テニス ダブルス

スマッシュ

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

スマッシュのコースをギリギリまで隠す。

テニスの試合でこれをやられると、本当に強い相手だな・・・と感じてしまいます。

リスト(手首)の動きでコースを変えるのは、「男性だけ」「リストが強い人だけ」の特権でしょうか?

ちょっとしたコツを掴めば、誰でもトライできる技術ですのでやってみましょう。

 

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

 


 

■スマッシュのリストワークを確認

スマッシュはサーブと同様に、基本的には手のひらが外を向く動きでフィニッシュします。

それは打つコースに関わらず、右利きの人であれば手のひらが右側を向いて終わるのが自然です。

ここで「厚い」グリップで握っていると、かなり苦しくなってしまいます。

横向きを作って薄いグリップで打てるよう、最初は失敗しても良いので練習を積むようにしましょう。

 

■どこにでも打てる態勢、で準備するには?

横向きを早く作ること、そして落ちてくるボールを待ち過ぎないことが重要です。

意識してラケットを持っていないほうの腕を高く上げ、その腕の先にボールがあるように目線を上げましょう。

厳しいロブを上げられても、まずはしっかり移動してその中で横向きを作ることが大切です。

 

■「リーチが短い」バックハンド側へのスマッシュは、基本コース

このリストを効かせたスマッシュの魅力は、逆クロスへ打ちやすいこと。

しっかり横向きができていれば、相手はクロス方向に意識が向きやすくなります。

この相手の動きを確認できれば、手のひらを少し早く返して逆クロスの方向に打てばポイントが決まります。

 

■意外と苦しい態勢からでもスマッシュを打てるというメリットも

リストを効かせたスマッシュを身に付けると、態勢が崩れても最低限の返球ができるようになります。

テニスの試合でありがちな風が強いときや太陽と重なったときなどに、有効。

追い込まれて上半身が倒れても、打てるのがこのリストを返す形での逆クロスへのスマッシュです。

ネット際でも角度を付けやすいので、慌てずにポイントを獲りきることができるでしょう。

 

テニスのレベルを如実に現すのが、スマッシュというショット。

もちろんしっかりパワーも必要ですが、相手の動きの逆を突くことが試合では最も大切。

最後にコースを変えられるという意識がアナタ自身にあれば、無理してネットやアウトするというミスも減るでしょう。

スマッシュでポイントを獲れば、試合の流れも大きく持ってこれます。

この技巧派なスマッシュも、ぜひ練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  4. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    相手2人が下がっている時に、スマッシュはどこを狙う?

    ダブルスの試合で、相手2人が下がっている状態。こういう陣形の…

  6. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う

    屋外での試合、陽射しが強い日に難しいのはスマッシュですよね。サ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合では、エースで終わるようなショットでも、「最後までの詰め」が出来てい…
  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  3. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  4. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう
PAGE TOP