戦術

テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

ベターなポジションは、ある。

でも、これがベストという陣形やポジション、私は無いと思っています。

あれば、苦労しません。

どんな場合でも、長所と短所、強みと弱み、はある。

問題は、それを把握出来ているかどうか、が大事です。

 
 

正しいポジションに立てば、勝てる?

こう思っている人、結構多いんですよね。

私が以前に、教えていた生徒さんでも「セオリー通りに立っていたのに、なぜやられてしまったんでしょう・・・」と、真剣に質問してくる。

もちろん、自分は出来ていると考えている中でやられたので、不思議に感じるのは当然。

でも、考えてみて下さいよ。

正しいポジション、基本のポジションってみんなその対抗策も練習して来ている。

練って来ているから、厳しい攻撃が来るのは当たり前。

正しいポジションに立っても、全てが万能という訳じゃない。

それがテニスのポジショニングの基本でしょう。




問題は、知っているかどうか

この陣形なら、ここが弱い、強い。

弱いからカバーするし、強い部分は活かす。

こういう考え方が出来るかどうか、知っているかどうか、です。

これも、何が正しいということはありません。

大事なのは、アナタ自身が自分で考え、周りの人から聞いたこと、知ったことを加味して結論を出しているかどうか。

知識として持っているかどうか、はあまり意味を持ちません。

アナタ自身が結論を出して、行動に移せているかどうか、が大事です。



どこでも返せる技術、が欲しい

ベストなポジションは、無い。

そしてT-PRESSでは、どんどん前衛が動く、ポジションを変えていくテニスを推奨して来ましたよね。

だからこそ、厳しいようですが「コートのどこからでも、返せる技術」が欲しい。

デッドゾーンでのボレーも必要だし、深い位置からのスマッシュ、ネットに詰めた状態でネットタッチしないボレー。

こういうスタンス、でぜひみなさんも自分を鍛えて欲しいんです。

基本のポジションでのショットは、みなさん上手いんですよ。

でも、少しセオリーから外れたポジションになると・・・どうですか?

乱れる人が、まだまだ多いと思います。

   

弱点を意識し過ぎないこと、も大事

私は、これが大事だと思います。

テニスは結局、相手次第。

例えば並行陣でロブが怖い、弱点だと思っていても、そもそもロブを使って来る相手かどうか、はやってみないと分からない。

弱点を意識し過ぎると、カバーありきのテニスになってしまう。

これでは、ペアとして全然強さが出せないんです。

弱点は意識するけど、し過ぎない。

そうすれば、メリハリの効いたテニスが出来ると思いますよ。



出来るだけ、コートの色々な場所からショットを打つ。

デッドゾーン、サービスライン前後、からハーフボレーやドライブボレー、アナタ自身のバリエーションの中にありますか?

試合で強い人は、こういう微妙なポジションからのショットが上手い。

意識次第で、アナタも変われます。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    陽射しが強い屋外コート、での戦い方は?

    私は、昔すごく苦手でした。もともと、目が悪く眩しいのが苦手。…

  2. 戦術

    データはあくまでデータ、答えじゃない

    先日、こんな会話をする機会がありました。「データでは、相手は…

  3. テニス メンタル

    戦術

    淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き

    テニスの試合って、同じことの繰り返し。のようなこと、が多いと思…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「ここ一番」で踏ん張れる人、崩れる人

    私たちの試合は、ほとんどが短期決戦。1セットマッチ、あのポイ…

  5. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  6. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

    強い相手って、「触れない場所」に打って来る。お互いにテニスコー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスという競技で、「自分にはフォアハンドとバックバンド」、の違いがあることを再…
  2. 日々の雑記

    アドバイスは魚、釣り方を覚えないと
  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  4. テニス

    ボレー

    「ノーバウンド?ハーフボレー?どっち?」テニスのネットプレーで必要な柔軟性を考え…
  5. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう
PAGE TOP