テニス ボレー

ボレー

「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

前衛のボレーでもなく、後衛のストロークでもない。

テニスでは、前衛と後衛の間でプレーするような場面も多い、ですよね。

中でも「ストロークで打てるけど、あえてボレーでカットして前に出る」ようなプレーが上手くなると、どんどん試合は楽しくなる。

今回は、意外と使う機会の多い「カットボレー」についてまとめてみました。

 

「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう

 


 

1.カットボレーは、学生の皆さんにこそ覚えて欲しい

ボレーと言えば、ネット近くでバン!と打つのが基本、と思っている方多いですよね。

間違いではありません・・・が、それだけでも勝てないのがテニスです。

特に、緩くて高いポワーンとしたボール、下がってストロークしてばかりだと、どうですか?

結局最後下がり切れずに、返球出来ないようなケースも多いですよね。

身長が低い選手や、強烈なスピンを打って来る相手だと厳しいはずです。

だからこそ、ノーバウンドでサービスライン付近でカットする、ボレーでカットしてそのまま前に出るような発想、が必要なんです。

 

2.スライス回転をかけて、前に押し出してみよう

スライス回転をかけるボレー、皆さん練習出来てますか?

上半身から横向きを作って、しっかりボールの後ろから下を捕らえて前に押し出していく。

そのまま自分も前にポジションを移していくので、流れるようなフットワークを意識していきましょう。

コツとしてはしっかり横向きで、ボールを見て打点に顔を残すこと。

あとは、腰から肩の高さくらいで打てる場所に、自分から入っていくことが大事でしょう。

まずはやってみる勇気、心意気からですね!

 

3.ストロークをつないでくる相手を、ビビらせてみよう!

発想としては、こんな感じです。

つないでくる相手に対して、それをさせない。

相手は長いラリー、ストロークで打ち合おうとしてるけど・・・あえて、ボレーで打って入っていく。

きっと慌ててくれるはずです。

更にその後、前に出ている相手に対してプレーする訳ですからね。

その光景をアナタ自身が「作って見せる」ことが大事です。

きっと、ストロークが得意な相手ほど、効果がある作戦だと思いますよ。

 

シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも、後ろで打ち合って未来が無い、ということは多々あります。

そんなときに、1回こういう作戦を実行すると、相手はかなり意識してくれる。

「また前に出られるかも・・・」と思って、不安になってつなぎ球が打てなくなる。

そうすることで、試合はアナタの方に流れが来るはず。

ぜひ、カットボレー磨いてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーの打点は、パントマイム発想で身体だけターンで完成!

    ボレーの打点が、どうしても後ろになって来る人。試合で力んでしま…

  4. ボレー

    ロブのカット、コースに一工夫を

    相手のロブを、ハイボレーでカットする。このカットしてつなげる…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  6. ボレー

    今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

    試合の中で、ボレーのミスが多い方に。特にダブルスでは、この差…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「正面担当でペアと仲良くダブルスを」基本を理解すれば、もっとダブルスの試合は勝て…
  4. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと
PAGE TOP