ロブ

仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

いかに、相手にロブを隠すか。

これって、特にダブルスでは勝つために非常に大事な要素になって来ます。

相手にロブを隠せれば、試合をかなり優位に進められる。

今までのロブは、相手にバレている可能性が高い。

それくらいの危機感、を持って読んでみて下さい。

 

仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

 


 

1.ロブを上げる前の自分、どうですか?

つい、こうなってはいませんか?

後ろ足体重、アゴが上がって、深いボールを打点後ろで処理しようとしている。

こういう時って、もうロブしかないような人、本当に多いんですよね。

ある程度のレベルまでは、ロブを打っておけば何とかなる、スマッシュミスしてくれるような相手、も多いですから。

でも、アナタ自身がこれから倒していかないといけない相手、は違うでしょう。

精度の高いロブを、隠して打っていかないと勝てない。

そういう相手、には強いロブへの準備意識、が不可欠です。

 

2.前足体重、で打てる時にロブを!

私はいつも、これを意識しています。

前足体重、で攻撃的なストロークが打てそうな時に、ロブを打つ。

あえて、上に打つような感じ、です。

テイクバックも少し大きめに、まさにハードヒットするような恰好を相手に意図的に見せる。

これが、最高のカモフラージュになる。

ロブは、バレないように打つことでその威力を発揮する。

強い相手ほど、こういうショットが効いて来ると思います。

 

3.「打たれる!」と思ったら、前に詰める相手が多い

男子ダブルスで、強いダブルスを相手にした時には、どうでしょう。

ストロークを打ち込むような構えを見たら、前に詰めるペアが多くないですか?

なぜなら、前に詰めないと足下に沈められて、ボレー側がどんどん苦しくなるから。

だからネットに詰めて、足下のスペースを消すしかない。

そこでロブが来る・・・なんて、想像してみて下さいよ。

相手からしたら、もうお手上げ。

きっと、追う気力すら無い感じだと思いますよ。

 

4.順回転のロブ、トップスピンロブを磨こう

これは、女子ダブルスのみなさんにも言えることです。

スライスロブって、やっぱりバレやすい。

良い機会ですので、トップスピンロブ、を磨くきっかけにしていきましょう。

しっかり打ち込めるボール、打ち込む構えから、トップスピンロブを打っていく。

相手は前に詰める、その逆を突くイメージですね。

余裕が無くなってスライスロブ、から卒業していくこと。

この意識が、何より大事です。

 

しっかり、構えて打つ。

グダグダになって打たない。ことがロブには大事。

トップスピンロブ、打っていけば磨かれるし、試合でも使えるようになるはず。

その為にも、余裕がある時にロブを打つ、という基本に変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  3. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

    試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。もしか…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  6. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  2. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?
  4. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!
PAGE TOP