ダブルス

リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。

これって、ダブルスでは大事なポイントだと思います。

私自身、なるべくパートナーがリターンするときには、こんな感じで声をかけるようにしています。

試合では、とにかくやると決めたことをやるだけ、ですからね。

相手の前衛に動かれる、ポーチされることは、ミスでも何でもない。

いかに自信を持ってプレー出来るか、ハッキリと出来るか、が大事なんです。

 

リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

 


 

1.「相手の前衛にポーチされても、拾うから!」と、言ってみよう

アナタ自身のペアに、この一言をかけてみる。

いや、実際厳しいと思いますよ。

相手前衛が動いてポーチ、アナタ自身の足下を狙われる訳ですからね。

でも、ここをキャッチ出来れば味方は助かる、リターンでリラックス出来る。

相手の前衛を気にしない良い、自分がしっかり守るから、と。

この言葉をかけるだけで、リターンするパートナーはかなり楽になると思うんですよね。

試合では、こういう声掛けが凄く大事です。

 

2.実際に何とかなる、のが前衛の守備

私の経験上、何とかなります。

自分でも「何とか拾うから!」と言葉で伝えてますから、それだけでメンタルの準備は出来ている。

何も言葉を交わさないようなペアだと、責任感も生まれないんですよね。

思いやりも無い。

だから、取れなくても「何であんな甘いリターン打つんだよ・・・」と思ってしまう。

これでは、ペアとしての強みなんて発揮できないじゃないですか。

リターンで無理するようになって、ラリー出来ないで自滅。

ダブルスペアで多いのは、こういう負け方をしていくペアですね。

 

3.「相手の前衛に触らせて良い!」がダブルスの大前提

よく考えてみて下さい。

アナタ自身の今までの相手で、前衛が綺麗にボレーを決めるようなポイント、どれくらいあるでしょう。

1セットマッチで、2回くらいだと思うんですよね。

それ以外には、ほとんどポーチに出て来ないか、出て来たとしてもその後ラリーでごちゃごちゃする。

こんな感じじゃないでしょうか?

だから、大前提として、相手の前衛にはどんどん触らせて良い。

この言葉だけで、リターンの選手はかなり救われると思いますよ。

 

4.リターンでリラックス出来れば、試合には勝てる

これが私が今回、一番伝えたかったこと。

「リターン、嫌だな・・・」と思ったら、もうその試合は厳しいですよ。

「よし!いっちょやってやるか!」とリターンで思えれば、強い。

そういう雰囲気を作ってあげるのは、前衛の仕事ですよ。

どういう言葉をかけるのか、常に考えている。

実際に、相手の前衛が触ったら自分がカバーして、安心感を与える。

これこそ、粋なダブルスプレイヤーだと私は思います。

 

難しいこと、技術は要らないと思います。

大事なのは、いかにパートナーのことを想って、行動出来るかどうか。

リターンでリラックス出来れば、試合は自然と勝てます。

ダブルスの試合、ぜひペアでお互いに考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  2. ダブルス

    リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

    ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。こういう試合で、リターン…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について

    よく言われる、「ワイドに打ったら、ワイドをケア!」「ストレート…

  4. ダブルス

    8割のリターンは、「センターストラップの上を通過する」事実に目を向けよう

    ダブルスの試合で、前衛にいるとき。ポーチに出るか出ないか、迷…

  5. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえての〇〇」の勇気が大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差…

  6. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いとは?

    特にダブルスの試合では、「フェイント」と呼ばれる技術が多用されるのがテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い
  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう…
  4. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ち…
PAGE TOP