ストローク

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められます。

ですが普段のストロークをベースライン同士での練習に偏っていると、なかなかボレーヤーに対しての対応が難しい。

少しでも浮いたら、上のレベルではそれでポイントが終わってしまう。

そうならない為に、しっかり足元にボールを運ぶには回転量が必要。

その為には、しっかりラケットを縦に振っていくことが大事です。

 

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

 


 

■回転をかけるストロークは、基本的には縦方向のスィング

コントロールが良く、なおかつ回転量が多いショットはどうすれば身に付くのか。

まずはしっかり、ストロークのときに横向きの態勢を作ること。

そして打点を前に取ってラケットを上に振っていく、スライスであれば上から下に振っていく、という意識が大事です。

力を加減して足元に落とす・・・というのではなく、ラケットはしっかり振り切ること。

グリップを厚くしたり薄くしたりで、かなり調整出来るはずです。

ベースラインにいる相手、ネットにいる相手、でどこを変えると良いのか、アナタ自身考えてみて下さい。

 

■速いボールを打つことが、ポイントに繋がるとは限らない

速いボールはそれだけ、アナタ自身に速い準備が求められる。

だからこそ、遅いボールに着目しましょう。

遅いボールを上手く使えれば、相手の態勢を泳がせることが出来ますよね。

「前に詰められたら、どうするの・・・?」と言う方は、ぜひロブを活用しましょう。

足元に良いボールが打てていたら、必ず相手は前にポジションを移してくる。

 

■縦スィングが出来れば、ストローク力は上がる!

横に振るストロークは、安定しない。

身体が開くと打点がぶれますので、腰を回していく中でもラケットはしっかり縦に振ることを意識しましょう。

その為には、スタンスをしっかり決めること。

後ろ足が前にくるようなスィングですと、試合で使えないしラリーが続かないですよね。

一度自分のフォーム、しっかりと動画で撮影して観てみませんか?

 

ネットプレーを相手に、慌ててしまうケースは多い。

だからこそ、しっかりと対策を取って自分で自信を持ったプレーが出来ないと厳しいですよね。

縦のラケットワークをしっかり覚えて、ラケットを振り切っていくことを覚えましょう。

横振りでラケットを振り切っても・・・アウトが増えるだけですね。

ぜひ対ネットプレイヤー用のストローク、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング

    色んな学校に行ってレッスンをしているので色んな子供達のテニスを見ている…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう

    ストロークを、ダウンザラインへ展開する。ダブルスでもシングルス…

特集記事

  1. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合でも、実際は「クロスコート半面」での勝負が多い
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
  5. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
PAGE TOP