その他

プライベートレッスンと金額と

皆さんは、プライベートレッスンって受けたとこはありますか?

テニススクールやクラブ内でやっているモノもあれば、一般のフリーのコーチ、またはプロ選手が実施しているモノまで様々ですよね。

その金額も本当にピンキリ。

スクールやクラブで実施しているプライベートレッスンは少し割安なように思いますが、相場感も地域によってそれぞれ。

「いや、どう考えても高い」と感じる方もいると思います。

今回は、プライベートレッスンと金額と、テニスのかける「投資」という観点で考えてみたいと思います。

テニススクール1回のお値段は?

大体、3,000円くらいでしょうか。

月に12,000円で4回、地方や時間帯によってはもう少し安いと思います。

3,000円を払って90分、8名くらいでグループレッスンを受ける、と考えてみるのが一般的なテニススクール。

もちろん、都内であれば最大14名、16名くらいのクラスもザラですよね。

コーチ2人体制のコートもあれば、私が昔いた高田馬場のテニススクールではコーチ3人制のクラスもありました。

生徒数は1面で20人でしたが…。

これに対して、プライベートレッスンは1時間10,000円くらいが一般的でしょう。

マンツーマンで受ければそのまま1人が負担、グループで受ければ割り勘、それにコート代も別途かかりますよね。

場合によってはコーチの交通費も負担するケースもあります。

さて、これだけの差がある中で皆さんはどう考えますか?

今回のポイントは、「どう考えるか?」です。

投資すれば必死になる

私の経験上、の話です。

テニススクールで上達していく人は、もちろんいます。

でも、本当にスピード感を持って上手くなる、そして強くなるような人は…どういう人か。

しっかりテニスに投資できる人、だと思います。

上記で言えば、プライベートレッスンを受けることを考えて自分で調べる、コンタクトを取る、やってみる。

もちろん、経済的には大変ですよね。

でも、だからこそ必死になれるんですよ。

コーチとの練習時間は非常に短いですが、その時間をフルに自分のために使える。

投資した分を無駄にしないために、予習もするし復習もする。

そもそも、どういうテーマで何を教わりたいのか、鍛えたいのかを自分自身で決めて臨まないといけない。

プライベートレッスンが成功するかどうかって、コーチの力量や相性もありますが、それ以前に受ける皆さん自身に寄るところが大きい。

残念ながら、これが現実だと思います。

安い投資は形骸化する

テニススクールも、もちろん投資の一部だと思います。

でも、どこかで形骸化してはいませんか?

マンネリ化して、成長を感じられないと感じている自分は、いませんか?

コーチからのアドバイスは2〜3分くらい、練習テーマも毎回何だったか思い出せない…かも知れません。

3,000円を払っているから元を取ろう、と思っている生徒さんはどれくらいいるでしょうか?

もちろん、「楽しく汗をかければそれで良い」という方は全く問題ありません。

ただ、テニスを通じて自分を成長させたい、試合にも勝てるようになっていきたいと考えているのであれば、もしかしたらテニススクールは中途半端な投資になってしまうかも知れない。

プライベートレッスン=高い、と敬遠するのではなく、どこかでチャレンジしていく意志も必要です。

プライベートレッスンが難しければ、新しい練習環境だったりテニスの道具でも良い、何かにハッキリした投資をしてみるのも、大きなきっかけになると思います。

月額支払いしているサービスも、安いモノほど実は忘れがち。

高い金額を払えばこそ、人は必死になれる…というのも悲しい話ですが。

何が正しい、こうしましょう、という話ではなく、何かを皆さんご自身で考えるきっかけになってもらえると嬉しいです。

私自身も、もっともっと成長するために投資をしていかないといけないです。

自分のテニスしかり、T-PRESSしかり。

10月も終わりますが、お互い頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 観察眼

    その他

    テニスに必要な「コミュ力」って、何?

    テニスが上達するには、コミュニケーション能力。訳してコミュ力…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!

    以前にお会いした方に、こんなことを言われました。「テニスの団体…

  3. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

  4. その他

    試合こそが、仲間を創る

    私が、そしてT-PRESSがなぜそこまで「試合」にこだわるのか。…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み重ねていこう

    「こういう相手には、勝てるようになってきたな・・・」と、冷静に…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識…
  2. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
  3. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?
  4. 戦術

    「打ち合いに楽しくなる」人は、試合で勝てない
  5. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
PAGE TOP