テニス 錦織圭

メンタル

「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

リオオリンピックが開幕し、テニス競技は良い感じでスタートを切りましたね。

既に勝負が終り、勝った人、負けた人、それぞれのインタビューを聞いていると面白い。

そこには、「自分のプレー、試合を出来た」と言っている人と、「過信があった、出来なかった」と言っている選手がいる。

アナタ自身、「自分のテニス」について、もし試合後にインタビューされたら・・・なんて答えますか?

 

「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多いのはなぜか?

 


 

■「自分のテニス」とは何か?

私自身、考えてみました。

自分のテニスって、何だろう・・・と。

まずはネットプレーは得意、そして試合前の準備と観察眼、は他の人より優れているかなと思っています。

それらを組み合わせて試合に臨む訳ですが、終わってみると・・・正直分からないことも多い。

「自分のテニス」って、言葉で説明するのが本当に難しいですよね。

皆さんはどうですか?

 

■「形が無い、臨機応変さ」こそ自分のテニス

と考えると、臨機応変で形が無いことこそ、私自身のテニスなのかも知れません。

これが最高の形、とは思いませんし、人それぞれだと思います。

ですが、スポーツの世界で「自分のプレーが出来ないで、負けていく」ときって、どんなときか?

それは、自分のテニスが相手に対応され、反撃されたときに自分が対応出来なかったとき、じゃないでしょうか。

そう考えると、形ある自分のテニスを持っているってすごく危険。

特にオリンピックのような4年に1度の1発勝負、だと・・・私は怖くて試合すら出来ないかも知れません。

 

■「自分のテニス」の引き出しの多さ、意識してみよう

ですが、具体的に自分の武器や要素を確認しておくのは大事。

ネットプレーが出来ないと、試合でドロップショットを打たれてポジションを動かされるし、体力が無いと粘り強い相手との戦いは苦しい。

引き出しをしっかり多く持つ、そして相手に応じてそれを出し分ける戦術、こそアナタのテニスだと私は思います。

試合に勝つためのは、自分のある部分に固執してはだめ。

それを「やり切る」とは言わないのです。

 

自分のテニスについて考えると、どうしてもインパクトのある武器が欲しいと考えてしまう。

確かに、ビッグサーブ、フォアハンド、欲しいですよね。

でも、それが無いなら無いで、武器に出来ることもたくさんある。

一つの武器を封じられて、自分のテニスが出来ない・・・選手にだけは、皆さんになって欲しくない。

基本となるオールラウンドな技術、それから駆け引きのメンタルや準備力。

地味だと思うかも知れませんが、試合に勝てる力って地味な部分に、潜んでいるのです。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス センス
  2. テニス 上達

    メンタル

    追い詰められた時こそ、自分のテニスの殻を破るチャンス

    テニスの「試合」を経験していると、何が良いのか。それは、自分が…

  3. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り

    テニスって、本当にその人の性格がよく出る。みなさんも、そう感じ…

  4. メンタル

    絶対無理だよ、という鴨的な発想

    「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。ハッ…

  5. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

特集記事

  1. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝つには、「サービング・フォー・ザ・セット」を乗り越えないといけな…
  4. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーは、少しボールの下を触って山なりに
PAGE TOP