テニス メンタル

戦術

相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。

この重要性は、何度か書いて来ました。

改めて、今回私の考えを書いておきたいと思います。

ともすれば、相手の弱点って「勝負を逃げる」ように思っている方も、多いと思います。

でも、それってちょっと違うと思うんですよね。

 

相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

 

1.相手を知り、自分を知るところからスタート

このスタート、まず切れているかどうか。

みなさん、相手と自分、どの程度知っているでしょうか。

対戦相手は、初見の相手も多いでしょうが、4ゲーム消化したくらいのタイミングである程度相手を「知る」こと。

これをしっかり「やろう!」と思って、必要性を感じて実践出来てますか?

自分を知る、ことも難しい、相手を知ることも、かなり大変。

テニス選手って、大変ですよね。

でもこれが出来れば、相手と戦う場所を選ぶことが出来るんです。

 

2.勝負を避ける、ことは試合で絶対に必要

私なんて、これしか考えていないです。

特に、最近はみんなストロークが上手い。

学生のみなさんと試合するときなんて、ストロークで勝負していても勝てないですからね。

このストローク対ストローク、は避けることが出来る。

相手を前に引っ張り出しても良いし、自分が前に出ても良い。

これが、勝負を避けるということ。

テニスの試合で、必要な発想ですよ。

 

3.「これで負けたら仕方ない」の、これが少な過ぎ

私が試合を見ていて、感じることが多いのはこれ。

プロ選手の試合、全国大会でもそうです。

「これが通じなかったら、仕方ないか・・・」と、淡泊に負けていく人が本当に多いんですよね。

「これ」って、1つか2つ、じゃないですか?

そんな幅の狭いテニスで、試合に勝とうというのが無理がある。

みなさんは、そうなって欲しくないんですよね。

これがだめならあれ、あれがダメでもまだ何かある・・・必死に、もがいて自分が勝てる場所を探していく。

そういうテニス、しぶとさが必要だと思いませんか?

 

4.相手から逃げる、のではなく勝負に徹する

これも、一種の決意ですからね。

相手を知り自分を知り、その上で自分で考えて勝負に徹する。

なかなか、上手く勝てないことも多いでしょう。

相手から逃げる、という意識よりも、勝負に徹すると考えましょう。

勝負に徹する自分が、コートで自然になるように。

相手から逃げるようで、逃げているのは自分自身ですからね。

勝とう、という強い意志があれば、きっと大丈夫。

どんどん、強くなっていけるでしょう。

 

勝負を避ける、逃げるって、ともすれば「弱気」と隣り合わせ。

でも、私は違うと思いますよ。

「強気」だからこそ、自分で選んでいけるんです。

本当に弱い人は、すぐに諦めて試合自体から逃げていく。

相手の強い部分からは、逃げても良い。

最後は勝てば良いんです、勝負に。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

    戦略を立てて、テニスの試合に挑む。これは非常に大事な考え方です…

  2. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ

    細かい技術だけど、試合で使えると「お!」となる技。スライスから…

  3. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  4. 戦術

    強くなるのに、特別感は要らない

    テニスの試合で勝ちたい、強くなって結果を出したい。きっとその…

  5. 戦術

    必ずこの相手に、どこかで上回れる

    試合をしていて、相手を見て何を感じるか。戦ってみて、厳しいな…

  6. 戦術

    弱点を補うことで、1番は目指せない

    弱点を補うのが良いのか、長所を伸ばす方が良いのか。色々なテニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?
  2. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  3. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!
PAGE TOP