テニス フットワーク

ストローク

フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

皆さんの周りには、「やたらと足が速くて、フットワークが良い選手」いませんか?

今の錦織選手のコーチであるマイケル・チャン選手は、まさにそうでした。

コート上を走らせたら、ピカイチの速さと持久力。

ですが、その速さを活かすも殺すも、実はフォーム次第。

もしアナタ自身がフットワークに自信があるなら、ぜひ意識して欲しいのがこのポイントです。

 

フットワークが良く足に自信がある選手は、「コンパクトなフォーム」を身に付けると、強みを活かせる!

 


 

■足が速いだけでは、テニスの守備力は高まらない。

テニスはただ、ボールに追い付ければ良い、という競技ではない。

当たり前ですが、追い付いてしっかり返球しないといけない。

そしてまた次のボールに備える。

この繰り返しの動作を活かすには、ただ足が速いだけでは難しい。

打ち終わり、がシンプルなコンパクトなフォームに仕上げていくことが大事です。

 

■テニスはボールがガットから離れた瞬間に、次への準備が始まる

テニスはとっても忙しいスポーツ。

攻撃も守備も、シングルスなら自分一人で全部こなさないといけない、隙を見せて良い瞬間なんて無い。

特に打ち終わり、のタイミングで隙が生じやすいのはテニスの怖いところ。

打ち終わった後に、大きく態勢を崩しているような選手は、いくら足が速くても次への反応が遅くなる。

シンプルに打ち終わって次への動作を速くする、にはどうすれば良いのか考えましょう。

 

■自分のストロークの「打ち終わりポイント」はどこなのか?

フィニッシュの形、をいつも一定にする。

ストロークでコンパクトなフォーム、安定している選手はコレが出来ています。

打ち終わった後のラケット、が収まる場所はどこですか?

右利きのフォアハンドであれば、左肩前で左手でラケットをキャッチ、するイメージ。

片手バックハンドの方であれば、どうしても打ち終わりは両手が離れて胸を張ったような感じになりますよね。

だからこそ、打ち終わりと同時にすぐ構えなおしていく、両手でラケットを持つ態勢に戻す、ことが大事になってきます。

 

速く動いて素早く振り抜く、そして打ち終わった態勢から構えなおす。

この繰り返しが、テニスの基本となるストローク。

足が速いのに粘れない、選手はどこか無理したフォームになっていて構え直せていない。

追い付いてもバランスが悪い選手は、打ち方以前にその前の動作に問題があるケースが多い。

ぜひ、自分の打ち終わりからの次への動作、スムーズに出来ているかどうかを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる

    試合の中で、ストロークミスが多い人。は、そもそも打点がおかしい…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

  3. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう

    スライス系のショットは「伸び」が武器となる。もともとパワーショ…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です

    シングルスでもダブルスでも、ドロップショットは使いたい。特に、…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は…
  2. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  3. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているの…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  5. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実につ…
PAGE TOP