テニス ボレー

戦術

テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できているだろうか?

私も、つい言葉を混同してしまう・・・ので、反省の意味を込めて。

言葉の定義って、大事です。

皆さんも、自分でテニスノートを書いたりイメージする際に、この2つの似たような言葉、意識して使い分けましょう。

そうすることで、より作戦も具体化出来て準備しやすいはずです。

 

テニスにおける戦略と戦術、この2つの違いを理解できているだろうか?

 

1.戦略は全体の方針、戦術は具体策、と定義したい

私は、改めてこう定義したいと思います。

「戦略」は全体の方針、つまりは事実と背景をしっかり確認して決めた方向性。

例えば次の対戦相手が、「身長は低い」「足が速い」「スタミナがある」「ネットプレーは苦手」という事実を踏まえて、どういう方向性の試合にしていくか、を決めるのが戦略。

まずは相手をベースラインから引っ張り出す、サーブは強くないからリターンゲームは攻撃的にいく、などですかね。

「戦術」はもっと具体策に落とし込んだ部分、です。

具体策とは、例えばリターンゲームは「セカンドサーブならネットダッシュ、そしてドロップボレー」という感じで、具体的にショット別に落とし込む。

ここまでイメージ出来ていれば、現場での迷いはないですよね。

 

2.みんな「戦略」を抜かして独りよがりな「戦術」ばかり

ほとんどの人は、いつも同じ独りよがりの「戦術」しか準備できていない。

自分のテニスは、「こうだから!」と決めつけて、毎回違う相手に同じようなテニス。

これでは勝てる試合が少なくなって当然。

まずは、相手ごとに「戦略」で方向性を考えていくところから始めましょう。

実際の試合では、初見の相手といきなり試合になります。

1~3ゲーム目くらいまでは、戦略を立てる材料を集めないといけませんよね。

その後に戦術、でも遅くはないはずです。

 

3.「戦略」の方向性は、間違っていても全然大丈夫!

実際には、身長が低いのにサーブが得意な相手もいれば、意外にネットプレーが得意な相手もいる。

だからこそ、アナタ自信の戦略は100%合っていなくて大丈夫、まずはしっかり「戦略を立てる」ことが大事。

戦術は実際にはアナタの武器、が中心になりますから、ここに落とし込んでいくのは速いはず。

みんな、試合の現場で「うーん・・・どうしよう・・・」と考えながら、試合が進んで負けてしまう。

戦略を決断して、戦術を実践していく!

試合で必要なのは、これだけです。

 

難しいような言葉でも、まずは意識して使っていきましょう。

この2つの言葉、テニスノートで意識して書き加えるようにしてみて下さい。

使っているうちに、アナタの身体とテニス、脳に馴染んで来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず

    皆さんは、何かコンプレックスに感じていることはありませんか?身…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

    「周辺視野」という言葉を、皆さんも聞いたことがあると思います。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い

    「この人、見かけに寄らないな・・・」と、思うこと、皆さんもありますよね…

  4. テニス シングルス

    戦術

    相手に自滅を促す戦い方は、究極の体力温存法

    テニスの試合で、「楽に勝てたな・・・」という試合、皆さんも経験あるはず…

  5. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事

    試合の中で、動いて試して、それでも勝てなかった試合。これは、間…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で必要な、「ワイドへのサーブとシンプルなボレー」の組み合わせは、…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点を知れば、楽に攻撃出来…
PAGE TOP