ロブ

踏み込んで来る相手の、上を狙おう

男子ダブルスの試合でよくある、すごく前に詰めて来るペア。

これに、どう対応していくかは、しっかり考えておきましょう。

特に、学生のみなさんはこういうアグレッシブな相手も多いはず。

闇雲に打っているだけだと、相手の思うツボですよ。

 
 

なぜ、男子ダブルスに多いのか?

答えは、簡単。

ロブが少ないからです。

女子ダブルスはロブを多用するペアも多いですが、これはスマッシュの決定力が低いから。

男子ダブルスである程度肩の力があるペアだと、スマッシュを打ち抜かれるからロブが厳しい。

または、パッシングショットや沈めるショットに自信がある選手、が多いのも理由になりますね。

前に詰めることで、沈ませない、足下に打たせない作戦は結構使えます。

男子ダブルスでどんどん前に詰めて来る、そんなペア相手に慌ててはいけません。



追い込まれる前に、ロブを使おう

相手が圧力をかけてくる、前にロブを使いたい。

必ず、こういうアグレッシブなペアは前に詰めて来ますから、上は空いている。

その時に、自分に余裕があるかどうか、です。

深いボレーで後ろ足体重、になっているようだともう厳しい。

しっかり打てる状態から、あえてロブを選択する勇気を持ちましょう。

前に、前に踏み込んで来る相手の上を狙う感じ、ですね。

ロブはタイミングで勝負、がダブルスの基本です。



リターンからも、ロブで良い

どんどんポーチに踏み込んで来るような相手なら、いきなりロブでも良い。

ただし、出来るだけ後衛が「バックボレー」になる陣形の時に、使いましょう。

フォアボレーでカバーされると、結構厳しいですからね。

ポーチでどんどん詰めて来るような相手には、いきなりロブでいなすようなイメージで。

これも、「コントロール出来る段階で打つロブ」としては、良い判断です。



相手の性格を、読み解こう!

前に詰めるのが好き、な前衛をまず確認すること。

相手の性格、メンタリティーを知ることが出来れば、何も怖くありません。

詰めて来るような相手には、速いタイミングでロブで良い。

それも、そこまで厳しいロブじゃないくて良いですよ。

相手は前足体重で踏み込んで来る、訳ですからね。

恐れてビビって、アウトする方がもったいない、ですから。

   

お勧めの練習法

「詰める前衛」を、実践して練習台になりましょう。

練習試合でも、意図的にいつも以上に前に詰めてみる。

相手は、そこに気付けるかどうか。

ハッキリと後ろを捨てて、前に詰めるような前衛を演じてみるのも良い練習になるはず。

普通に試合をしてばかりだと、「いつも通り」になるじゃないですか、仲間も変わらないと。

ちょっとした変化を前衛から付けてみると、全体で良いロブの練習になるでしょう!



圧力をかけてくる相手に、武器を持っておく。

試合では、本当に緊張してしまいますから。

どうすれば良いのか分からないうちに試合が進んでいく、ことが無いように。

ぜひ、このロブでいなす技術、イメージ、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  2. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポイン…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    テニスの試合で「背後のボール」を追いかけて返球するときに、必要なコツ5つ

    あまり意識されていませんが、実はテニスの試合で多い場面。それっ…

  4. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる

    試合に強い人は、常に相手を追い込むことを考えている。だからこそ…

  5. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  6. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由
  2. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「浅いスライスサーブ」が試合では必要な理由
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で「トップスピンのストロークをスライスで粘りたい」ときに、必要なボー…
PAGE TOP