テニス ステップ

ストローク

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

試合で効果的な、ドロップショットを打ちたいと考えているみなさん。

私が考える基本、について今回はまとめてみます。

最短距離でまっすぐ打ちたいところですが、実はドロップショットはクロスに打つ方が効果的。

その理由について、一緒に考えてみましょう!

 

試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本

 


 

1.クロス方向に打てば、ネットの低い位置を通せる

まず、これが魅力です。

クロス方向に打つ時には、ネットの中心、センターストラップ付近を通過しますよね。

これが、成功の秘訣。

やはり、ドロップショットってネットにかかるのが怖い。

だけど、甘くなったらまずいので、ギリギリを狙いたい・・・という時に、ネットは1mmでも低い方が良い。

精神的に、楽に打てますからね。

クロス方向にドロップショットを打つのは、非常に安全策でもあるんです。

 

2.対応する相手がよく見える

シングルスの試合では、これもすごく大きい。

例えば、ドロップショットをストレートに打つと、その打った方向しか見えない。

だから、瞬間的に相手は見えないことが多いんです。

でも、クロス方向に打ったら、ボールを目で追いながら相手も良く見える。

落下地点まで、少し時間があるのでその次の対応も取りやすいんですよね。

クロス方向にドロップショットを打てば、すごく展開もイメージしやすい。

ストレート、ダウンザラインの方向よりも、ポイントを取りやすいはずです。

 

3.「長めに打って良い」という、安心感がある

私はいつも、これを意識しています。

ある程度、長めに打って良い。

クロス方向なので、短く打たないといけないというプレッシャーが少ないんです。

これは、ドロップボレーも一緒ですね。

あまりに短く打つ、勢いをしっかり殺すのって、テニスでは難しい技術。

少し長めに打っても入るんだ、と思えたら、ドロップ系のショットはすごく楽ですよ。

 

4.あくまでストロークラリーの一部、特別なショットではない

ということ、です。

どんどん使って良いと思いますよ。

クロスラリーでせっかく深く押し込んでいるのに、前を使わない手は無い。

格上相手の選手でも、浅いボールのさばき方が怪しい人は学生の方でもたくさんいます。

クロス方向へのショットなら、本当にストロークの一部。

4球に1球、くらい混ぜても良いくらい、だと私は思います。

そうすると、相手も前を意識してくれるから、今までの深いボールがより効果的になる。

ぜひ、試合で使って磨いてみて下さい。

 

つい、ネットに一番近いところ、に落としたくなるんですよね。

でも、ネットの両端は高く、危険。

クロス方向へ、楽に長めに打ってみませんか?

きっと、ドロップショットはこんなに使えるんだ、簡単なんだ、と気付くはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる

    ドロップショットが使えると、相手は前を警戒して後ろに下がれなくなる。…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な作戦とは?

    試合の相手で、「強いストローカー」のイメージってどんな感じでしょうか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

  4. ストローク

    両手バックハンドの最後の一押し、でパワーアップ出来る!

    両手バックハンドストローク、現代テニスにおいて一番進化が著しいショット…

  5. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと

    最近は砂入り人工芝のコートが増えている。学校のコートもクレーコ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

    テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  2. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすご…
  3. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトで必要以上に落ち込まない為に、「1ゲームに1回はOK」くらいのルー…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
PAGE TOP