テニス メンタル

ストローク

ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

相手の足下に、ストロークでボールを沈める。

しっかりスピンをかけて沈めることが出来れば、チャンスを引き出せますよね。

このストロークのコツ、みなさんどうでしょうか?

打ち終わり、を意識すればしっかりと沈むストロークになりますよ。

 

ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

 


 

1.合格点、を決めておこう

私なら、相手がサービスライン上くらいに立っていれば、しっかりとハーフボレーさせるイメージ。

ネットとサービスラインの、ちょうど真ん中くらいでバウンドするようなスピンストローク、が理想ですね。

当然、スピードを求めるとそこまで沈んでくれない。

速度は少し遅め、だけどしっかりスピン回転がかかる、ラケットを振り切っている。

こういうストローク、で合格点は相手にハーフボレーさせること。

どうでしょう、イメージ湧いて来ましたか?

 

2.「浅さ」を出すにはどうすれば良い?

まず、フォロースルーを前に出し過ぎないことでしょう。

深さを出すには必要ですが、押し出してしまうとなかなか回転がかからないし、フラット気味になる。

当然、深いボールを打つには効果的ですが、相手がネットに出てきているなら、これは「ボレーしやすいボール」になってしまう。

むしろ、打点から一気に上に振り抜いて、ラケットはあまり前に出さない。

そして、そのラケットは自分の腰あたりでフィニッシュする、感じだと良い「浅さ」が出るはずです。

 

3.フィニッシュポイントを決めておこう!

フォアハンド、右利きの方なら左の腰。

ここに、刀を収めるようなイメージでしょうか。

左腰あたりにラケットが下りて来て、左手で受け止める。

この終わり場所、フォロースルーの収まる場所を用意しておけば、試合でもしっかり振り切れますよ。

よく、相手がネットに出て来ると力で加減して沈めようとする人がいますが、当然上手くいきません。

フォロースルーを反対の腰、で準備しておけば大丈夫。

振り切っても、そこまでボールが伸びていかないはずです。

 

4.難しいのは、バックハンド

これがテニスでは、難しい。

バックハンドストロークで、相手の足下に沈めるのは、特に片手バックハンドストロークの方は難しいんです。

フォロースルーで胸を張りますから、あまり小さい振り幅では打てないですからね。

私は片手バックですが、フォロースルーを途中で止めてます。

そして、ボールの飛びを抑える。

両手バックの方も、最後まで振り切らないくらい、で良いでしょう。

打点まではしっかり振って、フォロースルーを短くする。

試行錯誤ですが、実際にコートで試してみて下さい。

 

ネットに出て来た相手に、強気に出れるかどうか。

これがダブルスの試合では大事ですね。

足下に自信を持って打てれば、試合でも強いし相手へのプレッシャーにもなる。

いつもしっかり、相手をネットより低い位置でボレーさせること。

これが出来れば、テニスの試合は勝てます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?…

  2. テニス リターン

    ストローク

    「フォアハンドストロークの高い打点」をテニスの試合でしっかり打ち切るためのポイントとは?

    テニスの試合で勝ち進む人には色々なタイプがありますが、まず共通している…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打…

  4. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    つなぐのが大好きな相手に、ハードヒットは禁物

    「分かっちゃいるけど・・・」だと思います。実際に試合では、打ち…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスで「ストロークをクロス方向にしっかり打つ」なら、ボールの外側を捕らえよう!

    クロス方向へのストローク、テニスの基本。硬式テニスでは、シング…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 不安

    メンタル

    試合を好きになることが出来ない、全ての方へのメッセージ
  2. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ
  3. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ
  4. 練習メニュー

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考え…
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
PAGE TOP