ストローク

対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。

低く、安定して打ち続けないといけないですよね。

このコツ、意外と簡単です。

大きなスウィングになっているストロークを、しっかりコンパクトにしてあげる意識で。

私が意識しているコツ、をご紹介します。

 
 

脇を締めて、小さいスウィングにする

相手がネットにいますから、すぐにボレーで返って来る。

それを想定して、しっかり小さいフォームで打ち返すこと、が必要になります。

私が意識しているのは、脇を締めるということ。

脇を締めて、ラケットをいつもより身体の近くを通過させるようなイメージ、です。

ボールを打った後、フォロースルーもほとんど無し。

打ったらすぐに構え直せるように、脇を締めて打つことを意識してみて下さい。

きっと、ネットプレイヤー相手にも浮かないストローク、に変化していくはずです。



肘の位置をチェック!

脇が締まった状態をキープしたいので、肘の位置を意識しましょう。

私は、自分の肘が脇腹に軽く当たるくらい、の位置でキープ出来るように意識しています。

ボールが低いなら、膝を曲げて低い態勢を取る。

低い打点でのストローク、が対ネットプレイヤーには難しいですからね。

高い打点なら、何とでもなるでしょう。

低い打点の時に、しっかり脇が締まっている状態で打てると、ボールは沈みます。



手打ちにはならないように、腰を使う

つい、小さいフォームを意識すると手打ちになってしまう。

これは、ミスの元になります。

腰を回す、横向きから少しだけ後ろ側の腰を前に出す、ような動きを入れてラケットと連動させていきましょう。

腕だけで振るショットは、重さが出ないですからボレーが難しくなってくる。

手打ちにならないように、下半身を使うこと。

ただし、大きな動きにはならないように、シンプルにコンパクトに、がキーワードです。



スピン回転、をしっかり意識する

脇を締めて、しっかり振り切る中でスピン回転をかける。

これが難しいところですが、しっかり回転をかけていくことを意識しましょう。

スピン回転をかけて、低い軌道で打つ。

私はいつも、ラケットの下にエッジに引っ掛けるような感じ、で打っています。

小さい動きですが、しっかりスピン回転をかけたストロークでボレーヤーを攻撃していく。

ロブだけでなく、こういうショットが対ネットプレイヤーには必要です。

   

お勧めの練習法

ボレー対ストローク、で低いストロークを打ち続ける。

これ、今回はあえてしっかり打つ練習をしましょう。

ボレー側の選手は台になってしっかり深く返す、出来ればスライス回転をかけて、低い打点でのストロークを打たせるイメージで。

ストロークを打つ選手は、構え直しの早さ、を意識してみて下さい。

何球でも、相手を突いていけるようなイメージで。

普段ならロブも使って崩し合うラリーですが、連続して突いていく、というのも良い練習になります。



ネットプレイヤーに対して、ボールを浮かせない技術。

これに自信が生まれると、試合も楽しくなります。

相手が前に来ても、低い位置でボレーさせれば良い、と思えますからね。

ぜひ脇の締め方、肘の位置、意識して打ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「スライスの山なりなボール」は、意外とストロークの返球で苦戦する

    テニスの難しいところ、それは「遅い」ボールのほうがなぜか、打ち返すのが…

  3. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備してみよう

    シングルスの試合、ストロークで主導権を握りたい。そう思っていて…

  4. テニス 打点

    ストローク

    「厚いグリップだと、どうなるの?」現代のテニスのストロークにおける基本を考えてみる

    ストロークのグリップって、選手によって色々違って来る。でもトッ…

  5. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストローク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  4. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備
  5. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4…
PAGE TOP