テニス ボレー

ストローク

両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。

特に、両手バックハンドですね。

ダイナミックな硬式テニスならではのショットですが、意外とみなさん、ラケットが振り切れない。

この問題、を解決するには改めて、テイクバックから打点までの形を確認しましょう。

両手で打てる分、私は社会人、ベテランの方でもしっかり肩を入れることをオススメしています。

 

両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

 

1.テイクバック、だけじゃ足りない

横向きでテイクバック、そのままインパクト、フォロースルー・・・。

悪くない流れですが、これだとパワーが足りない。

そして、振り切るのに必要な身体の「ひねり、戻し」が出来ないんですよね。

テイクバックは速く終えておいて、その後にしっかり身体をひねる、そして戻す。

この部分、テイクバックだけで満足している人が多いと思うんですよね。

「肩を入れる」ことを、もっと強く意識して良いと思います。

 

2.しっかり踏み込めれば、相手に背中を向けられる

前に踏み込む、両手バックハンドが打てるときは、アナタの攻撃チャンス。

しっかりテイクバック、から肩を入れる、ときには相手に背中を向けるくらいのひねりが欲しいんです。

右利きの方なら、自分のアゴが右肩に乗るくらい。

しっかり相手に背中を向ける、一瞬のタイミングを意識して作ってみて下さい。

これだけで、しっかりラケットが振れるようになるはずです。

ラケットが振れない人って、横向きからそのままラケットを出すだけ、になっている方が多い。

足を決めて肩を入れる、ひねる、という動作だけで、ストロークは大きく変わります。

 

3.肩を入れるのは、前足を踏み込むタイミング

ここで、しっかりグッと肩を入れられるかどうか。

これが、アナタの両手バックハンドストロークの振り抜き、の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

前足を出すとき、に肩を入れる。

相手に、背中を向ける。

そのひねりを戻す感じで、ラケットはリラックスして振っていく。

両手バックハンドなら、多少打点が遅れても大丈夫。

後ろの腕で押していけるので、そう簡単には押し負けないですから。

しっかり大きな準備、が大事ですよ。

 

4.型さえ作れば、バックハンドストロークは最強

とにかく、ミスが減ります。

自分の中で、得意になった感覚が持てるはず。

みなさんも、両手バックハンドストロークの型を作るつもりで、今回の肩を入れるポイント意識してみて欲しい。

バックハンドストトークで攻撃出来る、安定出来ると、相手にすごいプレッシャーかけられますよね。

弱点であるはずのバックが、上手い、強い。

これを、ぜひ目指して欲しいんです。

背中を向けるくらい、肩を入れるタイミングを作る。

アゴを肩に乗せる、くらい大胆にやってみて下さい。

片手バックハンドの方も、基本は一緒ですよ。

 

バックハンドのストローク強化、諦めてはいませんか?

「自分はこんなもの」と決めつけてしまうのは楽ですが、未来が無い。

試合で勝ちたいなら、相手のプレッシャーとなるようなバックハンドでありたいじゃないですか。

ぜひ、テイクバックからの流れを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. + POWER CUP について
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  2. ストローク

    打ちにいきたいポイントほど、引き付けて我慢する打点が大事

    相手のボールが、かなり遅いのにガシャってしまうミス。これでは、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させてみましょう

    「しっかり下半身を使って!」と、アドバイスを受けているテニスプレイヤー…

  4. ストローク

    深いストロークのカウンターショット、テイクバックのタイミングに秘密有り

    相手のストロークが深い、ベースライン上で足下をえぐられるような時。…

  5. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上からしっかり抑えよう!

    浅いボールを攻撃していきたい、ストロークでそう考えている方は多いでしょ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「ドキドキのスペイン留学初日」スペインでのテニスと緊張感と
  2. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいな…
  3. テニス ミス

    戦術

    試合の流れが相手側にあるときにこそ、自分が焦ってはいけない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
PAGE TOP