テニス ダブルス

スマッシュ

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

スマッシュのコースをギリギリまで隠す。

テニスの試合でこれをやられると、本当に強い相手だな・・・と感じてしまいます。

リスト(手首)の動きでコースを変えるのは、「男性だけ」「リストが強い人だけ」の特権でしょうか?

ちょっとしたコツを掴めば、誰でもトライできる技術ですのでやってみましょう。

 

「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

 


 

■スマッシュのリストワークを確認

スマッシュはサーブと同様に、基本的には手のひらが外を向く動きでフィニッシュします。

それは打つコースに関わらず、右利きの人であれば手のひらが右側を向いて終わるのが自然です。

ここで「厚い」グリップで握っていると、かなり苦しくなってしまいます。

横向きを作って薄いグリップで打てるよう、最初は失敗しても良いので練習を積むようにしましょう。

 

■どこにでも打てる態勢、で準備するには?

横向きを早く作ること、そして落ちてくるボールを待ち過ぎないことが重要です。

意識してラケットを持っていないほうの腕を高く上げ、その腕の先にボールがあるように目線を上げましょう。

厳しいロブを上げられても、まずはしっかり移動してその中で横向きを作ることが大切です。

 

■「リーチが短い」バックハンド側へのスマッシュは、基本コース

このリストを効かせたスマッシュの魅力は、逆クロスへ打ちやすいこと。

しっかり横向きができていれば、相手はクロス方向に意識が向きやすくなります。

この相手の動きを確認できれば、手のひらを少し早く返して逆クロスの方向に打てばポイントが決まります。

 

■意外と苦しい態勢からでもスマッシュを打てるというメリットも

リストを効かせたスマッシュを身に付けると、態勢が崩れても最低限の返球ができるようになります。

テニスの試合でありがちな風が強いときや太陽と重なったときなどに、有効。

追い込まれて上半身が倒れても、打てるのがこのリストを返す形での逆クロスへのスマッシュです。

ネット際でも角度を付けやすいので、慌てずにポイントを獲りきることができるでしょう。

 

テニスのレベルを如実に現すのが、スマッシュというショット。

もちろんしっかりパワーも必要ですが、相手の動きの逆を突くことが試合では最も大切。

最後にコースを変えられるという意識がアナタ自身にあれば、無理してネットやアウトするというミスも減るでしょう。

スマッシュでポイントを獲れば、試合の流れも大きく持ってこれます。

この技巧派なスマッシュも、ぜひ練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

  5. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

    「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。自分の頭上にロブが…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合ではどんなに実力差があっても、「厳しいボールに喰らいついてくる相手」…
  3. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること
  4. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合中盤までに「相手の一番良い球」を、必死で攻略しよう
PAGE TOP