テニス ダブルス

練習メニュー

いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

普段、みなさんも練習していると思います。

ネットを挟んで、短い距離でボレー対ボレー。

この練習、ついマンネリ化しがちだと思うんですよね。

ノーバウンド同士で、テンポが速いからついつなげるだけ、フォアボレーだけ、になりがち。

これを、しっかり試合で使えるように仕上げていくには、アイデアが必要です。

 

いつものボレーボレーを、実戦的な練習に変える5つのアイデア

 

1.目線より低いボールで10往復

これは、試合に出ている人には必須の考え方です。

ボレーボレーでも、出来るだけ軌道を低くする。

ネットと目線の間の中、で高さを維持できるようになると、試合でも同じ高さで打てる。

この高さなら、相手だってそう簡単には攻撃出来ません。

しっかり高さを抑えて、まずは10往復をしっかりラリー出来るように。

目線より高い軌道のボールは、基本相手のチャンスになると心得ましょう。

 

2.クッションボレーでラリー

ボレーボレーの中で、相手のボールを一回ラケットで受け止める。

軽く自分のラケットで弾ませて、その次のボールを打つ。

これ、簡単そうに見えてすごく難しいです。

クッションまでは出来ても、勢いを失ったボールに自分から勢いを付けるのって、テニスでは難しい。

しっかり下半身も動かして、踏み込んでいくのに良い練習になります。

もちろん、一度受け止めるクッションを入れることで、ドロップボレーのイメージも付きやすい。

リズム良く出来るように、練習してみて下さいね。

 

3.相手のバックボレーをお互い狙う

実は、初心者の方ならこれだけでも効果的。

普通にボレーボレーしていると、絶対にフォアボレーだけになりますから、お互い。

しっかりバックボレーを狙う、意志を強く持ってラリーしていく。

当然、足元にも打ってハーフボレーさせてみる。

これだけで、かなり良い練習になります。

バックボレーからも、相手のバックも狙えるしフォアも狙える。

こう考えると、しっかり構え直せるんですよね。

フォアボレー、バックボレーの型が残っている人がほとんどです、ボレーボレーって。

打ち終わったら、必ずニュートラルな感じを意識して。

ぜひ実践してみて下さい。

 

4.アングルボレーで打って終了

何度かラリーが繋がったら、正面の人ではなくアングルに打つ。

そして、そのボールは追わないで良い。

こういうルールでボレーボレーが出来ると、より実践に近いと思います。

正面の人とラリーしならがら、ラケット面をサッと作ってアングルに運ぶ。

これを、フォアもバックも、安定して出来るように調整してみて下さい。

ラリーをずっと、ダラダラ続けていても上手くはならない。

アングルボレーで、しっかり攻撃していくイメージを持てるように、普段からラリーを切ってでも、こういう練習はしてみて下さい。

 

5.ロブボレーも有りにして縦で勝負

ボレーボレーは、通常お互いネットに近い位置でプレーしますよね。

その中で、ロブボレーを入れる。

それを、出来るだけ落とさないでハイボレーでカット、落としたら、その後はボレー対ストロークでラリーを継続。

このイメージでしっかり打ち合えると、試合でもしぶとさが出て来ます。

ロブボレーって、見落とされがちですが試合ですごく使う技術ですからね。

お互いボレー同士なら、上が空いている。

ここを使っていく意識を、しっかり強く持ちましょう。

 

ボレーボレーの練習、アップだけだともったいないですよ。

もっと実戦的に、工夫出来る。

ダブルスはもちろん、シングルスでも必要なボレーの反応、バランスが養えるはずです。

ぜひ、意識して練習みて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  2. テニス 指導

    練習メニュー

    テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

    試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事

    見落とされがちだけど、大事な個人練習。それは素振り、です。…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

    「この練習、実際身になっているのか?」「実際に上達につながるの…

  5. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  6. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負し…
  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
PAGE TOP