テニス ボレー

ストローク

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

ネットに出て来た相手には、足下を狙う。

テニスにおける鉄則ですよね。

試合の中ではある程度沈めておけばOKですが、もっともっと、進歩させていきたい。

本当に返球し辛い、ボレーし辛い足下ってどこなのか。

こういう考えを持っている人は、どんどん強くなります。

 

本当に厳しい足下、狙いはどこが良い?

 


 

1.普通に足下だと・・・返される

足下、と一言で言っても様々。

受け取り方も人によって違うでしょう。

膝より下が足下、と考えている人もいれば、腰より下をザックリ足下、と思っている人もいる。

どちらも、確かに沈められると厳しいですが、それでも返球には慣れた場所だと思いませんか?

普通の足下、なら返球される。

こう考えておいて、損は無いですよ。

 

2.ハーフボレーさせてこそ、こちらにチャンスが来る!

出来れば、ハーフボレーさせたい。

相手に、ノーバウンドボレーはさせたくないんです。

ネットから2メートル以上離れた位置、でのボレーなら、積極的に狙って良いと思います。

相手の前で、バウンドさせる。

こういうボールを、しっかりと処理出来る選手は少ないですから。

足下を狙うんじゃなくて、もっと手前を狙う。

ちょっと怖いですけどね。

必要なのは、「ボールの遅さ」です。

 

3.速いボールは、相手に届いてしまう

実際に、沈めるボールでも速いボールは相手にノーバウンドで届きます。

だから、返球されてしまう。

チャンスで足下に打ち込んでいるつもりが、相手にとって返しやすいボールになっていることはよくあります。

必要なのは、遅いボール。

スライスでもスピンでも、相手の手前で失速して、バウンドする。

こういうボールは、試合で有効です。

リターンでもストロークでも、相手の前に落とすという意識ですね。

そこからチャンスを引き出して、攻撃していくのが効果的でしょう。

 

4.足下でエース、は必要無い

私も、あくまでチャンスメイクが狙いでプレーしています。

相手の足下、に打ってチャンスを引き出す。

エースを狙ったら、伸び過ぎてアウトか直線的過ぎてネットにかかるのがオチ。

ボレーヤーの足下狙いでミス、なんて相手の思うツボ。

遅いボールでバウンドさせて、泳がせる。

これを狙っていきましょう!

 

ハーフボレーは、なんだかんだで難しい。

特に試合で緊張感のある場面では、打たせることが有効です。

低いボールは、速くは打てない。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識

    皆さんは利き腕、どちらでしょう?右利きの方も左利きの方も、基本…

  2. テニス メロブ

    ストローク

    「自分のボールは良い場所にコントロール出来る」で考える癖を

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?

    相手を走らせて、完全にコートから追い出したとき。後は決めるだけ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  5. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?

    試合の中で、コースを打ち分ける時に。上手い人は、ほとんど同じフ…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

    テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。これって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
  2. ストローク

    「バウンドする頃には・・・」構えてももう遅い!テニスのストロークでは致命的なこの…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝
  4. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
  5. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り…
PAGE TOP