テニス ボレー

シングルス

負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分からない・・・。

そんな声をよく耳にします。

確かにオープンコートはあるように見えて、それは自分も同じこと。

相手を確実に追い込んで、自分はなるべくリスクを冒さない。

その為に必要なショットの技術を、考えてみました。

 

負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

 


 

1.相手コート深く入り、高く弾むムーンボール

シングルスの試合では、打った後のポジションカバー、追い込まれたときの時間稼ぎがポイントになります。

ストロークのフォアハンド、バックハンドの両方から順回転の深く高いストロークは打てるようにしておきましょう。

バックハンドストロークが苦手な相手であれば、攻撃の手段としても使えます。

安定した軌道で打てるよう、練習しておきましょう。

 

2.サイドスライスをかけたドロップショートクロス

シングルスの試合ではドロップショットが非常に有効になりますが、実際にはタイミングや技術が難しいショット。

そこで、低いボールを楽に打てるサイドスライスで浅めのショートクロスを狙うのをお勧めします。

ボレーの薄いグリップで、しっかりフォロースルーを取って打てれば、それほど難しいショットではありません。

 

3.粘りのプレイヤーを崩す、ライジングショット

1.で紹介したような山なりのストロークで粘るプレイヤーは、アナタにとって脅威になりかねません。

そこで崩す為には、高いバウンドをタイミング早く捉えるライジングショット。

相手は時間を奪われる形で、余裕がなくなります。

ストロークのライジングショットだけでなく、試合を優位に進行しているときには、思い切ってドライブボレーも有効でしょう。

但しこういった思い切った作戦は、あくまで優位に立ってるときに実行していきましょう。

 

4.サービスラインとネットの間で打てるフィニッシングショット

リスクを冒さないで、と冒頭で書きましたが、もちろん攻撃は続けていかなければ試合には勝てません。

そこで考え方としては、ベースラインからはエースを狙わずに、しっかりサービスラインよりも前に動ける浅いボールを待つということ。

そしてこのボールを引き出したら、確実に仕留めるパターンを作りましょう。

ボレーはもちろん、ネットに近いポジションからはドロップショットも打ちやすいです。

構えを一定にして、色々なフィニッシングショットをネット近くから練習しておきましょう!

 

負けないシングルスプレイヤーは、自分の型を持っています。

そして、そこにはまらないときの対応も準備しています。

まずは安定した守りショットを①のように身に付けて、2、3の崩しで4のようなフィニッシュ、理想ですね。

テニスは、まず自分自身でイメージするところから始まり、それに技術が付いてくるスポーツ。

練習も常に試合の流れを意識しながら、濃いモノにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. その練習を、疑おう
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットは〇〇で良い

    シングルスの試合でも、前に出て来る選手はいます。ベテランの方…

  2. テニス 確率

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドライブボレー」の使い方4つ

    最近の女子シングルスの試合は、グランドスロークが主体。それでも…

  3. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  4. シングルス

    シングルスの試合、「リードしているとき」にはセカンドサーブもコースを突いて見せておこう!

    セカンドサーブで、攻撃を仕掛けていく。ちょっと無謀とも思えるよ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  6. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

特集記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「ゲームカウント4-4からこそ、自分が活躍できる時間!」と思える為に、テニスの試…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技…
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    アナタがチャンスを決められないのは、ポジショニングの問題です
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    「ピンチを乗り切った後」に、乗っていけるかどうかが大事
PAGE TOP