テニス ダブルス

ロブ

腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

相手のスマッシュや、速いストロークやボレーをロブで返球する。

試合では、必須のテクニックですよね。

でも、なかなかこれを精度高く、しっかり打てる選手が少ない。

ほとんどの方が、腕だけで合わせる感じのロブ、になってしまっていると思います。

 

腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?

 


 

1.恐怖心、がそこにはある

相手のボールが速い、スマッシュを打たれた・・・!

というだけで、どこか引いていませんか?

速いボールをロブで返す、腰が引けているような人が結構います。

腕だけ伸ばして、何とか触りにいくけど・・・飛距離も出ないし、コントロールも悪い。

こういう人は、恐怖心を乗り越えていくことが大事。

しっかりボールに近付く、身体を寄せていく。

そうすれば、スライスロブの精度は間違いなく上がります。

 

2.身体の近くの方が、さばきやすい

私はスライスロブを打つときには、身体の近くで打つ。

打点が近いくらいの方が、コントロールしやすいんですよね。

身体の近くで打てば、ラケットでしっかり抑えられる。

ボールに負けない、しっかりコントロール出来る感覚が生まれるんですよね。

身体を寄せることが出来ないと、ボールに押されてしまいますからね。

ロブでしっかり反撃したいなら、スマッシュのボールにでも身体を寄せること。

これがポイントです!

 

3.腕を動かすのは、少しだけで良い

良いラケット面を作って、上から抑える。

これだけ、で良いロブは上がります。

腕を大きく動かす必要は無いですよ。

身体の近くで、コツン、と当てる感じ。

スライスをロブは、この上から入る感じでボレーのように当てるだけ。

腕で振って飛ばすんじゃなくて、ラケット面の角度で飛ばす。

この角度を、相手が打った瞬間に瞬時に作れるようになりましょう。

そうすれば、試合でもロブ名人になれるはずです。

 

4.まずは相手のサーブ、をロブリターンから!

「でも、なかなか打つ機会がなくて・・・」という方は、リターンから。

ぜひリターンから意識して、ロブを打つ練習をしてみて下さい。

リターンなら「これを打とう」と決めて待てますし、実際に試合では強力なサーブを打って来る相手も多い。

スマッシュ並みに速いボール、もあるじゃないですか。

これをどう返すのか、をしっかり考えておく。

相手のサーブをロブで返す、3回に1回くらいはその意識で良いと思います。

腕だけじゃなく、身体を寄せて、ですね。

 

慣れてしまえば、怖く無いです。

顔に当たらない限りは、そんなに怪我も無い。

腕だけ伸ばして速いボールを処理している方が、手首や肘を痛めてしまいますよ。

ぜひ、ロブの概念から変えてみて下さい。

テニスが変わりますし、強くなるはずです!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  2. テニス スライス

    ロブ

    なぜ、アナタのロブは試合で安定しないのか、を解説します

    試合で、なかなかロブが入らない、安定しない。こうなると、もう強…

  3. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  4. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

  5. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    高い打点のストロークが打ち辛い人は、「ヘッドを立ててボールの横を捕らえる」スピン…
  2. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ
  4. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦
PAGE TOP