戦術

そもそも、ドロップショットはコートの内側から

試合の中で、ドロップショットをしっかり決める。

そのためには、技術よりもポジショニングが大事。

打つ勇気も大事ですが、客観的に、成功しそうなショットに仕上げていくことが大事です。

コートの後方、ベースラインよりも後ろから打っても・・・入る気配、無いですよね。

 
 

ポジショニングが8割

です、ドロップ系のショットは。

タッチ感覚が求められるショットではありますが、その意識がみなさん強過ぎ。

ポジションさえしっかり確保出来ていれば、ドロップショットは簡単ですよ。

ネットから近い方が、当然難易度は下がる。

ネットから遠い方が、加減が難しくなるのは当然。

ネットを越えないといけない、というプレッシャーが凄いですからね。

そうなると、ビビって甘くなったり、厳しく調整しようとしてネットを越えなかったり、になるんです。



相手が下がった状態、打とう!

私もドロップショットを使う時は、これを意識しています。

自分がコートの内側に入って、相手が「打ち込まれる!」と下がった状態、後ろに重心がある場面。

これだと、簡単に決まりやすいです、ドロップショットは。

精度よりも自分のポジション、相手のポジション。

コートの内側に、自分がしっかり入れた時。

更に言えば、フォアハンドで周り込めた時、なんか最高ですね。




ルーティーン化すれば、ミスは減る

「でも、緊張した場面であんな繊細なショット、打てない・・・」と思う方も、多いでしょう。

そうでも無いですよ、実際。

だって、前に入ってフォアハンドで回り込む、このポジション取りの中でも打つ行為は始まってますからね。

タッチのタイミングだけ、を意識し過ぎると緊張してしまう。

もっと全体のフットワークから、ドロップショットを打つ型、にしてしまって良い。

ルーティーン化して自分のものにしていけば、ミスは減る。

もうポジションを取りながら、ドロップショットの動きを身体全体で実践していく。

どうでしょう、上手い人ってそんな感じじゃないですか?



浅いボールに対して、常に選択肢として持っておく

ドロップショットは、常に使う意識で。

前に入る、ポジションがネットに近付くにしたがって、自分の懐刀として持っておきましょう。

打つと決めるタイミングは、結構早め。

深くも打てる、だけどドロップショットにする、と決めるのは前に入ると決めた瞬間、で良いでしょう。

ポジショニングが8割を決める、ドロップショットの精度。

みなさんも必ず、試合で使えるようになるはずです。

   

お勧めの練習法

1対1のラリー、球出しからのネットダッシュのラリー形式で、ドロップショットをアプローチ側が打ってみましょう。

相手は、深いボールか浅いボール化を見極めて、しっかり対応する。

私の感覚では、ドロップショットもアプローチショット、の1つ。

相手を動かして、ネットに出る。

アプローチ=深く強打、になっている人は危険。

きっと試合でも、ワンパターンになってしまうでしょう。



とにかく、まずはポジショニングを意識しましょう。

自分がコートの内側、に入ったらドロップショットのチャンス。

意識するだけで、気持ちも楽になりますよ。

深く強打していくだけだと、相手も慣れる。

ぜひ、普段のストロークの中で意識して使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のマッチポイントでは、「攻撃的にいくか?守備的にいくか?」はしっかり考えておこう

    大事なポイントでは、誰でも緊張する。それを「メンタルが弱い」と…

  4. テニス ストローク

    戦術

    作戦を決定した後は、基本的に考えることは止めよう

    緊張感高まる試合、の中での決断。勇気が要りますよね。そ…

  5. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  6. 戦術

    試合結果に、先回りしよう

    試合が始まる前、組み合わせが決定している。もし対戦相手がアナタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
  2. スマッシュ

    スマッシュミスが多い人は、狙い所を間違えているだけ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  4. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニス リターン

    ストローク

    フォアハンドストロークを、しっかり逆クロスに振り切るコツ4つ
PAGE TOP