テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

試合でのセカンドサーブ、に課題を感じている人は多い。

色々工夫するけど、一番のプレッシャーになっているのはこの部分じゃないでしょうか?

「入れないと、失点になる」

確かにそうですが・・・この発想自体が、アナタのセカンドサーブの成長を阻害している可能性も高いと私は思います。

 

セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

 


 

1.せっかくのサーブなのに、「入れるだけ」で満足なの?

セカンドサーブは入れるだけ、で満足?

入れるだけで勝てる?

きっとそんな対戦相手は、アナタ自身問題無く勝てる相手です。

私が聞きたいのは、セカンドサーブの目的。

「ポイントを奪取する」ことが、何より大事な目的なはず。

それをいつしか、ダブルフォルトで失点しないことが目的、のようになっていませんか?

 

2.「入れるだけ」のサーブを叩かれて失点、でも同じ失点

最近のテニスの試合では、リターン力がすごく進歩している。

錦織選手なんて、まさにその良い例ですよね。

日本選手は皆お手本のように、しっかりセカンドサーブを攻撃的に踏み込んでリターンしてくる。

そんな相手にセカンドサーブを入れにいく、なんて危険だし無意味、だと私は思います。

まだ、思い切ってラケットを振ったダブルフォルトの方が良い。

それくらいの危機感、アナタにあるでしょうか?

 

3.ファーストサーブとセカンドサーブ、を分けて考えない

私のオススメは、ファーストとセカンド、を分けて考えないこと。

お互いに影響し合っているサーブ、組み合わせが大事。

例えばファーストサーブでしっかりコースを突ければ、フォルトになってもその印象は残っている。

逆のコースにセカンドサーブを打つ、だけでも相手はプレッシャーになるはず。

セカンドサーブを攻撃的に打っていると、ファーストサーブもそのセカンドサーブに近付けていくことで確率がアップするかも知れません。

とにかく、サーブは2回打つチャンスがあって、なるべく高確率でポイントを獲るには、どうするのか。

このことを真剣に考える、良い機会だと思います。

 

「ダブルフォルトしなければ、万事OK」は危険。

こういった選手に、成長は見込めない。

ダブルフォルトだって、ある意味リスクを冒した結果。

弱気になってのダブルフォルト、を無くすだけでもきっと試合で勝てる確率は上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?

    もし、アナタがファーストサーブを改善出来る、とすれば何を変えていけるか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

    試合でサーブがなかなか入らない。サーブに自信がある選手ほど、こ…

  3. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?

    サーブのコースをしっかり打ち分ける。ことが出来る人は、意外と試…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように!

    サーブが入らないと試合にならない。そんなこと、誰でも知っている…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
  2. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して…
  5. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識
PAGE TOP