テニス ガスケ

リターン

ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

リターンでボールをよく見ること。

大事ですね。

でも、これだってある意味、みなさん意識していることですよね。

「ボールよく見て!」というアドバイスは、どこのコートでも聞こえてきます。

毎度で申し訳ないのですが、私はここでも「具体性」が欲しいと思っています。

ボールをよく見る、で、どれくらい?という感じで。

 

ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

 

1.ボールに書いてある文字、見えますか?

調子が良いときには、それこそ止まってゆっくり、に見えるはずです。

ボールに書いてある文字、メーカー名や種類がテニスボールには印字されてますからね。

ここを見る、くらいのつもりでしっかり見る。

テニスの試合では、リターンでこのボールをしっかり見ることが出来れば、自然と身体も動くしラケットの真ん中でボールを捕らえることが出来る。

何となく「しっかり見る」では、甘い。

言葉に甘えて、そんなに集中していないと思いますよ。

「よし、ボールの文字まで見るぞ!」と思った方が、ハッキリして良い。

調子が悪いときに、私はこの言葉を大事にしています。

 

2.気合を入れて見える、ものでもない

みなさんも、ぜひ練習でやってみてください。

ストロークでもボレーでも良い。

どの程度、ボールの文字が見えるでしょうか。

これって、やれば分かるんですが、力めば力むほど見えない。

ジーっと凝視しても、余計に見え辛いんです。

むしろ、コツは身体を動かしながらリラックスして待つということ。

肩の力を抜いて、軽くステップしながら目線はしっかり、高さをキープする。

リターンに必要な準備、が自然に出来るようになるんです。

まずはやってみる、ことからですね!

 

3.文字が見えた段階で、リターンのスイッチが入る

私の感覚では、文字が見えたらこう思います。

「よし!捕らえた!」と。

頭は冷静、ですよ。

決して強打する訳ではなく、ボールの文字が見えた段階で逆にリラックス出来る。

この練習、ぜひチームで取り組んで欲しいんですよね。

文字を見る、くらいしっかりボールを見てリターンをする。

そのリターン、ナイスリターンから、試合を動かしていく。

これも、試合巧者の戦い方だと思いますよ。

 

4.試合の流れは、ナイスリターンから変わっていく

リターンでしっかりボールを見て、相手を攻撃していく。

ナイスなリターンから、試合は大きく動き出します。

相手としても、自分の自信のあるサーブを攻略されると、一気に意気消沈となりますからね。

試合の流れは、リターンから変わることが多いです。

だからこそ、ボールをよく見ることを具体化しておく。

具体化しておいて、試合中に自分で思い出す。

そして、「よし!捕らえた!」というときに、より冷静になる。

これでいきましょう!

 

きっと、調子が良い試合ではみなさんも経験しているはず、です。

リターンでボールが止まって見えるくらい、自分の身体がスムーズに動く。

これに毎回近付ける、のは実はちょっとした「言葉」だと思います。

ボールの文字を見れる、くらいにボールをよく見てみる。

これだけで、リターンはきっと改善されるはずです!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  2. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  3. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

  4. テニス 準備
  5. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  6. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう
  2. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
  4. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
  5. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
PAGE TOP