テニス ダブルス

ロブ

滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。

男性のサービスゲームで、ミックスダブルスで女性がリターン、のケースなどありますよね。

男子ダブルスでも、きっと近しいことはあるでしょう。

そこで、普通のリターンで対抗しようとしても難しい、自滅するだけ。

だったら、思い切ったこんな策はどうでしょう?

 

滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

 

1.アウトドアでの試合、ロブは高くてもOK!

外での試合なら、いくらロブを高く上げても良い。

風が弱いような会場であれば、私は結構「高めのロブ」を上げます。

スライスで、滞空時間が長いロブを、リターンで。

こういうショットって、相手からすると「何だよ!」という感じになる。

滞空時間が長いロブは、試合の雰囲気を一変させますからね。

騙されたと思って、相手のサーブが強力な時には打ってみて下さい。

コツは、「サーブを打った相手を動かす」です。

 

2.サーブを打った相手、にリターンを触らせる

実は、ビッグサーバーほど、これが苦手。

サーブを打った後は、リターンが返って来ないか、前衛が楽に決めてくれるのが大好き。

それが自分のリズム、になっていく選手が多いですからね。

だからこそ、ビッグサーバーの相手はサーブを打った後に隙がある。

深い、高いロブ、クロスでもストレートでも、対処するのが実は苦手なはず。

「面倒だな・・・」と思いながら、強打してミスしてくれる可能性大、です。

 

3.サーブに抗う手段、はたくさん持っておこう!

ビッグサーバーでなくとも、リターンの調子が悪い時はあるじゃないですか。

そういう時に、持っている武器は多い方が良い。

滞空時間が長い、高いロブもその一つの手段ですから。

きっと、試合で打つだけで流れが変わるはずです。

相手も「良いサーブを打っても、あれがあるのか・・・」と思ってくれる。

こういう心理戦、どんどん仕掛けていくのは楽しいですよ。

 

4.心を折れば、サーブが速い相手は楽に勝てる

とにかく、調子付かせないことです。

良いサーブも、高いロブで返球する、なるべく色々な手段で抗うこと。

こういう小さい抵抗が、力みの原因になってくれますから。

本当に強い相手、には効かない可能性も有りますが・・・きっと、私たちが出るような試合であれば効果的でしょう。

とにかく、高いロブを使ってみること。

シングルスでもダブルスでも、きっと試合を動かす鍵になるはずです。

 

よく言う、「返せば何か起きる」の典型例です。

外での試合なら、太陽のまぶしさも味方してくれますしね。

ぜひ、アナタ自身の武器として、軌道高めのロブリターン、磨いておいて下さい。

ビッグサーブ攻略の、足掛かりになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  3. テニス ルール
  4. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

    良いテニス、悪いテニス。勝てるテニス、勝てないテニス。…

  5. テニス 並行陣

    戦術

    試合後半で相手が攻め急いでるときは、体力切れを起こしている可能性大

    試合の後半、疲れてきても・・・・ぜひ、冷静に相手を見て欲しい。…

  6. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ

    今日も暑い・・・ですね・・・。梅雨入りしたときの暑さは、もしか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」…
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    低い打点のストロークのミスが多い人は、「伸び上がって頭がグラグラ」になっている人…
  3. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問…
  4. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから
  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ
PAGE TOP