テニス ボレー

戦術

テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できているだろうか?

私も、つい言葉を混同してしまう・・・ので、反省の意味を込めて。

言葉の定義って、大事です。

皆さんも、自分でテニスノートを書いたりイメージする際に、この2つの似たような言葉、意識して使い分けましょう。

そうすることで、より作戦も具体化出来て準備しやすいはずです。

 

テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できているだろうか?

 

1.戦略は全体の方針、戦術は具体策、と定義したい

私は、改めてこう定義したいと思います。

「戦略」は全体の方針、つまりは事実と背景をしっかり確認して決めた方向性。

例えば次の対戦相手が、「身長は低い」「足が速い」「スタミナがある」「ネットプレーは苦手」という事実を踏まえて、どういう方向性の試合にしていくか、を決めるのが戦略。

まずは相手をベースラインから引っ張り出す、サーブは強くないからリターンゲームは攻撃的にいく、などですかね。

「戦術」はもっと具体策に落とし込んだ部分、です。

具体策とは、例えばリターンゲームは「セカンドサーブならネットダッシュ、そしてドロップボレー」という感じで、具体的にショット別に落とし込む。

ここまでイメージ出来ていれば、現場での迷いはないですよね。

 

2.みんな「戦略」を抜かして独りよがりな「戦術」ばかり

ほとんどの人は、いつも同じ独りよがりの「戦術」しか準備できていない。

自分のテニスは、「こうだから!」と決めつけて、毎回違う相手に同じようなテニス。

これでは勝てる試合が少なくなって当然。

まずは、相手ごとに「戦略」で方向性を考えていくところから始めましょう。

実際の試合では、初見の相手といきなり試合になります。

1~3ゲーム目くらいまでは、戦略を立てる材料を集めないといけませんよね。

その後に戦術、でも遅くはないはずです。

 

3.「戦略」の方向性は、間違っていても全然大丈夫!

実際には、身長が低いのにサーブが得意な相手もいれば、意外にネットプレーが得意な相手もいる。

だからこそ、アナタ自信の戦略は100%合っていなくて大丈夫、まずはしっかり「戦略を立てる」ことが大事。

戦術は実際にはアナタの武器、が中心になりますから、ここに落とし込んでいくのは速いはず。

みんな、試合の現場で「うーん・・・どうしよう・・・」と考えながら、試合が進んで負けてしまう。

戦略を決断して、戦術を実践していく!

試合で必要なのは、これだけです。

 

難しいような言葉でも、まずは意識して使っていきましょう。

この2つの言葉、テニスノートで意識して書き加えるようにしてみて下さい。

使っているうちに、アナタの身体とテニス、脳に馴染んで来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    ある程度攻めて来る相手の方が戦いやすい、だから・・・?

    テニスの試合、みなさん感じるところはありませんか?粘ってくる相…

  2. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  3. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!

    皆さん、よく考えて欲しいポイント。やっぱり、失敗は怖い・・・で…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識は凄く大事

    テニスのルール。皆さんも試合中、ほとんど意識することは無いです…

  5. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも…

  6. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になることです

    試合に出て悔しい想いをするたびに、「勝てる選手」になりたい、と誰もが思…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    片脚が少しだけ浮いている状態、の方がボレーは打ちやすい
  3. テニス ダブルス

    その他

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
  4. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
  5. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
PAGE TOP