テニス スライス

スマッシュ

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。

近しいテニス、も頑張らないといけいないな・・・と思うのと同時に、バドミントンから学べることってすごく多いと思うんです。

ノーバウンド、で処理しないといけない、ある意味テニスよりも厳しいルールのバドミントン。

だからこそ、次への反応が大事になるじゃないですか。

スマッシュの後の動き、すごく参考になりますよ。

 

バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

 

1.スマッシュの後って、みなさんどうですか?

打ち終わった後、みなさんどうでしょう。

もう、まるで決まったかのように、後は運を天に任せるような人、ばかりじゃないですか?

本当は、私たちのレベルではスマッシュは打った後が大事。

良いスマッシュでも、相手が触れば返球される可能性も高い。

その点、バドミントンはスマッシュの返球率もすごく高いですよね。

だから、打っている本人も決まると思っていない。

素早く次の動き、を入れているのがすごく参考になります。

 

2.スマッシュを打ったら、前をケアするのが基本

良いスマッシュ、で相手を追い込んだら前を潰す。

これは、ダブルスでは必須のパターンですね。

スマッシュを打っていない選手が、しっかり次のボールを仕留めにかかる。

シングルスなら、どうでしょう。

自分が下がってスマッシュを打ったら、次に浅いボールを仕留めるのもまた自分、です。

先ほどのバドミントンの動画でもあったように、打ったら次、がめちゃくちゃ速くないとチャンスを逃してしまう。

打ち終わりと前へのダッシュ、をほぼ同時にやるくらい。

テニスでも、この意識が大事だと思いますよ。

 

3.スマッシュの動きをシンプルにしないと、これが出来ない

だからこそ、スマッシュを「簡単」にしないといけないんです。

難しい、激しいスマッシュにしたら、その次が反応出来ない。

その次、のショットを決めないと、結果的に相手に挽回のチャンスを与えてしまいますからね。

強い選手は、このあたりの怖さをよく理解している。

スマッシュをシンプルにして、次に備える。

バドミントンのようにスピード感のある動き、絶対にテニスでも必要です。

 

4.スマッシュ1発で決まらない、と思っておくこと

結果的に決まれば、それで良い。

でも、「決まるはず!」と思い込んでいると、次の足が出ない。

私たち一般レベルのテニスの試合では、そうスマッシュ一発で簡単には決まらない。

だからこそ、前に詰めるような動き、をセットにして打っていかないといけないんですよね。

分かってはいるけど、なかなか出来ないです、これ。

試合の後半なら疲れて厳しいし、試合の序盤なら緊張で足が出ないかも知れない。

練習から、スマッシュとセットの動き、に仕上げていくしかないですね。

 

スマッシュの後の動きって、やっぱり見落とされがち。

実は一番、その選手の実力が現れる部分なんですけどね。

ここを変えていければ、実は全てが変わります。

スマッシュのような攻撃的なショット、の後の反応を速くしていくこと。

これこそ、アナタ自身に求められていること、じゃないですか?

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

    ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。シングルスでも…

  3. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  5. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?

    ダブルスの試合で、「どっちが先に、どちらのサイドでサーブを打つのか?」…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

    スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
PAGE TOP