ロブ

踏み込んで来る相手の、上を狙おう

目次

男子ダブルスの試合でよくある、すごく前に詰めて来るペア。

これに、どう対応していくかは、しっかり考えておきましょう。

特に、学生のみなさんはこういうアグレッシブな相手も多いはず。

闇雲に打っているだけだと、相手の思うツボですよ。

 
 

なぜ、男子ダブルスに多いのか?

答えは、簡単。

ロブが少ないからです。

女子ダブルスはロブを多用するペアも多いですが、これはスマッシュの決定力が低いから。

男子ダブルスである程度肩の力があるペアだと、スマッシュを打ち抜かれるからロブが厳しい。

または、パッシングショットや沈めるショットに自信がある選手、が多いのも理由になりますね。

前に詰めることで、沈ませない、足下に打たせない作戦は結構使えます。

男子ダブルスでどんどん前に詰めて来る、そんなペア相手に慌ててはいけません。



追い込まれる前に、ロブを使おう

相手が圧力をかけてくる、前にロブを使いたい。

必ず、こういうアグレッシブなペアは前に詰めて来ますから、上は空いている。

その時に、自分に余裕があるかどうか、です。

深いボレーで後ろ足体重、になっているようだともう厳しい。

しっかり打てる状態から、あえてロブを選択する勇気を持ちましょう。

前に、前に踏み込んで来る相手の上を狙う感じ、ですね。

ロブはタイミングで勝負、がダブルスの基本です。



リターンからも、ロブで良い

どんどんポーチに踏み込んで来るような相手なら、いきなりロブでも良い。

ただし、出来るだけ後衛が「バックボレー」になる陣形の時に、使いましょう。

フォアボレーでカバーされると、結構厳しいですからね。

ポーチでどんどん詰めて来るような相手には、いきなりロブでいなすようなイメージで。

これも、「コントロール出来る段階で打つロブ」としては、良い判断です。



相手の性格を、読み解こう!

前に詰めるのが好き、な前衛をまず確認すること。

相手の性格、メンタリティーを知ることが出来れば、何も怖くありません。

詰めて来るような相手には、速いタイミングでロブで良い。

それも、そこまで厳しいロブじゃないくて良いですよ。

相手は前足体重で踏み込んで来る、訳ですからね。

恐れてビビって、アウトする方がもったいない、ですから。

   

お勧めの練習法

「詰める前衛」を、実践して練習台になりましょう。

練習試合でも、意図的にいつも以上に前に詰めてみる。

相手は、そこに気付けるかどうか。

ハッキリと後ろを捨てて、前に詰めるような前衛を演じてみるのも良い練習になるはず。

普通に試合をしてばかりだと、「いつも通り」になるじゃないですか、仲間も変わらないと。

ちょっとした変化を前衛から付けてみると、全体で良いロブの練習になるでしょう!



圧力をかけてくる相手に、武器を持っておく。

試合では、本当に緊張してしまいますから。

どうすれば良いのか分からないうちに試合が進んでいく、ことが無いように。

ぜひ、このロブでいなす技術、イメージ、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ロブ

    「トップスピンロブを、使いこなせ」コツさえ掴めば、大助かりの魔法のショットに

    ロブを試合でどのくらい使うだろうか。シングルスの場合は、相手が…

  2. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう

    女子ダブルスで、しっかり結果を出していきたいと考えているみなさん。…

  3. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  4. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  5. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない

    深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「振り抜いた後に、最後は惰性」が切れ味鋭いストローク
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
  5. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ
PAGE TOP