テニス ダブルス

スマッシュ

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

スマッシュのコースをギリギリまで隠す。

テニスの試合でこれをやられると、本当に強い相手だな・・・と感じてしまいます。

リスト(手首)の動きでコースを変えるのは、「男性だけ」「リストが強い人だけ」の特権でしょうか?

ちょっとしたコツを掴めば、誰でもトライできる技術ですのでやってみましょう。

 

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

 


 

■スマッシュのリストワークを確認

スマッシュはサーブと同様に、基本的には手のひらが外を向く動きでフィニッシュします。

それは打つコースに関わらず、右利きの人であれば手のひらが右側を向いて終わるのが自然です。

ここで「厚い」グリップで握っていると、かなり苦しくなってしまいます。

横向きを作って薄いグリップで打てるよう、最初は失敗しても良いので練習を積むようにしましょう。

 

■どこにでも打てる態勢、で準備するには?

横向きを早く作ること、そして落ちてくるボールを待ち過ぎないことが重要です。

意識してラケットを持っていないほうの腕を高く上げ、その腕の先にボールがあるように目線を上げましょう。

厳しいロブを上げられても、まずはしっかり移動してその中で横向きを作ることが大切です。

 

■「リーチが短い」バックハンド側へのスマッシュは、基本コース

このリストを効かせたスマッシュの魅力は、逆クロスへ打ちやすいこと。

しっかり横向きができていれば、相手はクロス方向に意識が向きやすくなります。

この相手の動きを確認できれば、手のひらを少し早く返して逆クロスの方向に打てばポイントが決まります。

 

■意外と苦しい態勢からでもスマッシュを打てるというメリットも

リストを効かせたスマッシュを身に付けると、態勢が崩れても最低限の返球ができるようになります。

テニスの試合でありがちな風が強いときや太陽と重なったときなどに、有効。

追い込まれて上半身が倒れても、打てるのがこのリストを返す形での逆クロスへのスマッシュです。

ネット際でも角度を付けやすいので、慌てずにポイントを獲りきることができるでしょう。

 

テニスのレベルを如実に現すのが、スマッシュというショット。

もちろんしっかりパワーも必要ですが、相手の動きの逆を突くことが試合では最も大切。

最後にコースを変えられるという意識がアナタ自身にあれば、無理してネットやアウトするというミスも減るでしょう。

スマッシュでポイントを獲れば、試合の流れも大きく持ってこれます。

この技巧派なスマッシュも、ぜひ練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  2. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

    ダブルスの試合で、よくある光景。相手にロブを打たれて、前衛が打てな…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

    試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。テニスのおいて、この…

  4. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

  5. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

    スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。何気…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

特集記事

  1. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
  2. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です
  3. テニス センス

    その他

    テニスでは、「素直になれないオジサン」が一番損すると思う
  4. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ
PAGE TOP