ロブ

仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

いかに、相手にロブを隠すか。

これって、特にダブルスでは勝つために非常に大事な要素になって来ます。

相手にロブを隠せれば、試合をかなり優位に進められる。

今までのロブは、相手にバレている可能性が高い。

それくらいの危機感、を持って読んでみて下さい。

 

仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

 

1.ロブを上げる前の自分、どうですか?

つい、こうなってはいませんか?

後ろ足体重、アゴが上がって、深いボールを打点後ろで処理しようとしている。

こういう時って、もうロブしかないような人、本当に多いんですよね。

ある程度のレベルまでは、ロブを打っておけば何とかなる、スマッシュミスしてくれるような相手、も多いですから。

でも、アナタ自身がこれから倒していかないといけない相手、は違うでしょう。

精度の高いロブを、隠して打っていかないと勝てない。

そういう相手、には強いロブへの準備意識、が不可欠です。

 

2.前足体重、で打てる時にロブを!

私はいつも、これを意識しています。

前足体重、で攻撃的なストロークが打てそうな時に、ロブを打つ。

あえて、上に打つような感じ、です。

テイクバックも少し大きめに、まさにハードヒットするような恰好を相手に意図的に見せる。

これが、最高のカモフラージュになる。

ロブは、バレないように打つことでその威力を発揮する。

強い相手ほど、こういうショットが効いて来ると思います。

 

3.「打たれる!」と思ったら、前に詰める相手が多い

男子ダブルスで、強いダブルスを相手にした時には、どうでしょう。

ストロークを打ち込むような構えを見たら、前に詰めるペアが多くないですか?

なぜなら、前に詰めないと足下に沈められて、ボレー側がどんどん苦しくなるから。

だからネットに詰めて、足下のスペースを消すしかない。

そこでロブが来る・・・なんて、想像してみて下さいよ。

相手からしたら、もうお手上げ。

きっと、追う気力すら無い感じだと思いますよ。

 

4.順回転のロブ、トップスピンロブを磨こう

これは、女子ダブルスのみなさんにも言えることです。

スライスロブって、やっぱりバレやすい。

良い機会ですので、トップスピンロブ、を磨くきっかけにしていきましょう。

しっかり打ち込めるボール、打ち込む構えから、トップスピンロブを打っていく。

相手は前に詰める、その逆を突くイメージですね。

余裕が無くなってスライスロブ、から卒業していくこと。

この意識が、何より大事です。

 

しっかり、構えて打つ。

グダグダになって打たない。ことがロブには大事。

トップスピンロブ、打っていけば磨かれるし、試合でも使えるようになるはず。

その為にも、余裕がある時にロブを打つ、という基本に変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  2. テニス ポジショニング

    ロブ

    「相手をロブで下げて、アングルショットを使う攻撃」、出来ますか?

    相手が2人前に来る、並行陣を取られると辛いと感じているみなさん。…

  3. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  4. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  5. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  6. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ

    試合で使うのに、テニススクールではなかなか教えてくれないこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカン…
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方と…
  4. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
PAGE TOP