テニス ボレー

ダブルス

ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?」をしっかり把握しておこう

ダブルスの試合を観ていて、気になることがある。

それは、前衛の動き。

動き・・・というか、動かない前衛の選手について。

全くストレートにも飛んで来ないのに、ひたすらストレートを守っている。

後衛が苦しんでいるのに、自分から動くことをしない・・・のって、試合に勝てるペアには成り得ない。

もう少し、「自分のプレッシャーがどの程度相手に効いているのか?」については、自分自身で厳しい目を持つようにしましょう。

 

ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?」をしっかり把握しておこう

 


 

■ストレートに飛んで来ない前衛は、仕事が出来ていない

ストレートにボールが飛んで来ない、前衛にボールが来ない。

これは前衛であるアナタ自身を避けている、のではありません。

前衛のプレッシャーを感じずに、相手が充分リラックスしながら打っているケースが多い。

つまりは、前衛としてのプレッシャーが足りていない、仕事が出来ていないのです。

まずはこのことを、しっかり自覚するようにしましょう。

 

■プレッシャーが効いていれば、相手後衛選手の選択肢が増える

相手の後衛にプレッシャーが効いていれば、ストレート、ロブなどの選択肢が増えてくる。

まずは色々なボールを打たせる、のが前衛としての仕事。

その為に、必要なことは何でしょう?

簡単ですね、クロスのボールに対してしっかりとポーチに動くこと。

一番安全、飛んでくるケースが多いボールのコースを、早めに潰してしまうことです。

 

■強い相手こそ、プレッシャーをかけて後衛を助けよう

プレッシャーをかける、効いているかの確認は、自分より強い相手にこそ有効です。

考えてみて下さい。

純粋なクロスラリー勝負になったら、アナタの後衛は勝てますか?

かなり厳しい戦いになる、のが分かっているなら早めに2対1の状態を作れるように動いていきましょう。

ダブルスでは実力差があってもプレシャーを上手く使うことで、その差を埋めることが出来るのですから。

 

ダブルスの醍醐味は、積極性にあると私は思います。

前衛が思い切った動きをして、相手を揺さぶる駆け引きがあってこそ、試合が楽しい。

ストレートを守るという名目のもとに、コートの端にいてもボールは飛んできませんよ。

自分の殻を破るつもりで、飛び出していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく

    決して皮肉ではなく、事実だと思いませんか?ダブルスの試合で、「…

  2. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる

    「次のサーブは、センターに打つね」この声掛けだけ、で良いんです…

  3. ダブルス

    「ダブルス練習」テニスの試合で活かせるように!

    毎日の練習の中で、皆はテニスを練習している。でもテニスってシン…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  5. ダブルス

    ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

    ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。味方の前衛が…

  6. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ネットプレーヤーを前後に揺さぶって崩す」為に必要なテニスのストローク技術を磨く…
  2. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人が、やりがちなミス5つ
  4. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
  5. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
PAGE TOP