テニス 計算

戦術

テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。

この違いはどこにあるんでしょうか?

技術力の差・・・で片づけることが出来ない問題が、そこにはある。

私は経験上、チャンスを決めることが出来るようになるには、「逆算力」がテニスにも必要だと思っています。

 

テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

 


 

■「逆算力」とは?

結論からその過程を導き出す、と難しく書けばこんな感じでしょうか。

ボレーでポイントを獲りたいなら、まず浅いボールを相手から引き出したい。

アプローチショット、相手をコート外に追い出すようなショットを打ちたいですよね。

浅いボールを引き出すなら、まず自分が深いボールや相手のラケットの芯を外す、ようなボールが必要。

弱点を探る為には、前後左右、あらゆる場所にアナタ自身がボールを打てないと、浅いボールは引き出せないですよね。

つまりはオールラウンドな技術が必要、ということになります。

 

■「チャンスを引き出す」のは全て計算通りになっているか?

相手がチャンスをくれる、というのがアナタの想定外であってはならない。

急にチャンスが来た!と感じると、それはもはやチャンスでは無いでしょう。

しっかり自分で描いたシナリオ通り、逆算した通りのボールが来れば、いつも通りのショットが打てる。

結果的にポイントが獲れる。

これこそテニスにおける良い流れ、だと私は考えます。

 

■自分のフィニッシュパターンから、逆算してみよう

アナタ自身の武器、最後にポイントを獲れるショットは何でしょうか?

それは相手に触られない、エースでなくて良いんです。

結果的にミスしてくれるような、プレッシャーを感じれるようなショットが良い。

ショットだけでなく、前に詰めることでプレッシャーをかける、というのも立派なフィニッシュですよね。

自分の型が見えてくれば、そこに相手をどう導くか。

ぜひ自分なりに整理して、まとめてみて下さい。

 

テニスの醍醐味は、相手をどう「料理」するか。

強い相手では太刀打ちできない?

それはやってみないと分かりません。

大事なのは、自分がポイントを「どう着地させたいのか?」をいつも考えること。

練習でそのための武器を、しっかり磨くこと。

試合に必要な逆算力、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから

    テニスでは準備が大事。いや、テニスに限ったことでは無いと私は思…

  2. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

    「そんなの、当たり前だろー!」みなさん、そう思いますか?…

  3. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように

    テニスの試合の面白さ、の一つは相手との駆け引き。予測して動いて…

  4. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

  5. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう

    試合の中で、まずは目の前のプレーに集中する。それは大前提です。…

  6. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて

    私は、この差はすごく大きいと感じています。試合を最後まで諦めな…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ
  3. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
  5. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
PAGE TOP