ストローク

対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります

目次

相手が前に出ている状態だと、高いボールは打てない。

低く、安定して打ち続けないといけないですよね。

このコツ、意外と簡単です。

大きなスウィングになっているストロークを、しっかりコンパクトにしてあげる意識で。

私が意識しているコツ、をご紹介します。

 
 

脇を締めて、小さいスウィングにする

相手がネットにいますから、すぐにボレーで返って来る。

それを想定して、しっかり小さいフォームで打ち返すこと、が必要になります。

私が意識しているのは、脇を締めるということ。

脇を締めて、ラケットをいつもより身体の近くを通過させるようなイメージ、です。

ボールを打った後、フォロースルーもほとんど無し。

打ったらすぐに構え直せるように、脇を締めて打つことを意識してみて下さい。

きっと、ネットプレイヤー相手にも浮かないストローク、に変化していくはずです。



肘の位置をチェック!

脇が締まった状態をキープしたいので、肘の位置を意識しましょう。

私は、自分の肘が脇腹に軽く当たるくらい、の位置でキープ出来るように意識しています。

ボールが低いなら、膝を曲げて低い態勢を取る。

低い打点でのストローク、が対ネットプレイヤーには難しいですからね。

高い打点なら、何とでもなるでしょう。

低い打点の時に、しっかり脇が締まっている状態で打てると、ボールは沈みます。



手打ちにはならないように、腰を使う

つい、小さいフォームを意識すると手打ちになってしまう。

これは、ミスの元になります。

腰を回す、横向きから少しだけ後ろ側の腰を前に出す、ような動きを入れてラケットと連動させていきましょう。

腕だけで振るショットは、重さが出ないですからボレーが難しくなってくる。

手打ちにならないように、下半身を使うこと。

ただし、大きな動きにはならないように、シンプルにコンパクトに、がキーワードです。



スピン回転、をしっかり意識する

脇を締めて、しっかり振り切る中でスピン回転をかける。

これが難しいところですが、しっかり回転をかけていくことを意識しましょう。

スピン回転をかけて、低い軌道で打つ。

私はいつも、ラケットの下にエッジに引っ掛けるような感じ、で打っています。

小さい動きですが、しっかりスピン回転をかけたストロークでボレーヤーを攻撃していく。

ロブだけでなく、こういうショットが対ネットプレイヤーには必要です。

   

お勧めの練習法

ボレー対ストローク、で低いストロークを打ち続ける。

これ、今回はあえてしっかり打つ練習をしましょう。

ボレー側の選手は台になってしっかり深く返す、出来ればスライス回転をかけて、低い打点でのストロークを打たせるイメージで。

ストロークを打つ選手は、構え直しの早さ、を意識してみて下さい。

何球でも、相手を突いていけるようなイメージで。

普段ならロブも使って崩し合うラリーですが、連続して突いていく、というのも良い練習になります。



ネットプレイヤーに対して、ボールを浮かせない技術。

これに自信が生まれると、試合も楽しくなります。

相手が前に来ても、低い位置でボレーさせれば良い、と思えますからね。

ぜひ脇の締め方、肘の位置、意識して打ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. ラジオ番組、始めました!
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識すると、ボールに伸びが出…

    しっかり安定したグランドストロークは、ジュニアの頃からしっかり練習量を…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも

    サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ・・・。全てのショット、…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように
  3. テニス 客観視

    その他

    嫌なことは早く終わらせたい感、全部外に出てますよ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている
  5. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
PAGE TOP