テニス ボレー

シングルス

負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分からない・・・。

そんな声をよく耳にします。

確かにオープンコートはあるように見えて、それは自分も同じこと。

相手を確実に追い込んで、自分はなるべくリスクを冒さない。

その為に必要なショットの技術を、考えてみました。

 

負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

 


 

1.相手コート深く入り、高く弾むムーンボール

シングルスの試合では、打った後のポジションカバー、追い込まれたときの時間稼ぎがポイントになります。

ストロークのフォアハンド、バックハンドの両方から順回転の深く高いストロークは打てるようにしておきましょう。

バックハンドストロークが苦手な相手であれば、攻撃の手段としても使えます。

安定した軌道で打てるよう、練習しておきましょう。

 

2.サイドスライスをかけたドロップショートクロス

シングルスの試合ではドロップショットが非常に有効になりますが、実際にはタイミングや技術が難しいショット。

そこで、低いボールを楽に打てるサイドスライスで浅めのショートクロスを狙うのをお勧めします。

ボレーの薄いグリップで、しっかりフォロースルーを取って打てれば、それほど難しいショットではありません。

 

3.粘りのプレイヤーを崩す、ライジングショット

1.で紹介したような山なりのストロークで粘るプレイヤーは、アナタにとって脅威になりかねません。

そこで崩す為には、高いバウンドをタイミング早く捉えるライジングショット。

相手は時間を奪われる形で、余裕がなくなります。

ストロークのライジングショットだけでなく、試合を優位に進行しているときには、思い切ってドライブボレーも有効でしょう。

但しこういった思い切った作戦は、あくまで優位に立ってるときに実行していきましょう。

 

4.サービスラインとネットの間で打てるフィニッシングショット

リスクを冒さないで、と冒頭で書きましたが、もちろん攻撃は続けていかなければ試合には勝てません。

そこで考え方としては、ベースラインからはエースを狙わずに、しっかりサービスラインよりも前に動ける浅いボールを待つということ。

そしてこのボールを引き出したら、確実に仕留めるパターンを作りましょう。

ボレーはもちろん、ネットに近いポジションからはドロップショットも打ちやすいです。

構えを一定にして、色々なフィニッシングショットをネット近くから練習しておきましょう!

 

負けないシングルスプレイヤーは、自分の型を持っています。

そして、そこにはまらないときの対応も準備しています。

まずは安定した守りショットを①のように身に付けて、2、3の崩しで4のようなフィニッシュ、理想ですね。

テニスは、まず自分自身でイメージするところから始まり、それに技術が付いてくるスポーツ。

練習も常に試合の流れを意識しながら、濃いモノにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. シングルス

    対戦相手は、変化するもの

    今回の浅見選手の動画、試合を振り返る感想戦の場面からスタートしていま…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  4. シングルス

    粘り強いシコラー相手には、考える時間を与えてあげれば良い

    シングルスの試合で、ただ弱く返して来るようなタイプの選手。嫌で…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

特集記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  2. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合で知っておいて損は無い、「風下コートでの戦い方」について
  5. テニス 部活

    その他

    「コイツとはもう組まない!」テニスでペアの雰囲気を悪くする人の口癖5つ
PAGE TOP