左利きのサーバーを相手にするときには、試合開始前から戦いは始まっています。

自分の左側にどの程度のスペースがあるのか。

スクールのコートで試合を行う際には、あまりスペースがありませんよね。

ワイドの側にスペースが無ければ、もはや前に踏み込むしか道はありません。

スライスが切れていく前に、ボールを捕えるしかないのです・・・。

最初のフットワーク、前に自然に入れる構えが大事ですね。

ですが、スペースがあったとしても、どの道切れるスライスサーブは前で捉えなければポイント奪取は難しいでしょう。

この機会、この試練に、踏み込んだリターンを取得しましょう!

 

3.思い切って、「右側にアウトするくらいのつもり」でリターンを打ってみよう

サーブリターンがどうしても左側に飛んでいく人は、かなり差し込まれて打点が後ろになっている可能性があります。

ここは思い切った作戦で、右側にアウトするくらいのつもりでクロス方向にリターンしてみましょう。

そうすると打点も自然に前になりますし、差し込まれたときにも相手コートには収まりやすくなります。

一番もったいないのは、ストレートから左側に切れてサイドアウトしてしまうパターン。

まずは相手コートの中に返球して、試合のラリーはそこからです!

 

4.サービスブレイクで大切なのは、「サーバーの自信」を削ぐこと

左利きでサーブを得意としている選手には、独特のオーラがあり自信に満ち溢れています。

まず、試合ではこの自信を削いであげましょう。

1.でも述べたような、はっきりしたワイドのケアから、相手にゆさぶりをかけてみる。

センターにエースを取られても、気にしない!

リターンダッシュも、お勧めです。

ワイドに張っていることをアピールして、「ブレイク狙ってるぞ!」という姿勢をアピールすることが大切です。

 

テニスは先入観に大きく左右されるスポーツです。

「左利き」→「サーブが協力なんじゃないか」→「大事なポイントはスライスで攻められるんじゃ・・・」。

こんな思い込みは、今日からおさらばしましょう!

どんな左利きのビッグサーブでも、必ず崩し方があります。

ダブルスで組んだときに、「左利きなら、アドサイドやらせて!」と言えるくらいの自信がアナタに生まれていたら、どうか。

きっとトーナメントも勝ち抜けるだけの、実力が付いていることでしょう。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. リターン

    リターンで踏み込んで満足、してない?

    前に踏み込んで、ナイスリターン!これ、だけで満足してはいませ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

  3. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  5. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意…
  2. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
  4. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
  5. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
PAGE TOP