テニス 観察眼

戦術

「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。

それは、あくまで結果論。

私が思うに、身体が覚えるということは、条件反射出来るようになるということ。

 

「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

 


 

1.理解出来れば、反応出来る

テニスの試合、大事なことは何か。

それは、「知っている」ということ。

知っているかどうか、というのは非常に大事なポイントです。

知っているといことは、「理解出来ている」ということ。

この差って、すごく大きいですよ。

テニスの基本、セオリーを、自分の中で確認出来てるということですからね。

 

2.セオリーは理解しないと、何の意味も無い

ただ教えられるだけ、なんてつまらない。

テニスが強くなる人って、良い意味でのこの感覚があるんですよね。

セオリーと呼ばれる戦術を、どこかで疑ってかかっている。

自分の中で納得出来る戦術にする為に、練習から試して理解していくこと、その姿勢がある。

セオリーは理解して、自分のものにしないと意味が無い。

ただ教わるだけ、という姿勢こそ、成長を遅くしてしまう一番の要因。

「身体が覚えるまで」と、ただ数をこなすだけに必死になってはいませんか?

 

3.数や時間を費やしても、テニスは強くなれない

練習時間が長ければ、強くなれるのか。

それは、難しい問題です。

私はたくさんのジュニアも見て来ましたが、非常に長い時間練習出来る恵まれた環境の中にいても、強くなるとは限らない。

「鍛えられているな」とは感じますが、そこに主体性を感じないんですよね。

ここまで時間をかければセオリーは身に付くかも知れませんが、私たち大人は、もっと楽に出来る。

数学の公式のように、理解してしまえば良い。

全てのセオリー、戦術には、その理由がありますから。

それは考えれば身に付くこと、いわば当たり前のこと。

何も難しい理論ではない、と思えばすごく楽です。

ぜひ、みなさんも一度、コートを離れて考えてみて下さい。

 

4.「自分のルール、セオリー」を作る時期です

テニスにおける、自分の流儀。

これを、いかに突き詰めて作れるかどうか。

私は、みなさんもそろそろその時期、に来ていると思います。

試合に出続けるには、やはり自分なりの戦術って必要じゃないですか。

基本となるセオリーは、みんな知っているし、使って来る。

それだけじゃ勝てない、何かを昇華させていかないと、テニスは面白くない。

そして、試合にも勝てないんです。

 

身体が覚えるくらい、いつも自分の何かの戦術、流儀がある。

基本を覚えたら、どんどん自分なりに昇華していく、カスタマイズしていく。

このT-PRESSで書いている内容も、私自身が変えて来たこと、それから見てきて感じたこと、盗んだことです。

あとのこの先はみなさん次第、です。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている

    最近改めて、感じることがあります。きっと、昔よりも、学生やベテ…

  2. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事

    試合が進んでいく中で、少しずつリード出来た場面。普通の人は、絶…

  3. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

    テニスの試合、リードして、されての繰り返し。つい、リードされた…

  4. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

  5. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「なんでこんなコースまで練習?」の答えとは?

    テニススクールでは、「なんでこんな技術、練習?」という疑問、を持つ方も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 確率

    スマッシュ

    壁打ち練習でスマッシュを上手くなる為の、「ロブ対スマッシュの壁の使い方」について…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手に舐められないように・・・」と考えるより、逆のほうが良く…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
  4. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    トーナメントを勝ち抜く上のレベルで絶対必要!「テニスにおける、フェイトの技術」を…
PAGE TOP