戦術

必ずこの相手に、どこかで上回れる

目次

試合をしていて、相手を見て何を感じるか。

戦ってみて、厳しいなと感じてからがテニスは勝負…のはずですが。

どうしても、球威やその前の実績を比較して、私たちは怯みがちですよね。

これも、本当にちょっとした発想とテクニックです。

ネガティブ思考な方ほど、実はそれが強みにもなる。

試合はゲーム、自分の視点と発想で楽しまないと、勝てる試合も勝てないですよ。

見えているのは、ほんの一部

サーブが早い?ストロークが強い?

だから、どうしたという話。

試合の序盤で相手に押されても、まずはそれを冷静に受け止めることが大事です。

「あ、サーブ得意なんだな」と、客観的に見てあげる。

別にサーブという土俵では、勝てなくても良い訳じゃないですか。

そこで対抗しようとしない、大事なのは「どこで自分が、上回るのか?」ということろ。

この発想と視点が持てれば、テニスの試合っていかようにでもなる。

サーブやリターン、ストロークで相手のショットが良くても、まず慌てないことが重要です。

良いショット、の後の相手はどうか?

これ、ぜひ意識して見て下さい。

良いサーブを打った後、その選手の動きはどうか。

サーブだけ良くても、それに酔っているような感じで次の動きが遅れている男性は、結構多い。

返せば乱れてくれるチャンスも、自分で見出していける。

良いショットは誰が見ても分かるけど、次のポジションを見ている人はなかなかいない。

見えやすい所に、ヒントはありません。

見えにくい所、誰も見ようとしない所にこそ、テニスの試合はヒントがたくさん隠れているんです。

観察力を高め、冷静に、敏感に

とにかくもう、強い相手との試合はこれですね。

「もう、打って来いよ!」で良いんです。

それを受け止めて、その後を冷静に観察する。

観察力、試合を作る力では、絶対に上回ってやるという意識で、冷静に試合を進めていけば良いんです。

ここを信じられるかどうか、でしょうね。

目立つショット、派手なプレーで対抗しようとしない、そこは自分の争う土俵ではないという意識で考えておく。

そして、最後に勝つのは自分だと。

こういう発想があれば、試合って本当に楽ですよ。

だからこそ、相手を「乗せない」意識を

相手を乗せる、プレーとは?

私は、とにかく序盤のイージーミス。

自分が無理したプレーを、とにかく減らします。

相手の良いショット、ナイスプレーは大歓迎。

そこで無理して強引なショットを選択したり、戦術的なミスをしない。

これだけで良いんです。

相手を乗せるプレーって、「この相手はなんて楽なんだろう」と思わせてしまうプレーですから。

そうなると、自分が上回れる武器を使うところまで、なかなか進まない。

まずは、序盤のミスを減らす。

当たり前ですが、その先に面白い戦いが待ってるんです。

無理しない相手を、どう上回るのか?

でも、大抵は相手も同じようなことを考えています。

慎重に試合に入り、相手を観察するタイプの選手も、多いでしょう。

そういう相手に、どこで上回るのか。

これこそ、テニスの試合で勝つには大事なポイントです。

ぜひここは、みなさんと一緒に考えていきたいです。

簡単ではありません、でもここでも「自分はミスが少ない相手でも、こうやって上回っていくんだ」という発想が持てたら。

試合にもきっと、勝てる自分になれるはずです。

ミスしない中での攻撃、どうする?

私自身、まだまだ課題です。

先日岩井選手と土居コーチの練習の中で、「ニュートラルな状態から攻めていく」ことの重要性、というポイントがありました。

まさに、これですね。

自分がミスをしないショットのレベルを維持しながら、攻撃していく、最後は自分から勝利を手繰り寄せる。

軌道の高さ、回転量、スライス、みなさん自身で考えてみて下さい。

相手も簡単にミスをしないなら、どうしますか?

ずっとお互いに、ミス待ちのラリーですか?

いや、最後はやはり行動を興した方が、強い。

私はそう信じて、自分が相手を上回れるポイントはそこだと思っています。

誰も答えを、教えてはくれない

試合中はもちろん、練習からそうです。

誰も、アナタに教えてくれる人はいません。

ベンチコーチがいる試合で、「あそこが弱点っぽいよ」というアドバイスはもらえるかも知れませんが、それって…どうでしょう。

アナタ自身が気付いて、発想として強く持てているなら、有効でしょうが。

ただ言われただけ、指示されただけなら、上回れると信じることは難しい。

自分で感じて、「ここだ、ここで仕掛けるんだ!」と思えるかどうか。

全ては、みなさん次第です。

相手を上回れるポイント、そのヒントはどこにあるのか。

実は、見え辛いところにこそ、潜んでいるのがテニスです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. 戦術

    「こんなの、自分のプレーじゃない!」という方へ

    色々な人のアドバイスを聞いて、迷っている方。「こんなの、自分…

  2. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

  3. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  4. 戦術

    試合で使える武器を2つ、相手に意識させれば勝ったようなもの

    みなさんの武器、何でしょう?「はい、これです!」と言える方も、…

  5. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

    みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。勝ち…

  6. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる

    「自分のテニスが見つからない」と、悩んでいる方。こういう人に限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    6/20(木) 土居コーチ 女子ダブルスレッスン&ゲーム会 inSENK…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合中にメンタルの乱れを防ぐ、「考えろ・・・」という指示出しのポーズを自分で作っ…
  3. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  4. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」
  5. フットワーク

    浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?
PAGE TOP