テニス 打点

戦術

「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

テニスでは、確かに実力差がある対戦もある。

それはプロ選手の試合でも学生の試合でも、草トーナメントの試合でもそうでしょう。

しかし、前にも書きましたがテニスは「ジャイアントキリング」が起きやすい種目でもある。

弱者のテニス、で必要なものは何なのか。

改めて、この視点から考えてみたいと思います。

 

「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い

 


 

■粘りは大事だけど、それだけじゃ勝てない

実力差のある試合では、まず粘ること。

ラリー回数を増やしたり、ポイント間に時間を使ったり、工夫しながら試合を進めていくことは大事です。

ですが、ただ粘っているだけじゃ試合には勝てない。

試合に出ている皆さんなら、痛いほど感じているはずです。

ただ後ろで粘る以外に、何が「弱者」である選手には必要なのか。

 

■勝つというイメージと、具体的な奇策と情報

まず、試合に勝つための準備。

準備が出来ていないでコートに立っている人は、本物の「弱者」です。

つまり、自分が弱いという認識が弱い人。

弱者が強者に勝つには、ある意味弱者のテニスに徹することが求められるのです。

準備とは、具体的な奇策と情報。

強者である相手について、出来るだけ情報を集めましょう。

対戦したことがある人と話したり、観察したり、実際の試合が始まって数ゲームはアナタ自身の情報を得るための時間。

得た情報を元に、準備しておいた具体的な作戦を繰り出していく。

テーマは、「はっきりとした奇襲」です。

 

■奇襲とは、誰の目から見ても明らかな「違うテニス」である

奇襲とは、普段アナタがやらないような思い切った作戦。

サーブ&ボレー、サーブから相手のリターンの次のボールをドロップショット、など「ハッキリ」した作戦が大事です。

強者は弱者に仕掛けられることで、何かを感じる。

相手から「本気で勝とう」という意志を感じれば、プレッシャーがかかるのは「勝って当たり前」と思われている強者の方なのです。

この段階まで、まずは試合の中で持っていけるかどうか。

「色々やって来るし、コイツ本気で俺に勝つつもりだな・・・」と思わせることが、出来るかどうか。

ただ後ろで粘って、チャンスを待つ・・・だけだと、本当に強い相手は崩せない。

自分から仕掛けてこそ、粘りも活きるのです。

 

弱者の兵法、戦い方は、どんなスポーツにもある。

私なりにいつも、テニスについてのそれを考えています。

でもこの作戦は・・・本当に自分の強さを知る、ことがまず大事。

弱者であるという自分を受け入れてこそ、強者への第一歩。

そして本当に試合に強い強者は、自分が弱者であることに立ち戻れる。

ぜひ、そんなテニス選手にアナタもなって欲しい。

私も頑張りますので、一緒に頑張りましょう、テニス。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?

    テニスが強くなるということは、良いショットが打てるようになるということ…

  2. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル

    今回アンケートを実施して、改めて感じたのは・・・すごく、40代以上の方…

  3. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう

    試合の中で、失点は避けられない。どんな名選手でもミスはするし、…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

    練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手…

  5. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

特集記事

  1. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ
  2. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、…
  4. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
  5. サーブ

    強敵相手に、セカンドサーブになったら…?
PAGE TOP