テニス メンタル

戦術

自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

テニスって、なかなか難しい専門用語や戦術、覚えることたくさんありますよね。

周りから教えられても、そのままだと頭に入り辛い。

この辺り、勉強と同じです。

自分の言葉で整理して、納得するから覚えられるんだと思います。

 

自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる

 


 

数学の公式は、「仕組みを理解する」から覚えられる

学生の皆さんも、数学や物理の公式・・・覚えられないで苦労している人も多いと思います。

文字やアルファベットの並びだけ見ても、頭に入っていかないのは当たり前。

その仕組み、を理解してこそ覚えられるのが公式、でありセオリー。

だからこそ、テニスでも自分から「仕組みを理解する」ことを意識しないとずっと成長しない。

逆に仕組みさえ理解出来れば、どんな戦術でも一度聞けばきっと覚えられる。

だって、理解出来れば必要性を感じられるじゃないですか。

特に、試合に出ている人だったら「こういうケースか!」と、ピンと来るはずです。

 

テニスの戦術を、自分の言葉に置き換えてみよう!

例えば私なら、テニスの守備と攻撃を分けて考えるように、自分なりに工夫してました。

相手コートにボールがあるときにはコチラが守備、自分のコートにあるときには攻撃、という感じですね。

私はバレーボールをやっていたので、ポーチはブロック、ロブはフェイント、でこれをカバーするのが後衛の役目・・・みたいな感じ。

書いてみても、なかなか自分以外には理解不能な部分が多い。

でも、「自分の言葉」に出来た時点で、良いんです。

テニスの戦術、ポジショニングは、色々な言葉に変換して覚えて良い。

結局は試合で有効な策として使えるか、相手の攻撃を的確に防げるかどうか、が大事ですからね。

 

「自分でまとめる」という作業を、テニスノートで

特に、大事なのは自分で書き出すこと。

レッスンや練習の後に、自分なりのまとめを作ってみると、やった内容をかみ砕いて理解しようと必死になる。

文字にする、文章にする、時点で「アナタらしさ」が絶対に出て来ますからね。

そうやって書く、という作業だけでも頭に入ってくる。

ただレッスンで効いているだけ、部活でこなしているだけ、だといつまで経ってもテニスの戦術って「他人事」でしかない。

アナタ自身のもの、にはなっていかないという危機感を持ちましょう。

 

自分の言葉にする、のが一番です。

仕組みを理解すれば・・・きっともっと、テニスが楽になりますよ。

でも知れば知るほど、仕組みの逆もあり、テニスは面白い。

そこに気付いていけば、試合もきっと勝てるようになる。

アナタの言葉で、テニスを一度まとめてみる。

きっと良い気付きが、そこにはあるはずです。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない

    テニスの試合に、焦りは禁物。でも、分かっていても・・・なんです…

  2. テニス チャンス

    戦術

    「このゲームを取れば勝ち、」のゲームで、準備しておくべき4つの具体策

    あと1ゲームで、この試合勝利・・・という場面で、アナタはいつも冷静にプ…

  3. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  4. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  5. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ

    テニス選手としてんじょ、「形を作りたい」。私もずっと、これは考…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    試合でしか養えない力、がテニスにはある

    不思議なもので、あるんですよ。どんなに練習しても、練習しても…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?
  5. テニス ミス

    メンタル

    試合中に声出しがうるさい人は、基本メンタルが弱いと思って良い
PAGE TOP