テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、という方も多いと思います。

ダブルスと違って、自分一人でコートに立って攻守を全てこなしていくのは、簡単なことではありません。

シングルスならではの醍醐味でもありますが、自分でどう攻撃していくのかイメージが湧かない人は、まずこの3つのことを実践してみましょう。

少しずつポイントが獲れる、試合で勝てる、という感覚が身に付いてくるはずです。

 

シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

 


 

1.攻撃するボールのバウンドエリアを決めておく

「どのボールから攻撃していくか?」を明確にしておくのは、試合前。

多いのは、サービスラインより浅い場所にバウンドしたボールは、自分から攻撃していく。

その攻撃も、エース狙いではなくあくまでチャンスを拡げる、主導権を守ることに徹する。

シングルスはコートが広く、1球で仕留めたいという誘惑も多い種目ですが、そこは注意が必要。

もちろんすごく浅い、チャンスボールであれば遠慮なく打っていきましょう。

 

2.ポイント毎に攻撃シチュエーションを作っておく

テニスは全て、ポイントシチュエーションがある。

どのゲームも、0-0から始まり40-40の1本勝負もあれば、デュース有りのケースもある。

タイブレークもありますよね。

アナタの中で、「自分が攻撃していけるシチュエーション」なのかを決めておきましょう。

私の場合、ゲーム内でもタイブレーク中でも、2ポイント差が付いたら攻撃的にいくようにしています。

なぜなら、相手がリスクを冒し辛い、守りの場面が想定されるから。

そんなときには、ネットプレーを混ぜてつなぎのボールを潰していく。

相手は守ることも攻めることも出来ない、ようにさせていくことが、シングルスの試合では得策です。

 

3.チャンスメイクのショットを一つ、作っておこう

自分の中で、攻撃のスイッチを入れるショット。

例えば錦織選手なら逆クロスのフォアハンド、でしょうか。

このショットを皮切りに、チャンスを作って拡げていけるようなショットをアナタ自身の中で持っておけるかどうかが、シングルスの試合では大事です。

「それでも、何を選んだら良いのか・・・」という方は、まずはベースラインから自分が得意なショットを選んでみましょう。

得意なショットが特に無い、という方はシンプルに相手のバックハンドの深い位置、へ打つショットを皮切りショットに設定しても良いと思います。

とにかく攻撃のエンジンは、自分で起動させて動かしていくことが大事です。

 

シングルスの試合は、技術よりも決断力。

そして、それは即ち準備力でもあります。

試合現場での判断ももちろん大事ですが、試合前の準備があればその為の練習が出来る。

試合に入って何となく作戦と打つコースを決める・・・のは、卒業しましょう。

きっとそれだけで、試合に勝てるテニスになっていくはずです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. シングルス

    相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

    戦う前から、相手が怖い。すごく、分かります。試合では…

  2. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

    シングルスの試合で、相手を走らせる。これだけだと、なかなかポイ…

  3. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  4. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、…
  4. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう
  5. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事
PAGE TOP