シングルス

テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。

そこからストレートにどちらが先に展開していくか・・・が、重要な鍵になることが多い。

アナタ自身は、普段の試合の中でどう意識していますか?

 

テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

 


 

■相手がクロスラリーが得意であれば、どんどん展開しましょう

粘りが身上で、クロスラリーを好む選手もいます。

そんな場合には、どんどん先にストレートへ展開しても面白い。

相手にリズムを与えるほうが怖い。

早い展開と攻撃には若干のリスクが伴いますが、ライン際を狙う必要はなく、あくまで相手を3歩以上動かすくらいの意識でOKですい。

 

■浅いボールをライジングでストレートアタック

一番オーソドックスなパターンですが、クロスラリーで浅いボールを引き出したら、ライジングでストレートへ展開しましょう。

このショットが打てなければ、シングルスで後ろから戦うのは難しい。

そしてしっかり打てれば、ライジングで逆を突いてクロスへ・・・というショットも有効になります。

 

■ショートクロスを見せたあとにも有効!

ショートクロスで相手をコート外に追い出した後ももちろん有効です。

その際には、相手の反撃にも備える必要があります。

角度を付ければ、角度を付けられる可能性がある、というテニスの原則を頭に入れておきましょう。

 

■ゲームの中でポイントをリードしている場面で攻撃的に展開

そうは言っても。ストレートへ展開するのはリスクが高い。

だからこそ、しっかりリードしているポイントで優先して使いたいコースです。

その為にも、普段のクロスラリーの中から「いつでもストレートに打てますよ」という、肩の入ったフォームを相手にアピールすることが大事。

ストレートに打つ時のフォームがばれてしまっては、どんな駆け引きや戦術も水の泡です。

 

普段の練習から、クロス&ストレートラリーは取り入れていきましょう。

片方がひたすらクロス、もう片方はストレートへ打っていく。

できればシングルスコート1面で行いたいですが、人数が多ければ半面でもOK。

この相手を動かす、ストレートとクロスへ同じフォームから打つ、という感覚をぜひ、養って下さい

そして最後はネットで仕留める、ネットプレーも併せて練習しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

    テニスの試合、試合運びが上手い選手はこの辺りが上手い。ちょとし…

  2. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  3. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  5. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5…
  2. テニス メンタル

    戦術

    見えないものを見る力、を養おう
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で相手のリターンを崩していくには?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か
  5. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい…
PAGE TOP