テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

試合でのセカンドサーブ、に課題を感じている人は多い。

色々工夫するけど、一番のプレッシャーになっているのはこの部分じゃないでしょうか?

「入れないと、失点になる」

確かにそうですが・・・この発想自体が、アナタのセカンドサーブの成長を阻害している可能性も高いと私は思います。

 

セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?

 


 

1.せっかくのサーブなのに、「入れるだけ」で満足なの?

セカンドサーブは入れるだけ、で満足?

入れるだけで勝てる?

きっとそんな対戦相手は、アナタ自身問題無く勝てる相手です。

私が聞きたいのは、セカンドサーブの目的。

「ポイントを奪取する」ことが、何より大事な目的なはず。

それをいつしか、ダブルフォルトで失点しないことが目的、のようになっていませんか?

 

2.「入れるだけ」のサーブを叩かれて失点、でも同じ失点

最近のテニスの試合では、リターン力がすごく進歩している。

錦織選手なんて、まさにその良い例ですよね。

日本選手は皆お手本のように、しっかりセカンドサーブを攻撃的に踏み込んでリターンしてくる。

そんな相手にセカンドサーブを入れにいく、なんて危険だし無意味、だと私は思います。

まだ、思い切ってラケットを振ったダブルフォルトの方が良い。

それくらいの危機感、アナタにあるでしょうか?

 

3.ファーストサーブとセカンドサーブ、を分けて考えない

私のオススメは、ファーストとセカンド、を分けて考えないこと。

お互いに影響し合っているサーブ、組み合わせが大事。

例えばファーストサーブでしっかりコースを突ければ、フォルトになってもその印象は残っている。

逆のコースにセカンドサーブを打つ、だけでも相手はプレッシャーになるはず。

セカンドサーブを攻撃的に打っていると、ファーストサーブもそのセカンドサーブに近付けていくことで確率がアップするかも知れません。

とにかく、サーブは2回打つチャンスがあって、なるべく高確率でポイントを獲るには、どうするのか。

このことを真剣に考える、良い機会だと思います。

 

「ダブルフォルトしなければ、万事OK」は危険。

こういった選手に、成長は見込めない。

ダブルフォルトだって、ある意味リスクを冒した結果。

弱気になってのダブルフォルト、を無くすだけでもきっと試合で勝てる確率は上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 攻撃
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  4. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる

    皆、部活の中でしっかりサーブ練習やってる?サーブが大事って試合…

  5. テニス サーブ
  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す
  5. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない
PAGE TOP