テニス ステップ

ストローク

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。

私が考える基本、について今回はまとめてみます。

最短距離でまっすぐ打ちたいところですが、実はドロップショットはクロスに打つ方が効果的。

その理由について、一緒に考えてみましょう!

 

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

 


 

1.クロス方向に打てば、ネットの低い位置を通せる

まず、これが魅力です。

クロス方向に打つ時には、ネットの中心、センターストラップ付近を通過しますよね。

これが、成功の秘訣。

やはり、ドロップショットってネットにかかるのが怖い。

だけど、甘くなったらまずいので、ギリギリを狙いたい・・・という時に、ネットは1mmでも低い方が良い。

精神的に、楽に打てますからね。

クロス方向にドロップショットを打つのは、非常に安全策でもあるんです。

 

2.対応する相手がよく見える

シングルスの試合では、これもすごく大きい。

例えば、ドロップショットをストレートに打つと、その打った方向しか見えない。

だから、瞬間的に相手は見えないことが多いんです。

でも、クロス方向に打ったら、ボールを目で追いながら相手も良く見える。

落下地点まで、少し時間があるのでその次の対応も取りやすいんですよね。

クロス方向にドロップショットを打てば、すごく展開もイメージしやすい。

ストレート、ダウンザラインの方向よりも、ポイントを取りやすいはずです。

 

3.「長めに打って良い」という、安心感がある

私はいつも、これを意識しています。

ある程度、長めに打って良い。

クロス方向なので、短く打たないといけないというプレッシャーが少ないんです。

これは、ドロップボレーも一緒ですね。

あまりに短く打つ、勢いをしっかり殺すのって、テニスでは難しい技術。

少し長めに打っても入るんだ、と思えたら、ドロップ系のショットはすごく楽ですよ。

 

4.あくまでストロークラリーの一部、特別なショットではない

ということ、です。

どんどん使って良いと思いますよ。

クロスラリーでせっかく深く押し込んでいるのに、前を使わない手は無い。

格上相手の選手でも、浅いボールのさばき方が怪しい人は学生の方でもたくさんいます。

クロス方向へのショットなら、本当にストロークの一部。

4球に1球、くらい混ぜても良いくらい、だと私は思います。

そうすると、相手も前を意識してくれるから、今までの深いボールがより効果的になる。

ぜひ、試合で使って磨いてみて下さい。

 

つい、ネットに一番近いところ、に落としたくなるんですよね。

でも、ネットの両端は高く、危険。

クロス方向へ、楽に長めに打ってみませんか?

きっと、ドロップショットはこんなに使えるんだ、簡単なんだ、と気付くはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて前に出よう

    相手のポジションを観察する癖を付けると、テニスでは勝機が見えてくる。…

  2. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜けていくスィング

    ナダル選手の得意なプレー、「バギーホイップショット」なんて呼ばれ方もし…

  4. テニス 並行陣
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのスピン回転の基本は、早めのラケットヘッドダウンから

    良いストローク、スピン回転の基本。改めて、今回は「ラケットダウ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由
  2. テニス ポジショニング

    戦術

    目の前の景色が違うだけで、テニス選手はメンタルが乱されていく
  3. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識…
  5. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる
PAGE TOP