テニス ダブルス

ロブ

スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。

いきなりリターンから、というのも試合では有効な作戦。

でも、つい力が入ってアウトしたり、打点がブレてガシャってしまうこともあるでしょう。

正確に、良いロブを打ちたい。

そう考えると、みなさん、打ち方はこれでいきましょう!

 

スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

 

1.顔とラケットの距離を近づけてみよう

サーブだと少し怖いですが、踏み込んでいく良いきっかけになる。

スライスロブ、を打つときに、ぜひ顔とラケットを近づけて欲しい。

打点と顔が30cmくらい、それ以上は離れない。

これくらい近いと、まず当たり損ないは減る。

正確にロブを打てるようになります。

キーワードは、「コツン」と当てること。

決して、腕で大振りしないのがポイントです。

 

2.腕を大きく振っても、良いロブは打てない

本当に、腕の振り幅は小さい、無いに等しい。

腕を大きく振っても、良いスライスロブは打てません。

しっかり打点をコンパクトに、身体全体を近づけていく。

私なんて、本当に前に踏み込んでスライスロブリターン、を打つので、実は前衛はもう目の前くらいにいる感覚なんですよね。

だからこ、コツンと当てる感じで充分。

イメージは、相手の頭の上にボールをセットしてあげる感じ。

これで充分、良いロブを打てるはずです。

 

3.相手前衛の上に、小さい的を作っておこう

相手の前衛の、2メートル上に的を作る。

そこに、コツンと当ててボールをセットする。

それだけで、スライスロブは充分です。

丁寧にボールをセットする、と思ったら、ほぼボレーみたいな感覚じゃないですか?

だからこそ、やることってすごくシンプルなんですよね。

相手の頭上の的、にセットするだけ。

これで良いロブは完成です。

 

4.大事なのは、ロブの次の動き

ロブはあくまで、相手を崩すボール。

だからこそ、大事なのは次です。

ロブを打つこと、はサクッと終えて相手の頭上を抜く、そして前に出る、プレッシャーをかける。

ロブを打つことに精一杯、になっていると試合では使えない。

ある程度の精度で打てば、触られても怖くないですからね。

相手が崩れている、その状態を連続攻撃で崩していく。

このイメージを持って、コツンと打っていきましょう。

 

スライスロブ、みなさんラケットを動かし過ぎ。

しっかり顔の近くで、コンパクトに。

コツンと当てても、良い確度でボールが飛びさえすれば良いロブになる。

コツンと当てる確度、一緒に探していきませんか?

この確度さえ身に付ければ、ダブルスのレベルはグッと上がるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?

    ダブルスの試合の、最初のリターン。デュースサイドで、みなさんな…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  3. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  4. ロブ

    スライスロブ、と見せかけて…

    試合でも使えるし、相手を揺さぶる良いショットになるのがロブ。…

  5. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リター…

  6. ロブ

    ロブ禁止で、ダブルスやってみない?

    これは、特に女子ダブルスのみなさんへの提案です。つい、ロブ頼…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
  2. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  4. テニス コントロール

    ストローク

    自分の打ったボールで、「相手の選択肢をどう狭めるか?」を考えると、連動性があるプ…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!
PAGE TOP