ストローク

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

テニスの試合、特にダブルスでは足元にストロークを沈める能力が求められます。

ですが普段のストロークをベースライン同士での練習に偏っていると、なかなかボレーヤーに対しての対応が難しい。

少しでも浮いたら、上のレベルではそれでポイントが終わってしまう。

そうならない為に、しっかり足元にボールを運ぶには回転量が必要。

その為には、しっかりラケットを縦に振っていくことが大事です。

 

相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しましょう!

 


 

■回転をかけるストロークは、基本的には縦方向のスィング

コントロールが良く、なおかつ回転量が多いショットはどうすれば身に付くのか。

まずはしっかり、ストロークのときに横向きの態勢を作ること。

そして打点を前に取ってラケットを上に振っていく、スライスであれば上から下に振っていく、という意識が大事です。

力を加減して足元に落とす・・・というのではなく、ラケットはしっかり振り切ること。

グリップを厚くしたり薄くしたりで、かなり調整出来るはずです。

ベースラインにいる相手、ネットにいる相手、でどこを変えると良いのか、アナタ自身考えてみて下さい。

 

■速いボールを打つことが、ポイントに繋がるとは限らない

速いボールはそれだけ、アナタ自身に速い準備が求められる。

だからこそ、遅いボールに着目しましょう。

遅いボールを上手く使えれば、相手の態勢を泳がせることが出来ますよね。

「前に詰められたら、どうするの・・・?」と言う方は、ぜひロブを活用しましょう。

足元に良いボールが打てていたら、必ず相手は前にポジションを移してくる。

 

■縦スィングが出来れば、ストローク力は上がる!

横に振るストロークは、安定しない。

身体が開くと打点がぶれますので、腰を回していく中でもラケットはしっかり縦に振ることを意識しましょう。

その為には、スタンスをしっかり決めること。

後ろ足が前にくるようなスィングですと、試合で使えないしラリーが続かないですよね。

一度自分のフォーム、しっかりと動画で撮影して観てみませんか?

 

ネットプレーを相手に、慌ててしまうケースは多い。

だからこそ、しっかりと対策を取って自分で自信を持ったプレーが出来ないと厳しいですよね。

縦のラケットワークをしっかり覚えて、ラケットを振り切っていくことを覚えましょう。

横振りでラケットを振り切っても・・・アウトが増えるだけですね。

ぜひ対ネットプレイヤー用のストローク、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  2. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

    試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。…

  3. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なストロークの技術につい…

    テニスに難しいとされる技術は数あれど、最も難しいとされる技術は・・・コ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  5. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  2. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
  3. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について
  4. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる
PAGE TOP