テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

シングルスの試合、相手に攻撃されたときにどう守るか。

攻撃については事前に色々考えているけど、いざ試合が始まって守備的な場面になると、頭が真っ白になる人、いませんか?

シングルスは、勝つも負けるも自分一人、自分次第。

相手の攻撃に耐える、特に左右に大きく振られたときに、どう対応するかは考えておいて損は無い、です。

 

シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろう

 


 

■左右に振られて、コートから大きく追い出されたときは・・・?

プロ選手の試合、今年のウィンブルドンでも多く観られたディフェンスのシーン。

男子シングルスで優勝したマレー選手も、ディフェンス力は抜群。

彼の作戦はシンプルで、大きく左右に走らされたときにはセンターの深い位置にロブを上げる。

自分が戻る時間も稼げるし、さらに大きなメリットがそこにはあります。

 

■センターの深い位置からは、一発で決める攻撃は出来ない

マレー選手は、よくテニスというスポーツを理解している。

センターの深い位置からは、一発で決めるようなショットはほぼ打てない。

簡単なようで、シングルスで攻撃し辛いのがセンターの深い位置、なのです。

角度も付け辛いし、多少リスクは冒さないと攻撃の手を緩めることになる・・・のですから。

 

■相手がひるんだ瞬間こそ、カウンターのチャンス!

左右に走らされてセンターにロブ、高い軌道で返球する。

その次のボール、相手の出方をしっかり見ましょう。

追い付かれたとガッカリして、ひるんで攻撃の手を緩める、ようであればアナタの反撃のチャンスです。

相手からすると、せっかく相手を追い込んだのにまた一から作り直さないといけない、精神的なダメージが大きい。

テニスではそんなときこそ、付け込むチャンス、なのです!

 

良いディフェンスは、良い攻撃の布石になる。

センターへ深いロブ、を上げること、しっかりスライス回転をかけるようなグリップで打てれば、シングルスの試合に強くなる。

走りながら、グリップを準備してしっかりラケット面を合わせる。

これは技術の問題では無い、のかも知れません。

1ポイントを諦めない姿勢、こそ大事。

上級者の方でも、少し走らされただけで破れかぶれなショット、になる人多いですよ。

遠慮なく、倒していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  2. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

    シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。まず、…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ

    シングルスの試合で強い人って、左右の揺さぶりに強い。何度も走っ…

  4. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

特集記事

  1. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必…
  4. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  5. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている…
PAGE TOP