テニス ボレー

その他

「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。

自分がどう、相手に観られているのか、警戒されているのかは非常に大事になる。

そう考えると、自分で考える自分の長所・短所、武器や弱点って、意外と他人から観たときとギャップがあるかも知れない。

こういった視点は、試合で勝っていく、強くなっていくうえで非常に大事だと思うんです。

 

「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

 


 

■テニスをやっている自分自身が、自分について分かっていない

私も経験があるのですが、自分自身、ずっとボレーが得意でストロークは苦手、と思ってきました。

ですが実際に対戦した相手や練習仲間に話を聞いてみると、その逆のケースも多い。

「ストロークの方が怖い、嫌だった・・・」という話を聞いたことがあり、ビックリした経験があります。

皆さんも、普段の練習の中でぜひ意見を交換して欲しい。

他人から観られる自分、は結構、自分で意識している像とギャップがあるはずです。

 

■相手に警戒されたら、「何故?」を掘り下げていこう

相手が脅威に感じてくれる、嫌がってくれる部分が自分の中で見つかったら、掘り起こしていきましょう。

私の場合、元々ストロークは苦手意識が強かったのでとにかく丁寧に返し続けることだけ、意識していました。

その丁寧さ、しつこさが、結果的に相手にとっては嫌だったということを知りました。

それを知ってからは、結構試合でも楽。

苦手でも丁寧に粘るだけで、相手にはそれが脅威になると分かったから、すごく自信にもなりました。

これはあくまで、一つの例。

きっとこういった発見は、皆さんの中でもたくさん出て来るはずです。

 

■「自分を知る」ことは、一人では出来ない

だからこそ、色々な人とテニスをして欲しい。

色々な意見を聞いて欲しいし、試合の後にこそ話を聞けるような雰囲気にして欲しい。

アナタ自身、聞く側だけではダメ。

しっかり対戦相手にも感想を伝えたり、テニスを言葉にできるようにトレーニングしていきましょう。

アナタ自身の成長に、必ずつながります。

 

特に女性の方は、会話も弾みやすいしコミュニケーションが上手い。

上達が早い人には、こういう要素も多くあるんだと思います。

アナタ自身、一人で上達していくには限界がある。

少し勇気が要りますが、自分のテニスについてはしっかり周りの意見を聞く耳を持つ、というのもテニス選手として大事な要素です。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる

    試合を観ていると、つい感想としての本音が出てしまうことがあります。…

  2. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  4. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

    約1ヶ月後に迫った、楽天ジャパンオープン2015。今年も錦織選…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期

    自分の練習が、苦しくても楽しい。この楽しい、という感覚、最近は…

  6. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う

    テニススクールでも部活でも、余裕が無い・・・とき、ありますよね。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない
  2. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・…
  3. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  5. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
PAGE TOP