テニス 観察眼

戦術

「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。

それは、あくまで結果論。

私が思うに、身体が覚えるということは、条件反射出来るようになるということ。

 

「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

 


 

1.理解出来れば、反応出来る

テニスの試合、大事なことは何か。

それは、「知っている」ということ。

知っているかどうか、というのは非常に大事なポイントです。

知っているといことは、「理解出来ている」ということ。

この差って、すごく大きいですよ。

テニスの基本、セオリーを、自分の中で確認出来てるということですからね。

 

2.セオリーは理解しないと、何の意味も無い

ただ教えられるだけ、なんてつまらない。

テニスが強くなる人って、良い意味でのこの感覚があるんですよね。

セオリーと呼ばれる戦術を、どこかで疑ってかかっている。

自分の中で納得出来る戦術にする為に、練習から試して理解していくこと、その姿勢がある。

セオリーは理解して、自分のものにしないと意味が無い。

ただ教わるだけ、という姿勢こそ、成長を遅くしてしまう一番の要因。

「身体が覚えるまで」と、ただ数をこなすだけに必死になってはいませんか?

 

3.数や時間を費やしても、テニスは強くなれない

練習時間が長ければ、強くなれるのか。

それは、難しい問題です。

私はたくさんのジュニアも見て来ましたが、非常に長い時間練習出来る恵まれた環境の中にいても、強くなるとは限らない。

「鍛えられているな」とは感じますが、そこに主体性を感じないんですよね。

ここまで時間をかければセオリーは身に付くかも知れませんが、私たち大人は、もっと楽に出来る。

数学の公式のように、理解してしまえば良い。

全てのセオリー、戦術には、その理由がありますから。

それは考えれば身に付くこと、いわば当たり前のこと。

何も難しい理論ではない、と思えばすごく楽です。

ぜひ、みなさんも一度、コートを離れて考えてみて下さい。

 

4.「自分のルール、セオリー」を作る時期です

テニスにおける、自分の流儀。

これを、いかに突き詰めて作れるかどうか。

私は、みなさんもそろそろその時期、に来ていると思います。

試合に出続けるには、やはり自分なりの戦術って必要じゃないですか。

基本となるセオリーは、みんな知っているし、使って来る。

それだけじゃ勝てない、何かを昇華させていかないと、テニスは面白くない。

そして、試合にも勝てないんです。

 

身体が覚えるくらい、いつも自分の何かの戦術、流儀がある。

基本を覚えたら、どんどん自分なりに昇華していく、カスタマイズしていく。

このT-PRESSで書いている内容も、私自身が変えて来たこと、それから見てきて感じたこと、盗んだことです。

あとのこの先はみなさん次第、です。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  2. 戦術

    ダブルスの試合で有効な、「2球連続前衛攻撃」とは?

    ダブルスの試合で、前衛を攻撃していく。これは、みなさんも出来る…

  3. テニス サーブ

    戦術

    サービスキープに、プライドを

    いつの間にか、自分の中で失っているもの。私は何度も、「リターン…

  4. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い方は・・・?

    もうすぐ各地区では、高校生なら秋の地方大会が始まる。春の全国選…

  5. テニス ストローク

    戦術

    アプローチショットに必要なのは、絶対にコレ

    アプローチショット、打って前に出るショット。ネットプレーにつな…

  6. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?

    テニスの試合、みなさん感じるところはありませんか?粘ってくる相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単
  2. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要
  3. テニス テニスボール

    メンタル

    テニスの試合、ポイントは「取り返そう」と思うのではなく、「自分の印象を活かす」方…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイン…
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
PAGE TOP