テニス ダブルス

ロブ

滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。

男性のサービスゲームで、ミックスダブルスで女性がリターン、のケースなどありますよね。

男子ダブルスでも、きっと近しいことはあるでしょう。

そこで、普通のリターンで対抗しようとしても難しい、自滅するだけ。

だったら、思い切ったこんな策はどうでしょう?

 

滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

 

1.アウトドアでの試合、ロブは高くてもOK!

外での試合なら、いくらロブを高く上げても良い。

風が弱いような会場であれば、私は結構「高めのロブ」を上げます。

スライスで、滞空時間が長いロブを、リターンで。

こういうショットって、相手からすると「何だよ!」という感じになる。

滞空時間が長いロブは、試合の雰囲気を一変させますからね。

騙されたと思って、相手のサーブが強力な時には打ってみて下さい。

コツは、「サーブを打った相手を動かす」です。

 

2.サーブを打った相手、にリターンを触らせる

実は、ビッグサーバーほど、これが苦手。

サーブを打った後は、リターンが返って来ないか、前衛が楽に決めてくれるのが大好き。

それが自分のリズム、になっていく選手が多いですからね。

だからこそ、ビッグサーバーの相手はサーブを打った後に隙がある。

深い、高いロブ、クロスでもストレートでも、対処するのが実は苦手なはず。

「面倒だな・・・」と思いながら、強打してミスしてくれる可能性大、です。

 

3.サーブに抗う手段、はたくさん持っておこう!

ビッグサーバーでなくとも、リターンの調子が悪い時はあるじゃないですか。

そういう時に、持っている武器は多い方が良い。

滞空時間が長い、高いロブもその一つの手段ですから。

きっと、試合で打つだけで流れが変わるはずです。

相手も「良いサーブを打っても、あれがあるのか・・・」と思ってくれる。

こういう心理戦、どんどん仕掛けていくのは楽しいですよ。

 

4.心を折れば、サーブが速い相手は楽に勝てる

とにかく、調子付かせないことです。

良いサーブも、高いロブで返球する、なるべく色々な手段で抗うこと。

こういう小さい抵抗が、力みの原因になってくれますから。

本当に強い相手、には効かない可能性も有りますが・・・きっと、私たちが出るような試合であれば効果的でしょう。

とにかく、高いロブを使ってみること。

シングルスでもダブルスでも、きっと試合を動かす鍵になるはずです。

 

よく言う、「返せば何か起きる」の典型例です。

外での試合なら、太陽のまぶしさも味方してくれますしね。

ぜひ、アナタ自身の武器として、軌道高めのロブリターン、磨いておいて下さい。

ビッグサーブ攻略の、足掛かりになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

    テニスの試合って、みなさん打ち合うスピード、をどの程度意識していますか…

  4. テニス メンタル

    戦術

    タイブレークに入ったときは、「それまでの12ゲーム」を思い出して整理しよう

    1セットマッチでタイブレーク。このタイブレークを取った方が勝ち…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

    テニスには、色々なショットがあります。元々、ルール上ワンバウン…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 練習

    サーブ

    ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット
  2. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  3. テニス テニスノート

    戦術

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること
  4. テニス 戦術

    シングルス

    コントロールに優れた競合選手相手に勝つには、「相手に攻撃させないテニス」を意識し…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
PAGE TOP