テニス 錦織圭

メンタル

「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね。

既に勝負が終り、勝った人、負けた人、それぞれのインタビューを聞いていると面白い。

そこには、「自分のプレー、試合を出来た」と言っている人と、「過信があった、出来なかった」と言っている選手がいる。

アナタ自身、「自分のテニス」について、もし試合後にインタビューされたら・・・なんて答えますか?

 

「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

 


 

■「自分のテニス」とは何か?

私自身、考えてみました。

自分のテニスって、何だろう・・・と。

まずはネットプレーは得意、そして試合前の準備と観察眼、は他の人より優れているかなと思っています。

それらを組み合わせて試合に臨む訳ですが、終わってみると・・・正直分からないことも多い。

「自分のテニス」って、言葉で説明するのが本当に難しいですよね。

皆さんはどうですか?

 

■「形が無い、臨機応変さ」こそ自分のテニス

と考えると、臨機応変で形が無いことこそ、私自身のテニスなのかも知れません。

これが最高の形、とは思いませんし、人それぞれだと思います。

ですが、スポーツの世界で「自分のプレーが出来ないで、負けていく」ときって、どんなときか?

それは、自分のテニスが相手に対応され、反撃されたときに自分が対応出来なかったとき、じゃないでしょうか。

そう考えると、形ある自分のテニスを持っているってすごく危険。

特にオリンピックのような4年に1度の1発勝負、だと・・・私は怖くて試合すら出来ないかも知れません。

 

■「自分のテニス」の引き出しの多さ、意識してみよう

ですが、具体的に自分の武器や要素を確認しておくのは大事。

ネットプレーが出来ないと、試合でドロップショットを打たれてポジションを動かされるし、体力が無いと粘り強い相手との戦いは苦しい。

引き出しをしっかり多く持つ、そして相手に応じてそれを出し分ける戦術、こそアナタのテニスだと私は思います。

試合に勝つためのは、自分のある部分に固執してはだめ。

それを「やり切る」とは言わないのです。

 

自分のテニスについて考えると、どうしてもインパクトのある武器が欲しいと考えてしまう。

確かに、ビッグサーブ、フォアハンド、欲しいですよね。

でも、それが無いなら無いで、武器に出来ることもたくさんある。

一つの武器を封じられて、自分のテニスが出来ない・・・選手にだけは、皆さんになって欲しくない。

基本となるオールラウンドな技術、それから駆け引きのメンタルや準備力。

地味だと思うかも知れませんが、試合に勝てる力って地味な部分に、潜んでいるのです。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「2ポイント差がついたら守備的になる」を意識すると迷いが無くなる

    テニスの試合、勝ってるときはすごく楽しい。疲労も感じないし、何…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう

    メンタルが強い、と言われる人。試合でも強い人は、しっかりと自分…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  4. テニス メンタル
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず

    テニスだけじゃない、スポーツでのあらゆる種目において、そうでしょう。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    「ドライブボレーは難しい・・・」と思っている方は、打点の高さを意識すれば楽に打て…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習にな…
  3. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合直前の心配や不安は、9割が妄想である
PAGE TOP