テニス ボレー

ボレー

「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?

いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなかテニスでは厳しい。

ダブルスでは、スマッシュ以上に、実は使用頻度が高いショットですよね。

まずは下に叩き付ける、コンパクトな動きを覚えたい。

なら、オススメはこの練習です!

 

「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?

 


 

1.小さいラケットの振り幅で、打点をキッチリ前に

練習方法は、簡単です。

ネットを挟んで縦半面、で1対1のラリーを行いますが、自分のコートにボールを叩きつけて、相手コートにボールを送る。

卓球のサーブ、みたいな感覚ですね。

 

 

簡単そうに見えますが、結構難しいです・・・慣れるまではまず、フォアボレーのみでやってみましょう。

コツは、ラケットでパン!と打ったらすぐに引くこと。

腕を下まで振ってしまうと、ボールに力が上手く伝わりません。

それから打点は必ず前、目線と同じ高さくらいで下に叩き付けてみましょう。

 

2.ハイボレーの基本、しっかりボールをバウンドさせる

深く打つハイボレー、スライスで追い込むボレーも、もちろん大事。

ですが、パチン!と決めるボレーも打てないと、相手はつなぐだけだと安心されてしまう・・・んですよね。

弾くハイボレー、大事です!

実際の試合では、ここまで高くバウンドさせてしまうと相手に返球されてしまうかも知れませんが、ボールをしっかり弾く感覚が無いと、「決める」ボレーは難しいんです。

しっかり角度を付ければ、この弾くハイボレーで充分にポイントは取れます。

とはいえ、フラット気味に打つ、のがバックのハイボレーでは難しいと思います。

特に両手バックボレーを打つ女性の方は苦労すると思いますが、上手く上側の手(右利きなら左手)をかぶせるようにして、目の前に叩き付けてみて下さい。

 

3.バウンドさせたボールを、相手の触れない場所へ送る意識

上級者の方、試合に出て勝っている方は、バウンド後の軌道もしっかりチェック。

実際の試合では、このバウンド後の軌道を「相手が触れない場所」に送れるかどうかが肝になります。

足が速い相手なら、結構走って追いつかれますからね・・・。

しっかり角度を付けて打つ、ネットに詰めてこの弾くボレーが打てるように、練習しておきましょう。

ラリー形式ですので、この練習では相手の打ちやすい場所へ返球しつつ、慣れてきたらお互い相手を動かしながらやってみましょう。

 

特に、下がりながら・・・下に叩き付けるのは、難しいと思います。

だからこそ、しっかり前で触れるようにフットワークから活かしていきたい。

ハイボレーは、フットワークも大事。

ラケットワーク、フットワーク、両方練習出来る良いメニューですので、お試しください!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  2. テニス 戦術

    ボレー

    ファーストボレーを叩かれる人は、どう対策すれば良い?

    サーブ&ボレー、でのファーストボレー。これをしっかり返すのが、…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント

    パッシングショットですぐに抜かれてしまう・・・。シングルスでも…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの基本

    ボレーする時に「足をもっと動かせよ!!」と怒られている人いない…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ
  3. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け…
  5. テニス メンタル

    戦術

    「手堅いプレー」という餌を撒いて、試合の後半を迎えるのも良い作戦
PAGE TOP