テニス ボレー

ストローク

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

ネットに出て来た相手には、足下を狙う。

テニスにおける鉄則ですよね。

試合の中ではある程度沈めておけばOKですが、もっともっと、進歩させていきたい。

本当に返球し辛い、ボレーし辛い足下ってどこなのか。

こういう考えを持っている人は、どんどん強くなります。

 

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

 


 

1.普通に足下だと・・・返される

足下、と一言で言っても様々。

受け取り方も人によって違うでしょう。

膝より下が足下、と考えている人もいれば、腰より下をザックリ足下、と思っている人もいる。

どちらも、確かに沈められると厳しいですが、それでも返球には慣れた場所だと思いませんか?

普通の足下、なら返球される。

こう考えておいて、損は無いですよ。

 

2.ハーフボレーさせてこそ、こちらにチャンスが来る!

出来れば、ハーフボレーさせたい。

相手に、ノーバウンドボレーはさせたくないんです。

ネットから2メートル以上離れた位置、でのボレーなら、積極的に狙って良いと思います。

相手の前で、バウンドさせる。

こういうボールを、しっかりと処理出来る選手は少ないですから。

足下を狙うんじゃなくて、もっと手前を狙う。

ちょっと怖いですけどね。

必要なのは、「ボールの遅さ」です。

 

3.速いボールは、相手に届いてしまう

実際に、沈めるボールでも速いボールは相手にノーバウンドで届きます。

だから、返球されてしまう。

チャンスで足下に打ち込んでいるつもりが、相手にとって返しやすいボールになっていることはよくあります。

必要なのは、遅いボール。

スライスでもスピンでも、相手の手前で失速して、バウンドする。

こういうボールは、試合で有効です。

リターンでもストロークでも、相手の前に落とすという意識ですね。

そこからチャンスを引き出して、攻撃していくのが効果的でしょう。

 

4.足下でエース、は必要無い

私も、あくまでチャンスメイクが狙いでプレーしています。

相手の足下、に打ってチャンスを引き出す。

エースを狙ったら、伸び過ぎてアウトか直線的過ぎてネットにかかるのがオチ。

ボレーヤーの足下狙いでミス、なんて相手の思うツボ。

遅いボールでバウンドさせて、泳がせる。

これを狙っていきましょう!

 

ハーフボレーは、なんだかんだで難しい。

特に試合で緊張感のある場面では、打たせることが有効です。

低いボールは、速くは打てない。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る

    風が強い日の試合、相手も自分もなかなか苦しいですよね。いつも通…

  3. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えましょう

    深く入って来るストローク、アナタ自身、しっかり返球出来ていますか?…

  5. ストローク

    片手バックハンドでパワーが欲しければ、アノ裏ワザしかない

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。これについて…

  6. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやっ…
  2. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  4. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
  5. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です
PAGE TOP