テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。

相手に間違った情報を与えて、罠に誘い込む。

フェイントという技術、どんな対人競技にも求められる技術ですよね。

テニスにおいては、どんなフェイントが有効でしょうか?

相手に対して、「こっちは守っているよ・・・」と見せかけて空けておいたり、逆に無警戒に見せてしっかり罠を張っていたり。

主にダブルスの前衛で、活用できる技がたくさんテニスにはあります。

 

ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

 


 

■ストレートを守っているふりをして、ポーチに出る

一番シンプルなパターンが、これでしょうか。

しっかりサイドに寄ってストレートケアしているように見せておいて、実は相手が打つ前から動いてポーチに出ていく。

相手からしたら、「やられたー!」と思うはず。

その逆もしかりで、ポーチに出ていく素振りを早めに見せておいてから、戻ってストレートをケアする。

どちらも、罠をしっかり前衛が張っているからこそ、出来る技術ですね。

 

■恥ずかしがらずに、とにかく速いタイミングで「フェイント」を入れて見せる

コツはたった一つです。

相手が打つ前、相手のコートにボールが入ったと同時に、このフェイントを入れていきましょう。

早く動けば動くほど、相手は気になってこの作戦は効いてきます。

「恥ずかしいな・・・」と、感じるのが自然かも知れません。

でも試合で勝ちたい、頑張っている後衛を助けたければ、アナタが動いて自分のほうにボールを呼び込むのが一番効果的です。

 

■遅いサーブ、ストロークは、よりフェイントが効果的に使える!

後衛が打ったボールが遅いと、前衛はなかなか活躍できない・・・。

そんなイメージは、このフェイントを使うことで払拭できます。

速度が遅いからこそ、自分が動ける時間があるので効果的にフェイントが決まりやすい。

動いて戻る時間もあるから、しかり罠を準備出来る。

こういった発想で、後衛の特徴を上手く活かしていきましょう。

 

速いボールを打つ後衛、確かに威力満点ですが、前衛の立場としてはどうですか?

もちろんチャンスが来れば決める、でもなかなかポーチに出たり、ラリーの流れの中で触っていくのは難しいはずです。

遅いボールにも、たくさん前衛のチャンスはあります。

そこにフェイントという武器を加えれば・・・。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

    ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?やっぱり後衛…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  3. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです

    今年の9月から実施させて頂いております、佐藤・土居ペアに挑戦の企画。…

  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ

    パートナーのサーブがイマイチ・・・でも、ダブルスの試合、いかに前衛とし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  4. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?
  5. テニス 並行陣

    戦術

    テニスの試合2日前に、テニスノートにやることを書く
PAGE TOP