戦術

「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。

「練習は試合のように、試合は練習のように」。

言葉にするのは簡単ですが、具体的に行動に興して、実力を養えるかどうかはアナタ次第。

そこで今回は、この格言を実行するために意識したいコツを、私なりにまとめてみました。

 

「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

 


 

1.適度な目標設定

自分が頑張れば、「ここまでは辿り着けるだろう」という目標、大事。

何も浮かばない・・・という人は、私からの提言。

まずは出る大会で、ベスト8、これを目指しましょう。

小さい大会でも大きい大会でも良い、とにかく半年後、くらいの大会でイメージしてみる。

その為には、何回勝たないといけない、どれくらいの実力の相手を倒さないといけない・・・というのが、イメージ出来るはずです。

このイメージがあれば、自然と試合と練習が近付いていくはずです。

 

2.練習から勝った負けた、を意識する

練習でも、しっかり勝敗を意識する。

ポイント練習でも、自分が勝ったのか負けたのか、をしっかり覚えておく。

負けたなら、その改善の為にどうするのかを考える。

考えて変えていく、というのを練習で出来ていれば、自然と試合の現場でも修正力が身に付くでしょう。

試合は「自分の実力を試す場」ですが、出せないときには修正していく場、でもあります。

 

3.同じメンバーとばかり練習をしない

これはなかなか、難しい問題かも知れませんが、大事なこと。

しっかり自分から外の選手と、なるべく練習する機会を求める。

試合では、初めて会う相手との対戦も多いし、普段打ち合っていない人と、打ち合う。

そう考えると、同じ相手との練習ばかりだと、それに慣れて、他のテニスに対応出来なくなる。

部活で、しかも地方の学校だと難しいことも多いでしょうが・・・自分なりに考えて、工夫してみましょう。

 

4.試合こそ、練習のようにラリーをしようと意識してみる

私はいつも、この意識から入る。

試合って、早くポイントを終わらせようとし過ぎて、自滅してしまうケースが多い。

ラリーする、練習のようにまずはしっかり、呼吸を合わせて継続させていくことが大事。

結果的に、相手がミスしてくれてリード出来ることが多いので、お勧めです。

練習のように試合って、こんな小さいことから変わるのです。

 

言葉だけじゃ変わらない部分もありますが、ちょっとしたコツはまだまだたくさんあります。

結局は、試合も練習も、やることはテニス、変わらない。

大きく違うと意識しても、損するだけかも知れません。

試合も練習も、どんどん近付けていく意識を持ちましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  2. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  3. テニス スライス

    戦術

    相手をしっかり崩しているのに、「決められない」のはなぜ?

    テニスの試合、これに悩んでいる方は多いんじゃないでしょうか。綺…

  4. 戦術

    死んだボールは、打ち込まない

    みなさんも試合の中で、経験があるじゃないでしょうか。相手の死…

  5. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  6. テニス ストローク

    戦術

    コースを狙うショットは、全て回転をかけて打てるようになろう

    テニスが上手い、強い人は、なんであんなにコントロールが良いんだろう。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
  2. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合
  3. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で
  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
PAGE TOP