テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。

しかし実際、試合の中でロブを使ってプレー出来ている人は少ない。

スマッシュを打たれそう、どこか逃げているような感じが嫌、など理由はあるでしょうが、ダブルスでビッグサーブを持っている相手との対戦では必ず必要になります。

そう、勝ちたいのであれば・・・です。

 

ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

 


 

■ロブを意識させることで、相手は必ず折れてくれる

速くて深いサーブ、はリターンが本当に難しい。

相手もリスクを冒してきている訳ですから、アナタ自身がリスクで応戦するのは無意味です。

無意味・・・というか、もったいないですよね。

そこで無理してリターンが返球出来なくて、相手のポイントになるなんて。

相手が無理しているのであれば、ロブを活用してどんどん無理してもらって自滅を促しましょう。

 

■前衛に触らせるロブであれば、気持ち的に楽に打てる

ロブを打つのに億劫になるのは、「スマッシュを打たれるとまずい!」と思うから。

でも実際、どうでしょう?

前衛にの上に上げて、キレイにスマッシュを打たれるポイント、どの程度ありますか?

きっと思った以上に少ないはずです。

触らせてOK、バックハンド側に上げることが出来れば大成功、くらいで試合では有効。

まずいのは深く、深く・・・と考えてアウトしてしまうことなのです。

 

■試合の序盤にロブをバンバン使うことを、超絶オススメします

私はいつも、試合の序盤でロブを使う。

とにかく使いまくる。

これで相手を意識させると、サーブ&ボレーの出足が鈍くなっていくんですよね。

「またロブかも・・・前衛のフォローに走らなきゃ・・・」と考えさせることが出来れば、序盤の作戦としては大成功!

これくらいの意識だと、ダブルスでもロブを有効に使ってみよう・・・という気持ちになりませんか?

 

抜こう抜こう、と考えるからロブを使いにくくなる。

ダブルスは2人でコートを守れますし、もっとゆったり積極的に使いましょう。

リターンでブロック、出来れば速くて深いサーブも怖く無い。

むしろ、ロブを上げるのには打ちやすいくらいになってくるかも知れません。

そうなると、きっとダブルスのリターンは楽しいですよ。

リターンが返らないと精神的にも落ちていってしまいますので、このロブリターンは必須で使えるようにしておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ダブルス

    「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

    ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。と言っても、大したことで…

  2. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  4. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  5. ダブルス

    ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

    ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。味方の前衛が…

  6. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれ…
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に
  3. ダブルス

    「どうやって打つか・・・よりも、どこで打つか」ダブルスの試合では、ポジショニング…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨め…
  5. 練習メニュー

    「実力不足だけど、試合に出たい!」チームに必要な練習5つ
PAGE TOP