テニス メンタル

ストローク

ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

相手の足下に、ストロークでボールを沈める。

しっかりスピンをかけて沈めることが出来れば、チャンスを引き出せますよね。

このストロークのコツ、みなさんどうでしょうか?

打ち終わり、を意識すればしっかりと沈むストロークになりますよ。

 

ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

 


 

1.合格点、を決めておこう

私なら、相手がサービスライン上くらいに立っていれば、しっかりとハーフボレーさせるイメージ。

ネットとサービスラインの、ちょうど真ん中くらいでバウンドするようなスピンストローク、が理想ですね。

当然、スピードを求めるとそこまで沈んでくれない。

速度は少し遅め、だけどしっかりスピン回転がかかる、ラケットを振り切っている。

こういうストローク、で合格点は相手にハーフボレーさせること。

どうでしょう、イメージ湧いて来ましたか?

 

2.「浅さ」を出すにはどうすれば良い?

まず、フォロースルーを前に出し過ぎないことでしょう。

深さを出すには必要ですが、押し出してしまうとなかなか回転がかからないし、フラット気味になる。

当然、深いボールを打つには効果的ですが、相手がネットに出てきているなら、これは「ボレーしやすいボール」になってしまう。

むしろ、打点から一気に上に振り抜いて、ラケットはあまり前に出さない。

そして、そのラケットは自分の腰あたりでフィニッシュする、感じだと良い「浅さ」が出るはずです。

 

3.フィニッシュポイントを決めておこう!

フォアハンド、右利きの方なら左の腰。

ここに、刀を収めるようなイメージでしょうか。

左腰あたりにラケットが下りて来て、左手で受け止める。

この終わり場所、フォロースルーの収まる場所を用意しておけば、試合でもしっかり振り切れますよ。

よく、相手がネットに出て来ると力で加減して沈めようとする人がいますが、当然上手くいきません。

フォロースルーを反対の腰、で準備しておけば大丈夫。

振り切っても、そこまでボールが伸びていかないはずです。

 

4.難しいのは、バックハンド

これがテニスでは、難しい。

バックハンドストロークで、相手の足下に沈めるのは、特に片手バックハンドストロークの方は難しいんです。

フォロースルーで胸を張りますから、あまり小さい振り幅では打てないですからね。

私は片手バックですが、フォロースルーを途中で止めてます。

そして、ボールの飛びを抑える。

両手バックの方も、最後まで振り切らないくらい、で良いでしょう。

打点まではしっかり振って、フォロースルーを短くする。

試行錯誤ですが、実際にコートで試してみて下さい。

 

ネットに出て来た相手に、強気に出れるかどうか。

これがダブルスの試合では大事ですね。

足下に自信を持って打てれば、試合でも強いし相手へのプレッシャーにもなる。

いつもしっかり、相手をネットより低い位置でボレーさせること。

これが出来れば、テニスの試合は勝てます。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由

    「身体、開いてるよ!」と、ストロークのときに指摘される方。日本…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

    テニスの試合、長ければ何時間も。そんな試合が1日に何試合も繰り…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第

    追い込まれても、しっかり1本を返球出来る。それも、甘くなくしっ…

  4. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確認しよう!

    中学、高校共に、この時期はテニス部内で代が交代する時期。上級生…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

    浅いボールを前に走って、ストローク。ここでスライスでも良いけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    過去最悪に恥ずかしかった試合、思い出してテニスノートに書き出してみよう
  2. テニス ステップ

    ストローク

    試合になるとフォアハンドが安定しない方へ、提案したい改善策4つ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  4. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  5. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
PAGE TOP