その他

プライベートレッスンと金額と

皆さんは、プライベートレッスンって受けたとこはありますか?

テニススクールやクラブ内でやっているモノもあれば、一般のフリーのコーチ、またはプロ選手が実施しているモノまで様々ですよね。

その金額も本当にピンキリ。

スクールやクラブで実施しているプライベートレッスンは少し割安なように思いますが、相場感も地域によってそれぞれ。

「いや、どう考えても高い」と感じる方もいると思います。

今回は、プライベートレッスンと金額と、テニスのかける「投資」という観点で考えてみたいと思います。

テニススクール1回のお値段は?

大体、3,000円くらいでしょうか。

月に12,000円で4回、地方や時間帯によってはもう少し安いと思います。

3,000円を払って90分、8名くらいでグループレッスンを受ける、と考えてみるのが一般的なテニススクール。

もちろん、都内であれば最大14名、16名くらいのクラスもザラですよね。

コーチ2人体制のコートもあれば、私が昔いた高田馬場のテニススクールではコーチ3人制のクラスもありました。

生徒数は1面で20人でしたが…。

これに対して、プライベートレッスンは1時間10,000円くらいが一般的でしょう。

マンツーマンで受ければそのまま1人が負担、グループで受ければ割り勘、それにコート代も別途かかりますよね。

場合によってはコーチの交通費も負担するケースもあります。

さて、これだけの差がある中で皆さんはどう考えますか?

今回のポイントは、「どう考えるか?」です。

投資すれば必死になる

私の経験上、の話です。

テニススクールで上達していく人は、もちろんいます。

でも、本当にスピード感を持って上手くなる、そして強くなるような人は…どういう人か。

しっかりテニスに投資できる人、だと思います。

上記で言えば、プライベートレッスンを受けることを考えて自分で調べる、コンタクトを取る、やってみる。

もちろん、経済的には大変ですよね。

でも、だからこそ必死になれるんですよ。

コーチとの練習時間は非常に短いですが、その時間をフルに自分のために使える。

投資した分を無駄にしないために、予習もするし復習もする。

そもそも、どういうテーマで何を教わりたいのか、鍛えたいのかを自分自身で決めて臨まないといけない。

プライベートレッスンが成功するかどうかって、コーチの力量や相性もありますが、それ以前に受ける皆さん自身に寄るところが大きい。

残念ながら、これが現実だと思います。

安い投資は形骸化する

テニススクールも、もちろん投資の一部だと思います。

でも、どこかで形骸化してはいませんか?

マンネリ化して、成長を感じられないと感じている自分は、いませんか?

コーチからのアドバイスは2〜3分くらい、練習テーマも毎回何だったか思い出せない…かも知れません。

3,000円を払っているから元を取ろう、と思っている生徒さんはどれくらいいるでしょうか?

もちろん、「楽しく汗をかければそれで良い」という方は全く問題ありません。

ただ、テニスを通じて自分を成長させたい、試合にも勝てるようになっていきたいと考えているのであれば、もしかしたらテニススクールは中途半端な投資になってしまうかも知れない。

プライベートレッスン=高い、と敬遠するのではなく、どこかでチャレンジしていく意志も必要です。

プライベートレッスンが難しければ、新しい練習環境だったりテニスの道具でも良い、何かにハッキリした投資をしてみるのも、大きなきっかけになると思います。

月額支払いしているサービスも、安いモノほど実は忘れがち。

高い金額を払えばこそ、人は必死になれる…というのも悲しい話ですが。

何が正しい、こうしましょう、という話ではなく、何かを皆さんご自身で考えるきっかけになってもらえると嬉しいです。

私自身も、もっともっと成長するために投資をしていかないといけないです。

自分のテニスしかり、T-PRESSしかり。

10月も終わりますが、お互い頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ミス
  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?

    昨年より本格的に開始させて頂きました、T-PRESSのYoutube…

  3. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?

    みなさんは試合で着るウェア、どうやって選んでいますか?団体戦や…

  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知っておきましょう

    「こんな時期から、熱中症の話?」と思った方、もしかすると試合で痛い目を…

  5. テニス 練習

    その他

    出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみることが大事

    これも繰り返し書いてきたことで、正直言い方を変えているだけ、です。…

  6. テニス 錦織圭

    その他

    「とりあえず上手い人を真似てみて、型から入る」ことが出来る人は、テニスの上達が早い

    テニスの上達が早い人には、共通点がある。体格や経験、運動神経じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  2. テニス ラケット

    その他

    ラケットを使ったボールキャッチが苦手な人は、試合前から相手に自信を与えてしまう
  3. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習にな…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない
PAGE TOP