テニス ダブルス

練習メニュー

いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

普段、みなさんも練習していると思います。

ネットを挟んで、短い距離でボレー対ボレー。

この練習、ついマンネリ化しがちだと思うんですよね。

ノーバウンド同士で、テンポが速いからついつなげるだけ、フォアボレーだけ、になりがち。

これを、しっかり試合で使えるように仕上げていくには、アイデアが必要です。

 

いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

 

1.目線より低いボールで10往復

これは、試合に出ている人には必須の考え方です。

ボレーボレーでも、出来るだけ軌道を低くする。

ネットと目線の間の中、で高さを維持できるようになると、試合でも同じ高さで打てる。

この高さなら、相手だってそう簡単には攻撃出来ません。

しっかり高さを抑えて、まずは10往復をしっかりラリー出来るように。

目線より高い軌道のボールは、基本相手のチャンスになると心得ましょう。

 

2.クッションボレーでラリー

ボレーボレーの中で、相手のボールを一回ラケットで受け止める。

軽く自分のラケットで弾ませて、その次のボールを打つ。

これ、簡単そうに見えてすごく難しいです。

クッションまでは出来ても、勢いを失ったボールに自分から勢いを付けるのって、テニスでは難しい。

しっかり下半身も動かして、踏み込んでいくのに良い練習になります。

もちろん、一度受け止めるクッションを入れることで、ドロップボレーのイメージも付きやすい。

リズム良く出来るように、練習してみて下さいね。

 

3.相手のバックボレーをお互い狙う

実は、初心者の方ならこれだけでも効果的。

普通にボレーボレーしていると、絶対にフォアボレーだけになりますから、お互い。

しっかりバックボレーを狙う、意志を強く持ってラリーしていく。

当然、足元にも打ってハーフボレーさせてみる。

これだけで、かなり良い練習になります。

バックボレーからも、相手のバックも狙えるしフォアも狙える。

こう考えると、しっかり構え直せるんですよね。

フォアボレー、バックボレーの型が残っている人がほとんどです、ボレーボレーって。

打ち終わったら、必ずニュートラルな感じを意識して。

ぜひ実践してみて下さい。

 

4.アングルボレーで打って終了

何度かラリーが繋がったら、正面の人ではなくアングルに打つ。

そして、そのボールは追わないで良い。

こういうルールでボレーボレーが出来ると、より実践に近いと思います。

正面の人とラリーしならがら、ラケット面をサッと作ってアングルに運ぶ。

これを、フォアもバックも、安定して出来るように調整してみて下さい。

ラリーをずっと、ダラダラ続けていても上手くはならない。

アングルボレーで、しっかり攻撃していくイメージを持てるように、普段からラリーを切ってでも、こういう練習はしてみて下さい。

 

5.ロブボレーも有りにして縦で勝負

ボレーボレーは、通常お互いネットに近い位置でプレーしますよね。

その中で、ロブボレーを入れる。

それを、出来るだけ落とさないでハイボレーでカット、落としたら、その後はボレー対ストロークでラリーを継続。

このイメージでしっかり打ち合えると、試合でもしぶとさが出て来ます。

ロブボレーって、見落とされがちですが試合ですごく使う技術ですからね。

お互いボレー同士なら、上が空いている。

ここを使っていく意識を、しっかり強く持ちましょう。

 

ボレーボレーの練習、アップだけだともったいないですよ。

もっと実戦的に、工夫出来る。

ダブルスはもちろん、シングルスでも必要なボレーの反応、バランスが養えるはずです。

ぜひ、意識して練習みて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 打点

    練習メニュー

    緊張した場面で、力を引き出す為には?

    試合の中で、緊張した場面で力を発揮する。これが出来る、自信が…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  4. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合

    試合と練習、明確な違いは何か。私は、基本はこれだと思います。…

  5. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  6. 練習メニュー

    「初心者にまず何を教えよう??」最初のテニスの練習に、実は最適なアノ練習メニュー

    4月は部活に新入部員が入ってくる。新しい部員に色んなことを教え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    ワイドに打った後に、なぜセンターに戻るのは危険なのか?
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら大胆に動く」ことが大前提
  3. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?
  4. テニス イベント

    その他

    ダメダメテニスプレイヤーにならない為の、5つのチェックポイント
  5. テニス ダブルス

    その他

    「指示されたことをやるので精一杯」な状態では、人は成長し辛いと思う
PAGE TOP