テニス スライス

スマッシュ

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。

近しいテニス、も頑張らないといけいないな・・・と思うのと同時に、バドミントンから学べることってすごく多いと思うんです。

ノーバウンド、で処理しないといけない、ある意味テニスよりも厳しいルールのバドミントン。

だからこそ、次への反応が大事になるじゃないですか。

スマッシュの後の動き、すごく参考になりますよ。

 

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

 

1.スマッシュの後って、みなさんどうですか?

打ち終わった後、みなさんどうでしょう。

もう、まるで決まったかのように、後は運を天に任せるような人、ばかりじゃないですか?

本当は、私たちのレベルではスマッシュは打った後が大事。

良いスマッシュでも、相手が触れば返球される可能性も高い。

その点、バドミントンはスマッシュの返球率もすごく高いですよね。

だから、打っている本人も決まると思っていない。

素早く次の動き、を入れているのがすごく参考になります。

 

2.スマッシュを打ったら、前をケアするのが基本

良いスマッシュ、で相手を追い込んだら前を潰す。

これは、ダブルスでは必須のパターンですね。

スマッシュを打っていない選手が、しっかり次のボールを仕留めにかかる。

シングルスなら、どうでしょう。

自分が下がってスマッシュを打ったら、次に浅いボールを仕留めるのもまた自分、です。

先ほどのバドミントンの動画でもあったように、打ったら次、がめちゃくちゃ速くないとチャンスを逃してしまう。

打ち終わりと前へのダッシュ、をほぼ同時にやるくらい。

テニスでも、この意識が大事だと思いますよ。

 

3.スマッシュの動きをシンプルにしないと、これが出来ない

だからこそ、スマッシュを「簡単」にしないといけないんです。

難しい、激しいスマッシュにしたら、その次が反応出来ない。

その次、のショットを決めないと、結果的に相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

強い選手は、このあたりの怖さをよく理解している。

スマッシュをシンプルにして、次に備える。

バドミントンのようにスピード感のある動き、絶対にテニスでも必要です。

 

4.スマッシュ1発で決まらない、と思っておくこと

結果的に決まれば、それで良い。

でも、「決まるはず!」と思い込んでいると、次の足が出ない。

私たち一般レベルのテニスの試合では、そうスマッシュ一発で簡単には決まらない。

だからこそ、前に詰めるような動き、をセットにして打っていかないといけないんですよね。

分かってはいるけど、なかなか出来ないです、これ。

試合の後半なら疲れて厳しいし、試合の序盤なら緊張で足が出ないかも知れない。

練習から、スマッシュとセットの動き、に仕上げていくしかないですね。

 

スマッシュの後の動きって、やっぱり見落とされがち。

実は一番、その選手の実力が現れる部分なんですけどね。

ここを変えていければ、実は全てが変わります。

スマッシュのような攻撃的なショット、の後の反応を速くしていくこと。

これこそ、アナタ自身に求められていること、じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー

    今回は、このテーマで。スマッシュ練習って、球出しだけになったり…

  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める

    これも、一つのあるある、だと思います。試合でのスマッシュ、打つ…

  4. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

    イメージは、バドミントンです!テニスのスマッシュって、結構力が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  2. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  3. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い
  4. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!
  5. テニス 打点

    ストローク

    「厚いグリップだと、どうなるの?」現代のテニスのストロークにおける基本を考えてみ…
PAGE TOP