ストローク

テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。

すごく理想的なストロークの展開ですよね。

もちろん、こういったプレーも必要ですが、相手から攻撃される、プレッシャーをかけられたときにも自分のポイントにつなげていきたい。

試合に勝つために、見直すべきショットはロブ、です。

 

テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

 


 

■学生や一般の大会に出ている皆さんは、ロブの意識が甘い

私は、ロブこそテニスの試合において、最重要のショットだと思っています。

シングルスでも、ダブルスでも同じ。

理由は大きく分けて2つ。

一つは、頭上のショットを確実に強打出来る選手が少ない、実は安全なショットだということ。

そしてもう一つ、コート全体を広く使える、という点がある。

ロブが打てると、相手がネットに出てきてもコート全体を広く使える、まずこの意識を強く持ちましょう。

 

■ネットプレイヤーは、サッカーの試合で言うところの、ゴールキーパー

例えばサッカーの試合の、ゴールキーパー。

シュートを打たれそうになったら、どんな動きをしているでしょう?

前に出てきて、シュートを打とうとする選手に近付いてきますよね。

ゴール前で待っていても、打たれるコースが広いだけ。

だからこそ、シュートを打つ選手は前に出てきたゴールキーパーの「頭上」を狙う。

ループ系のシュートがあるからこそ、打つコースが拡がるので得点出来る。

テニスも同じようなシチュエーション、だと私は思います。

 

■ロブで抜こうとしてアウト、なんてもったいない!

ロブに慣れていない人は、相手を「抜こう」としている。

ベースライン際にナイスショット、なんて確率が低いのに、必死で狙っている。

もっと、相手に触らせて良い。

何度も書いてきましたが、バックハンド側に上げていれば多少甘くても全然問題無い。

あえて触らせて、次で仕留める。

この意識が持てると、ネットプレイヤーに対しても打てるコースが拡がって、すごく余裕が出来るのです。

 

ロブを使うなんて、ダサい。

そう考えるアナタの頭が、ダサいのです。

私は今でも10代、20代の学生の方と試合をしたりしますが、ロブが無い相手はすごく楽ですよ。

プライドだけ高くて、ショットの速さだけで勝負してくる。

前にド詰めしてしまえば、難なくポイントが獲れます。

アナタ自身、そうなってはいないですか?

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?

    昨日の錦織選手の試合、しびれましたね・・・。序盤はかなり押され…

  2. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

    テニスが上手くなる、試合に強くなる。うえで、このステップは絶対…

  3. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーっ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    相手を動かすテニス、と並行して、しっかり打つテニスも練習していこう

    「戦術的な話ばっかりで、つまらないテニスはしたくない」というよ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  6. ストローク

    「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

    片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?両手に比…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  2. テニス 目

    メンタル

    「テニスの試合で必要な観察眼」は、日常生活でこそ磨かれる!
  3. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に
  4. その他

    「選手にとって嬉しい存在」試合に勝てる選手を育むテニスコーチという存在について
  5. テニス サーブ

    サーブ

    スライスサーブでコーナーを突く為に、必要な5つのコツ
PAGE TOP