テニス メンタル

戦術

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。

そのナイスショット、自分でしっかり分析できていないと試合では辛い。

実力以上に無理にしたショットなら、何も落ち込む必要は無い。

むしろ、そこまで追い込めているのであれば、固執して崩れていってくれる可能性もありますからね。

 

テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

 


 

■相手のテニスと性格を考えてみよう

堅実なタイプか、無理してくれるタイプか。

これは、テニスにおいても性格的な部分が非常に反映されやすいことを意味しています。

「あ、シコラーかバコラーどうか、ですね?」という人もいますが、ちょっとニュアンスが違う。

我慢強いのか、それともちょっと無理してでも一気に形勢逆転を狙いたいタイプなのか。

まずはこの部分を、自分の中で相手を観察して想定を立てておく。

そして次に、客観的な実力部分を把握していきましょう。

 

■「実力以上のショット」で勝負してくる相手は怖くない

伸るか反るか、のようなショットに頼る相手は対戦してても楽。

時に偶然入るようなショットに悩まされるかも知れませんが、無理は絶対に続かない。

だからこそ、アナタ自身は「相手が無理してくれるようなシチュエーション」を増やすことに努めましょう。

前後に走らせたり、緩いスライスを混ぜたり・・・どの場面で相手が普通のショットを変えてくるのか。

変えてくるときは、どこかで無理している可能性が高いのです。

 

■ナイスショットをケアし過ぎて、大事な守備を崩さないように

私は相手の偶然のナイスショット、は捨てたい。

交通事故くらいに思って、忘れる。

むしろそこを意識し過ぎて基本の守備が壊れるのが、怖い。

守るべき基本は、きっと他にある。

たまにしか入らないショットが、たまたまポンポン入っても・・・アナタの頭は冷静に。

しっかり試合に勝つためには、一喜一憂は禁物です。

 

つい、相手の良いショットには対抗したくなる。

ですが、対抗するのもまずはじっくり腰を据えて。

しっかり客観性と作戦の根拠、持ち続けましょう。

ベースとなるのは、相手の実力をどうチェックして把握するか。

観察眼、鍛えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  2. 戦術

    試合に勝つ前段階のゴール、を設定しよう

    試合に出るからには勝ちたい、勝たないといけない。テニスの試合…

  3. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない

    T-PRESS上では、何度も書いて来ました。「準備で差が出る…

  4. 戦術

    自分が決めなくても良い、と思えたら?

    ダブルスは、強いですよね。自分が決めなくても良い、パートナー…

  5. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  6. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう

    試合で対戦していて、印象に残っている選手。みなさんの周りにも…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス
  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  3. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分…
  4. テニス 調子

    メンタル

    「嫌われるのではなく、嫌がられろ」このニュアンスを間違えると、テニス界で干されま…
  5. メンタル

    一般テニスの試合こそ、気迫は技術を凌駕する
PAGE TOP