テニス メンタル

練習メニュー

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

普段の練習で、何げなくやっている「ラリー練習」。

でもどこか緊張感無く、ダラダラ続ける感じになってはしまいませんか?

実力に関わらず、ちょっとした工夫でより試合に活かせるような雰囲気の練習に、変えていけるかも知れません。

 

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

 


 

1.なぜ、ラリー練習は「ダラダラとした雰囲気」になってしまうのか

何気ない感じでも、どこかテニスの練習は「ラリーを続ける」という暗黙の了解の元に、開始されてしまいます。

しかし実際の試合では、「粘りながらも相手の隙を狙って攻めていく」という姿勢が求められます。

それでも練習なので、「続けましょう」という雰囲気があり、しかも2人のどちらかから球出しして開始する練習。

「すぐに失敗して途切れたら、もったいない・・・」という気持ちが、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

2.「球出し係」を作れば、お互いにラリーの中で競い合える

それを解決するにはどうすれば良いか、一つのアイデアがあります。

ラリー練習では第三者が球出しをすること、です。

つまり、ローテーションで途切れたら「球出しをする人」を作ること。

そうすれば、早くラリーが途切れても責任は第三者が出したボールですので、2人も少し気持ちが楽になります。

その分、しっかり2人で駆け引きをして、ラリーの中で競うことが大切。

より試合に近い雰囲気で、練習できるようになります。

 

3.「球出し」が上手くなれば、必ずテニスの技術も向上する

球出し係なんて、つまらないし・・・と考えている方、それは間違いです。

テニスコーチを経験した人なら分かりますが、球出しは最高の練習の一つです。

薄いグリップも身に付きますし、何より狙ったところにしっかりボールを運ぶ、というのは実際の試合でも使える技術です。

この感覚を身に付ける為にも、率先して部活などの練習では球出し係を買って出るようにしましょう。

 

4.「球拾い係」も並行して走ることで、落ちているボールが少ない環境を

こういったラリー練習に、もう一つ欠かせないのは「ボール拾い係」です。

緊張感を保つには、なるべくコートにボールが転がっていない状況を作る必要があります。

だからこそ、ローテーションで順番に球拾いを行うことが大切。

これも慣れてくると、「この人はこんな場面でよくミスをするな・・・」という傾向も見えてきます。

一緒に練習しているメンバーの特徴を知ることは、テニスを上達する上での大前提です。

身近な人に、まずはしっかり勝てるように情報を仕入れる機会としても、この球拾いの場を活用しましょう。

 

「どんな練習メニューを組めば、部活が強くなるのか・・・」悩んでいる人も、多いと思います。

複雑な練習もときには必要ですが、今既に実施している練習も一工夫することで、より試合に活かせるようなメニューになります。

特にラリー練習は、慣れてくることが一番怖いメニューです。

ちょっとした工夫で、試合の雰囲気に近づけていきましょう。

向上心、そして良い意味での危機感を育むような土壌は、アナタ次第でいくらでも創ることができるのです。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら・・・?

    ストロークのコントロールを高めたい、と考えている人は多い。よく…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しい練習とは、「通常の試合より相手が優位な状態」からスタートする練習

    練習は、厳しく。でも、実際にどういう目的、感覚で練習すれば試合…

  3. 練習メニュー

    3列でボレー対ストローク、の練習を実戦向きに変えていくアイデアについて

    テニススクールやサークル、部活でも実施した経験、ある方も多い3列ラリー…

  4. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

  5. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?

    テニスはミスが多いと負けてしまう。だからミスしないように気を付…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!
  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  3. その他

    テニスとクラウドファウンディングについて
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
  5. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが…
PAGE TOP