テニス ダブルス

ロブ

スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。

いきなりリターンから、というのも試合では有効な作戦。

でも、つい力が入ってアウトしたり、打点がブレてガシャってしまうこともあるでしょう。

正確に、良いロブを打ちたい。

そう考えると、みなさん、打ち方はこれでいきましょう!

 

スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

 

1.顔とラケットの距離を近づけてみよう

サーブだと少し怖いですが、踏み込んでいく良いきっかけになる。

スライスロブ、を打つときに、ぜひ顔とラケットを近づけて欲しい。

打点と顔が30cmくらい、それ以上は離れない。

これくらい近いと、まず当たり損ないは減る。

正確にロブを打てるようになります。

キーワードは、「コツン」と当てること。

決して、腕で大振りしないのがポイントです。

 

2.腕を大きく振っても、良いロブは打てない

本当に、腕の振り幅は小さい、無いに等しい。

腕を大きく振っても、良いスライスロブは打てません。

しっかり打点をコンパクトに、身体全体を近づけていく。

私なんて、本当に前に踏み込んでスライスロブリターン、を打つので、実は前衛はもう目の前くらいにいる感覚なんですよね。

だからこ、コツンと当てる感じで充分。

イメージは、相手の頭の上にボールをセットしてあげる感じ。

これで充分、良いロブを打てるはずです。

 

3.相手前衛の上に、小さい的を作っておこう

相手の前衛の、2メートル上に的を作る。

そこに、コツンと当ててボールをセットする。

それだけで、スライスロブは充分です。

丁寧にボールをセットする、と思ったら、ほぼボレーみたいな感覚じゃないですか?

だからこそ、やることってすごくシンプルなんですよね。

相手の頭上の的、にセットするだけ。

これで良いロブは完成です。

 

4.大事なのは、ロブの次の動き

ロブはあくまで、相手を崩すボール。

だからこそ、大事なのは次です。

ロブを打つこと、はサクッと終えて相手の頭上を抜く、そして前に出る、プレッシャーをかける。

ロブを打つことに精一杯、になっていると試合では使えない。

ある程度の精度で打てば、触られても怖くないですからね。

相手が崩れている、その状態を連続攻撃で崩していく。

このイメージを持って、コツンと打っていきましょう。

 

スライスロブ、みなさんラケットを動かし過ぎ。

しっかり顔の近くで、コンパクトに。

コツンと当てても、良い確度でボールが飛びさえすれば良いロブになる。

コツンと当てる確度、一緒に探していきませんか?

この確度さえ身に付ければ、ダブルスのレベルはグッと上がるでしょう。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

    私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。どこかに…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  5. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

    相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

    ロブについて、みなさんどんなイメージですか?きっと、コートの後…

特集記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る
  2. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わ…
  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
  5. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
PAGE TOP