テニス メンタル

ダブルス

「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出る並行陣が展開されます。

攻撃的な陣形ですが、センターの守備が非常に難しい陣形でもあり、ここをどうカバーしていくかがポイントに。

後衛がしっかり相手コートの前のスペースを使えるようになると、アナタのペアも格段に試合に強くなります!

 

「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

 


 

■並行陣の後衛はゲームメーカーの意識を強く持つこと

並行陣、雁行陣ともに、後衛はゲームメーカーとしての役割を担っています。

並行陣では自分もボレーを主体としたネットプレイヤーになりますが、早い展開の中でしっかり「壁」となって相手のストロークを返球し続ける粘りが必要です。

沈められても、深いロブが来ても、アナタ自身がカバーしなければいけません。

厳しい役割ですが、最も難しいのが並行陣のセンター、つまり2人の真ん中へ打たれたボールのケアでしょう。

■相手前衛も狙ってくる!センターの守備は並行陣の強さが試されます

並行陣では、センターのボールは前衛が触ると攻撃的になれますが、後衛が返球するとどうしても守備的になります。

その返球ボールを相手の前衛は常に狙ってくることを、覚悟しましょう。

そこで有効なのがドロップボレー、アングルボレーになります。

逆クロス気味に打つことで、実は意外と打ちやすいのです。

ぜひ女性の方や、ネットプレーが苦手な方もまずはトライしてみて下さい。

ボールの内側、つまりは自分の身体に近い側にラケットを入れて、サイドスライスをかけるイメージを持ちましょう。

■自分の中で「パターン」さえ作っておけば、相手の「センター攻撃」は怖くない

センターに来たらドロップを打つ、アングルのコースに打つ、と決めておくことが大切です。

このパターンをしっかり練習で身に付けておけば、何も恐れる必要はありません。

またこの返球パターンは、味方の前衛にも伝えておきましょう。

浅いボールのストレートを塞ぐ、またロブを上げてくるような相手であれば少し下がって待つ、等の2段構えができるので有効です。

 

今回ご紹介した内容は、当然攻撃的なプレーでもありますが、「センターを攻められている」ときに逃げる守備的な作戦でもあります。

ドロップショットやアングルボレーは好きじゃない、自分のプレースタイルでは無い、と考える人もいるかも知れません。

それでテニスの試合に勝つのであれば、ストロークやサーブで圧倒しなければ難しい。

でも実際には、それは現実的ではありませんよね。

細かい技術が、テニスの試合の中では問われます。

オールラウンドなプレーを、まずはしっかり磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の意識5つ

    ダブルスで前衛の仕事は、後衛が作ったチャンスボールを仕留めること。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    絶対に勝ちたいダブルスの試合で、私が実際に使用している「4つの基本的作戦」について

    私がダブルスの試合に出る、そして絶対に勝ちたい試合で準備する作戦はシン…

  4. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  5. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  3. テニス サーブ

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「気落ちしている相手を攻撃していく」ことに、快感を覚える必要がある
PAGE TOP