戦術

「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。

「練習は試合のように、試合は練習のように」。

言葉にするのは簡単ですが、具体的に行動に興して、実力を養えるかどうかはアナタ次第。

そこで今回は、この格言を実行するために意識したいコツを、私なりにまとめてみました。

 

「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

 


 

1.適度な目標設定

自分が頑張れば、「ここまでは辿り着けるだろう」という目標、大事。

何も浮かばない・・・という人は、私からの提言。

まずは出る大会で、ベスト8、これを目指しましょう。

小さい大会でも大きい大会でも良い、とにかく半年後、くらいの大会でイメージしてみる。

その為には、何回勝たないといけない、どれくらいの実力の相手を倒さないといけない・・・というのが、イメージ出来るはずです。

このイメージがあれば、自然と試合と練習が近付いていくはずです。

 

2.練習から勝った負けた、を意識する

練習でも、しっかり勝敗を意識する。

ポイント練習でも、自分が勝ったのか負けたのか、をしっかり覚えておく。

負けたなら、その改善の為にどうするのかを考える。

考えて変えていく、というのを練習で出来ていれば、自然と試合の現場でも修正力が身に付くでしょう。

試合は「自分の実力を試す場」ですが、出せないときには修正していく場、でもあります。

 

3.同じメンバーとばかり練習をしない

これはなかなか、難しい問題かも知れませんが、大事なこと。

しっかり自分から外の選手と、なるべく練習する機会を求める。

試合では、初めて会う相手との対戦も多いし、普段打ち合っていない人と、打ち合う。

そう考えると、同じ相手との練習ばかりだと、それに慣れて、他のテニスに対応出来なくなる。

部活で、しかも地方の学校だと難しいことも多いでしょうが・・・自分なりに考えて、工夫してみましょう。

 

4.試合こそ、練習のようにラリーをしようと意識してみる

私はいつも、この意識から入る。

試合って、早くポイントを終わらせようとし過ぎて、自滅してしまうケースが多い。

ラリーする、練習のようにまずはしっかり、呼吸を合わせて継続させていくことが大事。

結果的に、相手がミスしてくれてリード出来ることが多いので、お勧めです。

練習のように試合って、こんな小さいことから変わるのです。

 

言葉だけじゃ変わらない部分もありますが、ちょっとしたコツはまだまだたくさんあります。

結局は、試合も練習も、やることはテニス、変わらない。

大きく違うと意識しても、損するだけかも知れません。

試合も練習も、どんどん近付けていく意識を持ちましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. 戦術

    主語を変える、ということ

    テニスが強くなりたいなら、これが必要。何度か記事でも書いて来…

  2. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない

    テニスは上手そうなのに、試合で結果が出ない人。みなさんの周りで…

  3. 戦術

    コートと喧嘩しちゃ、試合に勝てない

    「あ、この試合は勝ったな」と思う瞬間。色々ありますが、私は相…

  4. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい

    たくさんの記事を読んで来て、みなさんも感じていることじゃないでしょうか…

  5. 戦術

    テニスにおける、状況判断のコツ

    テニスは、状況判断のスポーツ。これが理解出来ると、試合は一気…

  6. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです

    皆さんが試合をする相手は、どんな相手でしょう?草大会やオープン…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
  2. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう
  4. テニス 調子

    戦術

    テニスの試合においては、「同じプレースタイルの格上相手」が一番戦い辛い
  5. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考え…
PAGE TOP