テニス ボレー

ロブ

ダブルスで並行陣のサーブ&ボレーでは、「厳しいリターンへの対応」をロブボレーで準備しておくと便利!

ダブルスにおけるサーブ&ボレー、みなさん練習できていますか?

並行陣ではなく雁行陣主体のペアの方も、たまに前にいくだけでかなり相手はプレッシャーに感じてリターンミスをしてくれる可能性も高い。

ですが・・・あくまでそれは、そのレベルの対戦相手での話。

上のレベルになれば、リターンも足元に沈めて当たり前。

サーバーは、厳しい状況からのファーストボレーをどうコントロールするか、というところからスタートすることになります。

 

ダブルスで並行陣のサーブ&ボレーでは、「厳しいリターンへの対応」をロブボレーで準備しておくと便利!

 


 

■厳しく足元に沈められるリターンへの、対応策は?

ダブルスのサーブ&ボレー、アナタはファーストボレーでしっかり安定したプレーが出来ていますか?

理想はファーストボレーを深く、そこまでしっかり返球出来れば、おのずとポイントの取得率も上がっていくはずです。

ですが当然、相手もそれを分かっている。

足元に沈めて前衛がポーチに出たり、リターンした選手がそのままリターンダッシュを仕掛けてきたり・・・というプレーが多くなります。

レベルが上がれば上がるほど、こういったプレーが得意な選手は男女と共に多いです。

 

■相手が前に出てくるということは・・・?

つい相手が前に出てくると、圧迫感を感じて冷静さを失いがち。

それは、相手しか見ていないからです。

冷静に、相手コートを見てみましょう。

前に出て来るのであれば、当然後ろのスペースが空いている。

リターンで足元に沈められても、ローボレーだったらロブという選択肢も持っておきたい。

そう、ロブボレーで相手の前にくる意欲を削ぐことが大事になります。

 

■ファーストボレーの幅を拡げて、並行陣の後衛でゲームメイク!

ダブルスの後衛の仕事は、まずはゲームメイク。

しっかり前衛を活かす為に、自分からはミスをせずに相手の攻撃にしっかり耐えることが大事になります。

その意味でも、今回のようなリターンをロブボレーで展開していく意識は、大事。

攻撃しているようで、実はこれが「逃げ」の戦術でもある。

相手の術中にはまらない為にも、足元のボールからの展開はバリエーションを多く持っておきましょう。

 

若手の学生ペアが、ベテランペアにやられていく・・・ときって、大抵こんなパターンです。

良い攻撃はしているんだけど、上手く逃げられている。

サーブ&ボレーでの、守備力が高い選手はやはりダブルスに強いです。

難しく考えず、「足元に沈められて前に来られたら、上に逃げれば良いんだ!」ということを、意識してみて下さい。

きっと並行陣、もっと楽にプレーできますよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  4. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    インドアコートの試合では、「高いロブは打てない」のを活かすには?

    アナタ自身、本気で勝ちたい試合。きっと、年に数回はありますよね…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

    私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。どこかに…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
  2. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイン…
  4. テニス 構え

    ロブ

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていく方法
  5. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう
PAGE TOP