ロブ

踏み込んで来る相手の、上を狙おう

男子ダブルスの試合でよくある、すごく前に詰めて来るペア。

これに、どう対応していくかは、しっかり考えておきましょう。

特に、学生のみなさんはこういうアグレッシブな相手も多いはず。

闇雲に打っているだけだと、相手の思うツボですよ。

 
 

なぜ、男子ダブルスに多いのか?

答えは、簡単。

ロブが少ないからです。

女子ダブルスはロブを多用するペアも多いですが、これはスマッシュの決定力が低いから。

男子ダブルスである程度肩の力があるペアだと、スマッシュを打ち抜かれるからロブが厳しい。

または、パッシングショットや沈めるショットに自信がある選手、が多いのも理由になりますね。

前に詰めることで、沈ませない、足下に打たせない作戦は結構使えます。

男子ダブルスでどんどん前に詰めて来る、そんなペア相手に慌ててはいけません。



追い込まれる前に、ロブを使おう

相手が圧力をかけてくる、前にロブを使いたい。

必ず、こういうアグレッシブなペアは前に詰めて来ますから、上は空いている。

その時に、自分に余裕があるかどうか、です。

深いボレーで後ろ足体重、になっているようだともう厳しい。

しっかり打てる状態から、あえてロブを選択する勇気を持ちましょう。

前に、前に踏み込んで来る相手の上を狙う感じ、ですね。

ロブはタイミングで勝負、がダブルスの基本です。



リターンからも、ロブで良い

どんどんポーチに踏み込んで来るような相手なら、いきなりロブでも良い。

ただし、出来るだけ後衛が「バックボレー」になる陣形の時に、使いましょう。

フォアボレーでカバーされると、結構厳しいですからね。

ポーチでどんどん詰めて来るような相手には、いきなりロブでいなすようなイメージで。

これも、「コントロール出来る段階で打つロブ」としては、良い判断です。



相手の性格を、読み解こう!

前に詰めるのが好き、な前衛をまず確認すること。

相手の性格、メンタリティーを知ることが出来れば、何も怖くありません。

詰めて来るような相手には、速いタイミングでロブで良い。

それも、そこまで厳しいロブじゃないくて良いですよ。

相手は前足体重で踏み込んで来る、訳ですからね。

恐れてビビって、アウトする方がもったいない、ですから。

   

お勧めの練習法

「詰める前衛」を、実践して練習台になりましょう。

練習試合でも、意図的にいつも以上に前に詰めてみる。

相手は、そこに気付けるかどうか。

ハッキリと後ろを捨てて、前に詰めるような前衛を演じてみるのも良い練習になるはず。

普通に試合をしてばかりだと、「いつも通り」になるじゃないですか、仲間も変わらないと。

ちょっとした変化を前衛から付けてみると、全体で良いロブの練習になるでしょう!



圧力をかけてくる相手に、武器を持っておく。

試合では、本当に緊張してしまいますから。

どうすれば良いのか分からないうちに試合が進んでいく、ことが無いように。

ぜひ、このロブでいなす技術、イメージ、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    ロブボレーは、フラット気味だと超絶使える

    なかなか、その有効性が説明し辛いショット。それが、ロブボレーで…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  3. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

    シングルスの試合で前に出て、良いロブを上げられてスマッシュを諦める。…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  6. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  3. テニス 客観視

    スマッシュ

    「チャンスと思っても難しい!」テニスでネット際でのグランドスマッシュを打ち切る技…
  4. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り
  5. テニス ボレー

    その他

    自分のテニスの調子を、ショートラリーから気付けますか?
PAGE TOP